カテゴリー「Annual (一年草)」の3件の記事

2011年12月15日 (木)

葉ボタンの寄せ植え

寒に当てたほうが良い苗もある…と思って12月初旬に苗を買いに行きました。
飽和状態なので買わないよう心がけているのですが、今回は友人たちと出かけてついテンション上がってしまったのと
魅惑的なダークカラーの葉ボタンに出会ってつい手が出てしまいました。
しかも素敵な品種はひとつずつしか買えなくて、それぞれ別のコンテナに…

Img_8194
艶々の黒い葉ボタンは 光子 このダークな女王様ぶりを生かし切れるパートナーは
まだ見つからず仮植え(^_^;)
この 光子はロイヤルやらプレミアムやらいろいろあるらしい。
なにやらマツコ・デラックスのような…でも独特の存在感よねぇcoldsweats01

Img_8201_2 
今回は魅惑的なダークカラーの葉ボタンに出会ってつい手が出てしまいました。
しかも素敵な品種はひとつずつしか買えなくて、それぞれ別のコンテナに…

本来はお玄関のペアのコンテナの植え替えが目的だったのに、ペアにはできずつい想定外のコンテナを仕立てることになってしまいました。

でもお玄関のコンテナに葉ボタンは…
植えるのに勇気が入るのでペアで買えなくて良かったのかもしれません。

というのは
お玄関前のコンテナに葉ボタンは危険なんです。
十年位前は年末には決まって葉ボタンの寄せ植えを作っていたのですが、五年位連続で泥棒に盗られてしまいましたのでImg_8199_2
毎年12月28日か29日に我が家のコンテナの葉ボタンを切って行く泥棒さんでした。
お正月のお飾りにはきっと我が家のコンテナの葉ボタンがなくてはならないのでしょうね。
でもお正月前にの主役を失ったコンテナは惨めです。
ましてやお玄関なので悔しくて…

立て札を立てようかと悩んだりしたのですが、お客様を迎えるお玄関に感じ悪い立て札もどうかと思ったので、4年目からは泥棒さん用の葉ボタンの苗を用意して見張りました。
もし切ろうとする人がいたらこちらの苗で勘弁して下さいと言うつもりで

でも私が見てる時は待ち人現れず(現れるわけないか(^_^;))
今年こそと…もう一度スペアの苗を用意した5年目もまんまと盗られてしまいました。

Img_81971

そこで私も初めて悟りました。
葉ボタンなんか、もう植えなきゃいいんだ。…と
それ以来冬場のお玄関のコンテナは春に備えて休眠中になってしまいましたし
葉ボタンもあまり買わなくなりました。

でも今回二つも寄せ植えができてしまったので
ひとつは外に出してみようかなと思います。
泥棒さんは気になるけど…また律儀に盗っていくでしょうか

もう一つのコンテナは枝が分岐した葉ボタン京舞子を中心に作ってみました。
その横に寄り添っているギザギザ葉ボタンさんは紅クジャク
外にユーフォルビア・ブラックバードとかウェストリンギアのスモーキーホワイトとか
春までということでいろいろ詰め込んでおります。
京舞子の色はいろんなバリエーションがあるようですが
こんなにピンクと黒のコントラストがはっきりした美人ちゃんはこの子だけでした。
あ~このまま大きくならないで欲しい~lovely

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2011年5月 7日 (土)

オルレア事件

オープンガーデンも中盤
そろそろ最終日の我が家のオープンに向けてお庭のチェック
それにしてもオルレアが遅い…

オルレア
Orlaya grandiflora
セリ科オルレア属

秋まき一年草 花期 5~7月 
切り花にも使えるしこぼれ種で増えてやや日陰でも耐える
我が家では日陰を華やかにしてくれる頼もしい存在

Img_1579

それゆえ数年前から常連さんになったオルレア
去年はこぼれ種があちこち出てきて
イレーヌ・ワッツにも絡みついて咲き誇っていたのに

と思ってこぼれ種で増えたオルレアの様子を見に行くと

Img_5003_2

うわぁ~小さな花が咲いている
ではありませんかcoldsweats02
ま…まさかの雑草
 sign02
そ…んな
パッと見オルレアにそっくりで庭のあちこちに植えたのですが
覚えているだけで14~5株は植えたはず…

見回ってみると悲しいかな
本物のオルレアはたったひとつで

後はぜーんぶ セリ科らしい雑草でした。crying
狭い我が家でこんなにワサワサ大きくなるまで雑草育てたのは初めてです。

本物のオルレアと比べましたが花以外は本当にそっくりです。
これじゃ来年もやりかねないと思って今日は写真撮りました。

Img_5009_3
こうして白バックでアップで撮っておけば間違いないですね
左の少し丸い形が本物 右が雑草です。
オルレア知らなければ結構葉物としてセリ科は好きなので置いておこうかと
一瞬思いましたが来年大増殖してオルレアがまた席を空けることになったらと
思うと許しておけません。

ええ抜きましたよ。 全部 根こそぎ
あぁ~ しかしこのポッカリ空いた植栽の穴はどうしよう
オープンまで後一週間あまりなのに…

と嘆いても始まらないのでオープンガーデンの途中で花を買いあさりました。
どうしてもイメージがわかない場所は売れ残りのくたびれたオルレアを植えて
みましたが、たぶん…一週間では魔法も聞きそうにありませんね。

でもセリ科は好きです。

Img_4030

前からセリ科の草の写真を撮りに行く場所もあります。
野生の花だけど花も葉も優しくて本当はオルレアよりも好きな位ですが
我が家には背が高すぎて植えられません。

Img_0496

こちらは我が家のグランドカバーになっている
セリ フラミンゴ (Oenanthe javanica 'Flamingo')
セリ科セリ属 

湿気た日陰が好きなようで我が家にはぴったりな素材
日陰の庭を明るくしてくれます。
ランナーで増え寒い早春にはピンクが強く出ます。

そして最後は私の憬れの花 アストランティア
Astrantia major
セリ科 アストランティア属


Img_4539

夏越しが難しく結局何度も駄目にした花
2009年も友人の庭にあった苗を譲って頂きましたが
3年目には駄目になりました。
それでも、見つけたら切り花であろうが苗だろうが絶対欲しくなる花です。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2010年11月18日 (木)

ビオラはお顔

ビオラが大好きです。
ビオラに関しては私はかなりの面食い
本当に好きなお顔の子だけ買います。

Img_1563

この子は色につられて買ったけど
良く見るとヒゲオヤジcoldsweats01
ドレスがエレガントなので女装族?

オープンガーデンの関係で初夏までビオラを咲かせたいので
いつもは春先に買うことも多いのですが
今年は友人がビオラやパンジーの品揃えの豊富なお店に連れて行ってくれたので早々に苗が揃いました。
Img_2186
どこに植えるというあてもないのに
いつになく可愛い子に一杯出会って買いすぎてしまいました。

青いドレスのお洒落な子

Img_2198

フリフリの華やかな子

Img_2181

バックシャン

Img_2188
シックで大人っぽい子

Img_2176

あどけない子

Img_2200

狭い庭で色とりどり咲かせると
AKBみたいににぎやかで可愛くなりすぎるかもしれません

でも忙しく庭を横切る時も目が合うと思わずにっこりしてしまいます。
毎年定植するまでどこに植えるか鉢を持って右往左往するのが恒例ですが
今年は色あわせのパズルが一段と難しそうhappy02

| | コメント (10) | トラックバック (0)