« 2013年8月 | トップページ | 2014年4月 »

2014年1月

2014年1月23日 (木)

庭は整備中

久々のガーデニング

毎年冬は庭のどこかをちょこっと整備しますが
今年は駐車場周りと外の大型コンテナを整備しています。
 
12014_2
 
先ずお隣との境にあったブルーアイス
大好きだったけど剪定で小さくするにも限界があり泣く泣くお引っ越しweep
アパートガーデン駐車場のメインツリーに天下り?
後釜に座ったのはマートル
今まで小さな鉢でスタンダード仕立てだったのでまだまだここでは役不足
 
アパートガーデンの植栽はまだこれからですが
家で管理しにくくなった植物が続々お引っ越し中です。
今までに新居に引っ越したのは 紫陽花  西洋オガタマ アカンサス
ニシキギ 琉球南天  ヤブラン キンカン エビネ ブットレアなど
 
12013_05_121
和室前にあったハイノキもアパートガーデンにお引っ越し
こちらはこのところの猛暑の度に勢いをなくし年々枯れこんでいました。
想像では今頃立派な株立ちになっているはずがとうとう一本になり
形が悪くなりすぎたのでアパートの日陰で養生
水やりにはなかなか行けないのでエビネの応援団を足元にcoldsweats01
 
それから旦那さんに今回お任せした大仕事は石積みの組み直し
 
1p1221008
 
通路の左側のオオデマリやオリーブが大きくなって通りにくくなったので
リュウノヒゲがあるあたりまであった石垣をレンガ一枚分ほど引っ込めて貰いました。
お陰さまで通りやすくなりましたが…
ほんの少し広くなっただけですがずいぶん風通しが良くなって
なんだか奥が見えすぎる気もします。
 
112012_04_25_0661
 
でも私のことですから春にはジャングルになっていることでしょう。
今は植えることより先ず整備
アパートガーデンの植え時期など見ながらまだまだ我が家の庭は断捨離中

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2014年1月10日 (金)

2014年のスタート

2014年のブログようやくスタートです。

頂いた年賀状でブログの更新してなかったことを
こんなに心配して下さる方があったのかと改めて反省しました。
気にかけて頂いた皆様、ご心配おかけして申し訳ありませんでした。
いろいろ事情はあるのですが先ずは松の内(?)に新年のご挨拶
 
明けましておめでとうございます。
今年もマイペースなブログですが宜しくお願いします。

 
2014_01_02_9454
 
今年のお正月は撮影ツアーで始まりました。
結婚以来初めてお節料理をサボり旅をしました。
 
昨年何度か心機一転という言葉を使いましたが今度こそ心機一転
そうしなければいられないほど昨年はいろんなことがありすぎました。

一番残念だったのは多くの大切な方とのお別れ
昨年末には喪中欠礼の葉書が私個人に20枚近く届きました。
一番最後はクリスマス明けの叔母とのお別れでした。
なんで一年の間にこんなに多くの方とのお別れしなければならなかったのか…
わけもわからず苦しかったです。
 
そしてもうひとつはPM2.5のカブレが夏過ぎても完治せず
庭仕事も写真撮影もお洗濯も庭に出る時間が極端に減り生活が変わりました。
 
家で外出出来なかった分 去年は何度も遠くに旅にでました。
二度の宝塚ガーデンフィールズ
その前後の京都 神戸
息子の都合で東京へも四国へも何度か出かけました。
 
そして一番の成果はアパートガーデン
3年はベース作りにかかると思われたのに
基礎だけはどうにか1年で終えてまがりなりにも植栽ができるようになりました。
 
2013_12_26_9397
上達したのはスモーク
昨年は三度スモークしました。
その度ごとに材料少しづつ変えて楽しみました。
 
写真は暮れに頂いてもてあまし気味だった
新巻鮭がスモークサーモンに変身している途中です。
 
温燻なので鮭フレークになっちゃいましたが
味はちゃんとスモークサーモンでした。coldsweats01
 
 
それから初めて挑戦したのはフォトブック
 
12014_01_10_9898
 
息子の結婚式から初孫のお誕生日までの2年間を一冊に
季節の風景や花も織り交ぜてちょっぴり私らしいフォトブックが完成しました。
初めてフォトブック作りは時間がかかったけど楽しかったです。
いつか作品集みたいなフォトブック作りたくなりました。
 
そんなこんなで大きな変化が多すぎてハードだった2013年
2014年は是非とも新しい流れで前進したいと
 
暮れに里帰りしていた長男家族を見送って
大急ぎで荷造り、元旦から飛行機に乗りました。
東へ向かう途中で富士山fujiが雲の中から微笑んでくれました。
良いスタートになりそうな予感happy02

| | コメント (22) | トラックバック (0)

« 2013年8月 | トップページ | 2014年4月 »