« オープン ガーデン2021と2020 | トップページ | DIY塗装編 ガーデンテーブル他 »

2021年5月 5日 (水)

DIY ガーデンテーブル

我が家の庭の六角形のガーデンテーブルは長い間庭でのおもてなしの中心でした。
25年以上も前に六角形のデッキに合わせてDIY初心者の私達が四苦八苦して作ったものです。

23a1684225034e59b42eb1bb885b65fc

材料は輸入住宅のデッキの部材としてアメリカから届いた防腐剤入りのレッドシダーで、テーブルとしては厚く重いので最初はどうかと思いましたが、長く使う間に人が集い囲むテーブルとしてその重みもかけがえのないものとなっていました。

毎年のようにペンキを塗り変えメンテナンスしながら使っていましたが数年前からヒビから木材深部の腐食が始まりそろそろ限界でした。
2b4410ecbcce4f48a2b5262cee5632ee

テーブルを新調しようと、ネットで探したのですがこの大きさのものはなくて結局今回もDIYで作ることにしました。
今度こそメンテナンスフリーで長く使いたいので材料はハードウッドで選びました。
天板には木目が美しく抜群の耐久性を持つイペ
脚周りはしなやかでやや加工がしやすくイペよりも少し軽いイタウバを

重いハードウッドなので出来るだけ厚みは抑えたかったのですがデッキ材しか手に入らず結局材料集めて計算したところ総重量は80㎏!

81334b52f5af4db0b3051fa57b645833

その重量に恐れをなして考えた末に出来るだけ購入場所でカットして送って貰うことにしました。
その数50カット切ってしまったら訂正が効かないので設計は何度もやり直しました。

これが設計図の一部です。今回は重量をより安定して支える為脚部分は柱構造ではなく箱のように繋いで面で支えます。
重量があっても動かしやすいようにキャスターもつけました。

13d2841e93d849fbbb754e938574bb63

デザインは前作同様に六角形の天板が2つに割れる形
最初はズレるのが嫌だったので天板は1枚でと考えていたのですが重量の問題で諦めました。

ですが2つに割れることで用途によって六角形だけでなく、いろいろな形を楽しめます。
右は向かいあってないのでコロナ禍でも安心の配置
逆に左は大人数の会食でも使いやすそうな形です。

2e78bb2c5b4e4f2384860fc7e9227813

脚を固定するための板に置いて使う簀子の棚板も作りました。
この棚板も2つに分けることでよりフレキシブルになりました。

Aのように六角形の時は2つ並べて大きな収納に
植え替えシーズンには土や鉢など置いておけるのでテーブルが広く使えます。
Bの形でおもてなしの時は一枚はテーブル下に保冷バックなど置き
もう一枚はサイドテーブルとしてテーブル横にピッタリのサイズです。

サイドテーブルの時の脚はキャンプ用のコールマンのアルミスタンド
20年ぶりに屋根裏から出て来ました(^_^;)
丁度二組あったので2枚の棚板合わせてキャンプ用のテーブルとしても使えそうです。
でも普段は置き場に困った鉢植えの避難場所になりそうです。

844e3845b93543aaba19d35402813393

今回は久々の大物制作しかも重くて扱い辛いハードウッド失敗しないか心配で
材料発注してから届くまでの間にDIYの基礎をYouTubeで学びました。

そして効率的かつ美しく作業する為の道具も揃えました。
まずはお手製の丸鋸定規 全て屋根裏部屋にあった廃材で制作
この丸鋸定規は使ってみると本当に優秀でこれのお陰で六角形の斜辺をきれいにカットできました。

1mの取手付きアルミ定規  これもとあるYouTuberさんの使用していたのを見て購入
取手のお陰で抑えるのが楽だし滑り止めで安定するし数字も見やすいので大物制作には重宝です。

そして印付けで大活躍だった一発止型定規 直角に印付けができるのがミソです。

264f809021814483b3f2f8b80f6732cd

優れた道具のおかげで久々のDIYだったのに材料を無駄にすることなくお気に入りのテーブルが完成しました。
時間はかかったけど先代のテーブルに比べて頑丈で使い勝手も数段上がったガーデンテーブル
放置だったブログに残したいほどの出来栄えに大満足です。
(その分ブログが長くてごめんなさい。)

今年はコロナ禍でひっそりお客様を迎える予定ですが
来年はオープンガーデン20周年
このヘキサゴンテーブルを多くのゲストで囲める日を夢見ています。

 

オマケ

8dbfa3e555d548ed88f3849ff1f394f1

 

テーブルの出来栄えに気分が上がって、旦那さんが小さな鉢置きも作ってくれました。
こんなに小さくてもイペ  重みもあってなんだか愛おしい
庭へのエントランスの門柱の上で鉢を支えています。

こんなカケラも無駄にしない始末の良いDIY夫婦です。(笑)

 

 

 

 

 

| |

« オープン ガーデン2021と2020 | トップページ | DIY塗装編 ガーデンテーブル他 »

DIY」カテゴリの記事

コメント

久々のブログ長編でしたね。
なんでも研究して完璧なものを作られて
すごいです。

投稿: ともっち | 2021年5月 5日 (水) 14時23分

ともっちさんへ

見てくれてありがとうございます❣️
長い間懸案のDIYが型が付いてホッとしています。
ブログに残すと旦那さん喜ぶので記念投稿です。(笑)
本当はステンシルまでやりたかったけど
塗装がそこそこ上手くいったのでステンシルは今の塗装がもっとシャビーになってからということで
まだお楽しみは続く。。。。(^^;;

投稿: tearose | 2021年5月 5日 (水) 22時14分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« オープン ガーデン2021と2020 | トップページ | DIY塗装編 ガーデンテーブル他 »