« 2013年5月 | トップページ | 2013年7月 »

2013年6月

2013年6月26日 (水)

オフ会前日

またまた日付を遡ってオフ会前日のことです。

翌日のオフ会の集合が早かったので前日のお昼頃伊丹空港に着き
早速いろんな方のブログで拝見していた伊丹空港の植栽を友人と見てまわりました。

2013_06_08_6877
 

フェンスの向こうの白い機体が見えなければ、ここが空港の屋上だなんて思えません。
広い屋上には家具やさんやガーデンショップそしてレストランがあって
それをつなぐデッキにはずーっといろんなデザインのガーデンが続きます。
山野草の世界では有名な森和夫さんのロックガーデンまでありましたが
今回はあまり写真が撮れませんでしたので割愛

2013_06_08_6879_2 

タイミングが悪くて撮れなかったのですが屋上だけなくエントランスもロビーも空港全体にお洒落な植栽があって到着したとたん気分が上がる空港でした。
 
最初は新幹線も考えておりましたが飛行機にしてこの植栽に会えて本当に良かったです。

翌日のオフ会ではここのガーデンを管理されている方々にお菓子頂いたり送って頂いたり、大変お世話になりました。
植えた方を知ることで帰りは植栽を見るのが一段と楽しかったです。

2013_06_06_6664001  

それからオフ会の声をかけて頂いたみーさんのお家にご挨拶に行きました。
運よく一番見たかったジャカランダが咲いていました。
当日みーさんはあまり体調が良くないとお聞きしていたので一旦は遠慮しようと思っていたのに、結局お言葉に甘えてお伺いしました。

2013_06_06_6659

長い間ブログで拝見した憧れの Small Garden 
みーさんは中央のアナベルが咲かなくて…とおっしゃっていましたが
花がなくても美しい理想的な植栽 二人ともとても感激しました。
それ以上に感動したのはみーさんのお人柄
ブログやコメントでも感じておりましたが本当に優しくて可愛い方でした。
ご無理させ申し訳なかったですが、オフ会の前にお話しできて嬉しかったです。

2013_06_06_6694

それから夕食を予約したレストランに行くのに三宮に移動しました。
これは駅前の広場の植栽です!
伊丹に降り立った時から思っていましたが、関西は公共の場の植栽レベルが高い!

福岡ならパンジーやペチュニアなど一年草で植えつぶししそうな所に
低木や宿根草でベースを作り手前に一年草で季節感を出しています。

2013_06_06_6699_5
 

ここが大きな幹線道路に面した歩道の一部だなんてhappy02
何故こんなことができるのでしょうか?
いろいろ観察していると、それぞれの植え込みにさりげなく企業名が入っています。
多分企業からの寄付で賄われているのだと思いますが
行政の緑化に対する姿勢センスにも感銘を受けました。

2013_06_06_6707_2


散歩が楽しくて予約していた北野の異人館のレストランについた頃はすっかり暗くなっていました。

2013_06_06_6716_2

ここレイン邸はヴィクトリアン様式の洋館で1900年の建築で北野の異人館街の中でも
初期の建物なのだそうです。綺麗に改装されて1階はレストラン2階は結婚式場になっていました。

2013_06_06_6720ネットで予約したのですが
フルコースとは思えないコスパなので正直異人館の雰囲気を楽しむつもりで伺いました。

ですが、期待を大きく上回る繊細なお料理はどれも美味しくてボリュームもたっぷり。
食事中のお料理はご紹介できなくて残念です。

ウィークデイで比較的お客様が少なかったせいかお店の方ともいろいろお話しました。

食事の為だけに北野に来た話をしたせいか
デザートの後にサプライズのプレートを作って下さいました。happy02
もうお客さんもいらっしゃらなかったので一枚撮らせて頂きましたがブレブレcoldsweats01

雰囲気もお味もサービスも最高で思い出に残るディナーになりました
神戸に旅行に行く時は是非また行きたいです。

| | コメント (12) | トラックバック (0)

2013年6月21日 (金)

植花夢

もうずいぶん時間が経ってしまいましたがオフ会の続きcoldsweats01

宝塚ガーデンフィールズの後はぽんさんのお世話になって
昼食そして植花夢に向かいました。

12014

去年より一ヶ月早かったせいか花が多くて華やかな印象でした。
それに去年ぽんさんに見せて頂いた植えたばかりの新しいガーデンも充実して、
さらに今年は大きくエリアが広がって庭園全体が整備されていました。
たった一年でこんなに変わるなんてぽんさんを始めスタッフの方々凄いです。

相変わらず植物の量も多様性も半端ないです。
 

12013_06_07_6838

それにも増して凄いなぁ~と今回思ったのは参加したメンバーさんたちの見識の高さ
見たこともないような植物の名前が学名でポンポン飛び交います。
とても覚えきれないので一部メモしましたが帰ってからは多すぎてわからないものもcoldsweats01 

珍しい植物については他のブロガーさんたちが書かれていたので
私は好きなシーンを残しておこうと思います。
 

上の写真はのアスチルベ群生
咲きそろったピンクの穂の上で木漏れ日が踊っているようです。

12015

アストランティアもこんな大株がありました。
高温多湿な日本では難しい花なのにこんな大株が見られて嬉しいです。

2013_06_07_6823
新しい庭にはグラス類がたくさん植わっていました。
これからの成長が楽しみです。

12016

今回は特別に植花夢の社長さんのプライベートガーデンを見せて頂きました。
そこにはこの写真の雲竜からたちをはじめ
はしばみとか、たくさんの雲竜系の植物があり、写真を撮りましたが枝が絡み合ってなかなか撮れません。
メンバーの方たちと雲竜感が出るとか出ないとかいいながら写真撮ったのもいい思い出です。 

