« オープンガーデン2015 in COZY GARDEN その1 | トップページ | 南阿蘇に思いを寄せて »

2015年5月15日 (金)

オープンガーデン2015 in COZY GARDEN その2

オープンガーデンの後雨が降って
伸びて来た京鹿子が倒れたり、バラが倒れたり
20150510img_9470バラの開花は進んでも庭が乱れて
終わっていて良かったと…
胸をなでおろしてるこの頃です。

さて オープンガーデンその2は
今回リセットした寄せ植えなど
鉢物をご紹介します。

右は・サンセベリア・
バンテルス センセーションを中心に
今年リセットした寄せ植え

サンスベリア・
バンテルス・センセーション

学名:Sansevieria Trifasciata Bantels Sensation
リュウゼツラン科サンセベリア属
日当りを好み、光線不足になると葉が徒長し直立が困難になるらしい。
耐寒性:10度 最低気温:5度まで
水やり:かなり少なめ 乾燥に強く多湿に弱い。冬に水を遣りすぎると腐る

買った時はサンセベリア・スタッキーと書いてあった気がするが今回調べて見るとスタッキーではなくバンテルス・センセーションだったみたいです。
三年前に買ってしばらく増え続け鉢増しのために植え替えたら去年は根腐れが出て瀕死の重傷
…そこから奇跡の復活でした。(多分親株が死んで脇の子株が生き残った形)
冬の間暗い室内でいたので形が乱れてしまいましたが
夏の間しっかりするのを期待してます。

20150511img_9513こちらはテーブル横の紫陽花 スモークツリーを背景にグリーンからブルーのグラデーションがお気に入りです。伊予獅子テマリとタグにはあったけど花が大きい気がします。
20150510img_9471_2今年はパラソルを脇へやってテーブルに大きめの寄せ植えを置きました。
渋いペチュニアを見つけて何となく買ってきたものの色合わせが難しく
結局またお店に行って銅葉のアスチルベ チョコレートショーグン 
ダークなダイアンサス ブラックアダーを見つけて寄せてみました。
ペチュニアの花芯の色に合わせてみたつもりですが写真で見ると地味すぎですね~
周りに入れ混んだベロニカやユーフォルビアが活躍してくれるのが待ち遠しいですね

20150430img_9461こちらは気付いて下さった方は少なかったかも知れません。
ガーデンシンクにぶら下げた小さな多肉の寄せ植え
お店でセラミス植えの多肉が干からびていたのですがブック型の容器が気に入って
家に帰って鉢穴を開けてつるすように作りました。
多肉は全て家にあったあり合わせ にわか仕立てなのでまだ挿しただけ
オープンガーデンの後見たら何個か落ちてました。coldsweats01

20150514img_9623そして最後は何人かの方に聞かれて答えられなかったセージ

サルビア クレベランディ
Salvia clevelandii
別名クレベラントセージ  サンディエゴセージ ブルーセージ など
シソ科 耐寒性多年草
(冬期常緑~半常緑種)
主な花期:夏~秋 
草 丈:80cm前後
耐寒性・耐暑性ともに強い
日照:日向~やや半日陰

去年シルバーの綺麗な葉に惹かれて買ったものですが今年初めて花が咲きました。
オープンガーデンの時は輪生の蕾の形が面白くて目立っていましたね。
一年育ててめちゃお気に入りになりました。
①日蔭にも乾燥にも強い
④常緑のシルバーリーフ
⑤空色の美しい花がリング状に取り巻き、段になって咲く 
⑥芳香がある
なんて優等生だったのでしょうsign03
ローメンテで楚々として美しい植物 二年目で我が家の定番に確定です。wink

|

« オープンガーデン2015 in COZY GARDEN その1 | トップページ | 南阿蘇に思いを寄せて »

Perennials(宿根草)」カテゴリの記事

オープンガーデン」カテゴリの記事

寄せ植え・アレンジ」カテゴリの記事

コメント

最近は風も強かったので背の高い植物は自立が
難しくなりましたね。

寄せ植え素敵でしたね。
サンセベリア・スタッキーは10センチくらいの鉢が
我が家にあります。
サルビア クレベランディは葉も花もいい感じですし
いい場所に植えてもらっているので目にとまりやすいですね。

投稿: ともっち | 2015年5月15日 (金) 16時09分

tearoseさん、オープンガーデンお疲れ様でした。
花ともからとても素敵だったとの報告があり、今年お伺いできなかったことがとても残念です~(>_<)
来年は必ず伺いたいと思います。

