« オープンガーデン2015 in COZY GARDEN その2 | トップページ | オープンガーデンに向けて »

2016年4月21日 (木)

南阿蘇に思いを寄せて

熊本地震で被災された方々にお見舞い申し上げます。
また亡くなられた方々のご冥福を心よりお祈りいたします。

_mg_9987

大きな被害を受けたのが南阿蘇だったことは非常に驚き辛い気持ちです。

というのもあの地震の4日前の日曜
たまたま南阿蘇で一日を過ごしていたからです。

南阿蘇を通ることがあっても滞在することは初めてだったので、
一日ゆっくり回って、いろんな場所に行っていろんな人々に出会いました。

1_89a9813_2

花が沢山咲いていて、のどかで 
“こんなにいいところがなら来年の春もまた来たいね”といいながら帰りました。

それなのに地震後の映像はショッキングなものばかり

崩壊した阿蘇大橋も渡りましたし、東海大学の前も
被害の大きかった益城の街も通りました。

あんなに穏やかだった風景から一転し
、次々と映し出された無残な映像を信じられない思いで見ていました。

1_89a9819_2

あの日出会って、笑顔で別れた人たち
どうかみんなご無事で と祈るような気持ちです。

1img_0295

 最初の大きな揺れが起こった14日
福岡でも大きくゆれて怖い思いをしましたが、それでも震度3だったようです。

あの日はそれからも地震警報が鳴り続け一睡もできませんでした。

震度3でもあんなに怖かったのに
震度7とか6とかどんな恐怖でしょう

あの日からもう一週間近く
未だに熊本や大分では震度3クラスの地震は何度も起きているようです。

避難されている方や救助をされている方々にとって、どんなに厳しい一週間だったか…はかり知れません。

どうか一日も早く穏やかな日が再び訪れますようにと祈るばかりです。

そして私のできることで支援していきたいと思っています。

|

« オープンガーデン2015 in COZY GARDEN その2 | トップページ | オープンガーデンに向けて »

コメント

どこか行きたいなぁ・・と思って頭に浮かぶのが南阿蘇だったりしますね。
それほど身近で、何度も行ってるところが風景も一変して悲惨な状況に変わってしまいました。
あの中で毎日余震におびえて暮らしてらっしゃると思うとこちらも辛いです。
収まったとしても帰る家は元の状態ではないですし・・
私ならば、しっかり前向いて歩けるかどうか自信ありません。
今はまずこの大雨と風が収まることを祈るばかりですね。

投稿: Happyばあば | 2016年4月21日 (木) 10時02分

Happyばあばさんへ

本当にそうですね
失ったものはおおきいです。
こんな時に前を向いて生きるのは難しいことでしょう
でも力を信じて私達も思いひとつにできることをやっていきたいですね

投稿: tearose | 2016年4月22日 (金) 22時53分

地震の前に南阿蘇にいらっしゃってたのですね。
本当に素敵なところで、私も2年前に訪問した時の風景を思い出し
そしてその場所がTVで映し出されないか心配しながらみていました。
妹はその週末に南阿蘇予定していたのです。
やはりとても気に入っていたので何度も訪問していました。

私も阪神淡路大震災を経験しましたが
あれほど大きな揺れを何度もという恐怖は計り知れません。

今年は再訪しようと計画していましたので
これからの復旧状態がとても気になるところです。
本当に一人一人が出来る事をやって被災された方々が
一日も早く元の生活を取り戻されることを願っています。

投稿: yoko | 2016年4月23日 (土) 22時36分

yokoさんへ

yokoさんは阪神淡路大震災を経験されていらっしゃったのですね
あの時も本当にいろんなことを経験されたことでしょう
被災された方々の御気持ちもいっそう身近に感じられるのかも知れませんね

yokoさんのお友達のガーデナーさんは大丈夫だったでしょうか
お話を聞いていつか私もお庭を拝見したいと思っておりましたのに
どうなっているか気がかりです。

新幹線が熊本までどうにか繋がりました。
道路も早く復旧して復興のスピードが上がるといいですね

投稿: tearose | 2016年4月24日 (日) 01時07分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/172033/65050325

この記事へのトラックバック一覧です: 南阿蘇に思いを寄せて:

« オープンガーデン2015 in COZY GARDEN その2 | トップページ | オープンガーデンに向けて »