12013_06_07b_3
最後に記念撮影を私のカメラで撮りました。
初めてお会いする方ばかりでしたが凄く楽しい一日でした。
お世話頂いたみーさんやぽんさん
それからメンバーの皆さんありがとうございました。

 

 

 

 

| | コメント (18) | トラックバック (0)

2013年6月16日 (日)

初めてのオフ会・宝塚ガーデンフィールズ

今週は久々に庭仕事の週末になりそうですが

先週行った関西植物行脚の記事を今日からボチボチ始めます。
去年感動した宝塚ガーデンフィールズが今年で閉園ということをみーさんのブログで知ってから、是非四季折々のガーデンフィールズを見たいと思っていました。
ようやく写真展も終わっていつ行こうかと友人と相談していたところ
みーさんからオフ会をガーデンフィールズで開くというお知らせを頂いて喜んで伺いました。
 
12013_06_07_6775_2
 
みーさんのブログのお仲間さんたちは植物に深~い見識をお持ちの方が多いので
初参加の私たちが馴染めるのか少し心配もありましたが…
皆さん優しい方ばかりで植物のことを教わったり、植物のお裾わけを頂いたり
はたまた、手作りのお菓子を頂いたくは車で送り迎えまでして頂くはで大変お世話になりました。
みーさんやぽんさん始め皆さんの優しさと植物に包まれて夢のような一日でした。
 
112014
 
ガーデンフィールズは去年の7月に初めて行きましたが
今年は1ヶ月早い訪問で去年見られなかった花もたくさん咲いていました。
ガーデンフィールズはできて10年だそうです。
庭として成熟して他には見られない景色がたくさんある場所なのになくなるなんて信じられません。
 
12013_06_07_6736
 
作りこみすぎない自然な美しさはなかなか他では味わえない貴重な場所です。
 
12013_06_07_6742 
ここではシダ類もたくさんあってそれぞれに名前がつけられていました。
小学生の頃夏休みの研究でシダを集めたことがあった私は
幾種類ものシダに会えて懐かしい気持ちになりました。 
 
112013_06_07_6755
 
水辺を覆い尽くす勢いで咲いていたポンテデリア
 
112013_06_07_6750
 
鬱蒼とするこの時期でも葉色や形の違いで花がなくても楽しいシーン
写真では見難いけれど石垣には可愛いクレマチスが咲いていました。
グラス類の豊富さもここを見にきたい理由のひとつ
 
112015
 
花が終わりかけでもこの古い壁に寄り添っているだけで美しい白万重
こんな風情は時を経ないと出ないもの
 
12013_06_07_6748_2
   
日本ではなかなかお目にかかれない豪華なコンサバトリーも壊されるという話です。
庭は作る人の努力と維持する人の努力と長い時間がないと完成しません。
10年の時を経て完成された宝塚ガーデンフィールズ
なんとか存続の方向に変えられないでしょうか
みーさんのブログでご紹介頂いた
シーズンズ保全の嘆願書の案内されているmomoさんのブログ
こちらで署名の仕方がわかったので微力ながら私も参加したいです。

| | コメント (12) | トラックバック (0)

2013年6月11日 (火)

お別れ

先週半ばから関西に行っておりました。
多くの植物や植物好きな人たちと出会いました。

帰ってすぐ待っていたのは
写真でお世話になっていた方の訃報でした。
山が好きで誰よりも健康そうに見えた方だったので信じられませんでした。
お通夜・お葬式と出席した今でも
あの方が冗談だよ…と現れそうで
思い出すのは笑顔ばかり 
 
12012_07_04_2436_2
 
ご一緒させて頂いた撮影会で見た朝焼け
この空のどこかで微笑んでいらっしゃるような気がします。

もうお会いできないなんて悲しいけれど、
今まで頂いたたくさんの優しさと楽しい思い出を胸にしまって
ご冥福を心よりお祈りしております。

| | トラックバック (0)

2013年6月 5日 (水)

ボイセンベリー解禁

ボイセンベリー今年も豊作です。

12013_05_27_6478b
 
東側の6メートル足らずのフェンスだけで6~7kgは採れそうです。
 
12013_05_29_6641
 
最盛期の今は毎日この位取れています。
 
112014
 
今年は色付き始めてから気温が高いせいか熟すのがとても速いです。
実が十分大きくならないうちに赤くなってしまいます。
この写真は初収穫から2日後の5月27日
 
12013_05_29_6628
 
これは5月29日で、たった二日でこんなに色付きました。
初収穫から2週間目の今はもう3kgは採れています。
 
112012_05_15_1135
 
毎年オープンガーデンではお料理好きなお友達によって
可愛いゼリーに変身してお客様を待っています。
 
オープンガーデンの為に冷凍庫で眠らせるボイセンベリーは4kg
それ以上は冷凍庫がパンクするので少しずつ頂きます。
今年もほぼ4kgの目途がたったのでそろそろ私たちが頂く分も解禁
 
以前はコンポートなどにしていましたが
最近のお気に入りは蜂蜜ヨーグルト
 
12013_06_05_6648
 
冷凍庫から出した凍ったボイセンベリ-の上に蜂蜜をかけると
蜂蜜が固まってボイセンベリーが甘い蜂蜜でコーティングされます。
そこへ無糖のヨーグルトをかけてすばやく混ぜます。
蜂蜜が溶けないうちに頂くと酸味の強いボイセンベリーもシャーベットみたいで美味しいです。
シンプルで旦那様もだぁ~い好きheart01
冷凍庫のボイセンベリーは宝物です。

   

| | コメント (8) | トラックバック (0)

« 2013年5月 | トップページ | 2013年7月 »