このところの強風や雨で、植物たちにもかなりストレスがかかっていますが、
人も同じですので、どうぞお体に気を付けてくださいね。

投稿: botani | 2015年5月16日 (土) 22時43分

本日はチャリティー・オープンガーデンにご来訪ありがとうございました。
素敵な写真のブログですね。ときどき訪問させていただきます。
今後ともよろしくお願いいたします。

投稿: ポアロ | 2015年5月17日 (日) 20時04分

ともっちさんへ

おぉ~スタッキーをお持ちでしたか\(~o~)/
私も偽物(というとバンテルス・センセーションに気の毒ですが)
だったと今回初めて知ったのですが
本物のスタッキーは成長が遅くめちゃ高価なのだそうですね
今度ご紹介下さいませ

クレベランディはこの前の雨でクニャっとなってしましました。
スックと立ち姿が素敵でしたのに
京鹿子の後ろで日照不足かも知れませんね~

投稿: tearose | 2015年5月17日 (日) 20時43分

Botaniさんへ

お気遣いありがとうございます
この季節は招いたり招かれたり
お花イベントは続くしバラの花びら掃除も忙しいし疲れますね~
それでも毎年楽しくて…今年は6月末まで続きそうです。

そういえばbotaniさんのお陰で15年前初めてオープンガーデンにお招きした方と再会いたしました。
botaniさんと花のご縁に感謝です。

投稿: tearose | 2015年5月17日 (日) 20時49分

ポアロさんへ

こちらこそ長居をさせて頂いてありがとうございました。
高低差を利用した見事なお庭造り感動いたしました。
日頃のお手入れの賜物かバラ達も咲き競って
私にはゴージャスすぎる景観でした。
スカボロフェアーとの出会いも忘れられません。
名前も私が初めて買ったレコード(歳がバレますね)で懐かしいです。
これからも宜しくお願いいたします。

投稿: tearose | 2015年5月17日 (日) 20時59分

tearose さんおはようございます。オープンガーデン盛況でおめでとうございます。お疲れ出てませんか?
お庭の様子を見せていただきやはり早い!日本は長いと改めて思いました。
家はモッコウバラが咲きそろったところ、、、、

お庭のしつらえを見せていただき、棚田の庭へお誘いしたこと少々後悔しました。
手入れの行き届いたお庭主さんなのに、厚かましくも野放図な庭へお誘いしてしまい失礼いたしました、、、、
何しろ庭主遊びほうけていますから(笑

いつの日か、九州方面へ出かけた折は、「お庭拝見」お願いしますね

投稿: グリーンサム | 2015年5月19日 (火) 08時55分

tearoseさんのブログに心癒されにきました
どの寄せ植えもシックで素敵です
寄せ植えはセンスがいりますよね
私は思いつきばっかりでジックリ取り組むという能力も欠けているようです
うまくいきません
見せて頂く専門です (^^ゞ

我が家の庭はバッサリ、スッキリしたので
気分転換! お花屋さんをのぞきに行こうかと
思っています

投稿: OGC | 2015年5月19日 (火) 21時38分

グリーンサムさんへ

そちらはモッコウバラがまだ咲いているのですね
そんなに気温が違うとは思えないのにやはり花は敏感ですね
6月の信州も九州とは全然違うのでしょうね
楽しみですね

棚田の庭 お声かけ頂いて嬉しかったですよ
街中の庭にはない清々しい空気の中
植物が皆んなのびやかで輝いて見えました。
珍しい植物もいろいろ見せて頂いて楽しかったです。
我が家は街中の小さい庭に集めた植物をギュッと閉じ込めて
何とかオープンガーデンの時は整頓しています。
普段はかなりローメンテです。
サムさんに見て頂くほどの庭ではありませんが
お近くにお越しの際は是非😅

投稿: tearose | 2015年5月19日 (火) 23時01分

OGCさんへ

気分転換できましたか?
この時期バッサリスッキリは案外悪いことではないかも知れませんcoldsweats01

お庭造りの中でも予期せぬことが起こりますが
そんな時は新しい視点が 持つチャンスかも知れません
我が家も今年はデッキのやり直しで大いに頭悩ましていますが
その先にはきっと新しい庭が出来ていくのだろうと
ちょっぴり期待しています。

新しい植物との出会いが楽しみですね
OGCさんのお庭に加わる新メンバーまたご紹介下さい。

投稿: tearose | 2015年5月19日 (火) 23時18分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/172033/60000121

この記事へのトラックバック一覧です: オープンガーデン2015 in COZY GARDEN その2:

« オープンガーデン2015 in COZY GARDEN その1 | トップページ | 南阿蘇に思いを寄せて »