« リ・ガーデン仕事始め | トップページ | 忙し過ぎる誕生日 »

2013年1月30日 (水)

猫の落し物

少し寒が緩んでいますが、数日前の小雪が降る寒い朝
カーテンを開けると庭の大きなテーブルの上に子猫が三匹
白とグレーと黒の子猫…カーテンの開く音に驚いて一斉にこちらを見つめます。

12013_01_27_4630

うわぁsign01なんて面白い光景sign01
慌ててカメラを取りに走りましたが、白ちゃんは逃げていました。

12013_01_27_4631_2そしてその後グレーの子もいなくなり
最後に残ったのは黒い子でした。

この子たちは最近毎日家の庭で過ごしています。
私が庭に出ると思い思いの場所からひょっこり顔をだし、しばらく私の様子を伺ってからいなくなります。

猫は嫌いではないので今までご近所の猫たちが庭に来るのはそんなに気にしていませんでした。
でも、この子たちは今までの猫たちがしなかったことをするので困っています。

ひとつはテーブルが好きなこと
テーブルにはお庭でやりかけの仕事がのっていたり、たまにはお茶の用意があったりします。
それをいつもお構いなしに遊ぶのでテーブルには安心して物が置けなくなりました。

もうひとつは落し物
今までだって土を耕して油断しているとご近所の猫にヤラレルこともありましたが、
この子たちは掟破りの無法者
柔らかい土を支柱や割り箸でガードしていても
その横の宿根草の上や鉢の中に平気でして隠しもしない
いくら野良ちゃんだとはいえお母さんは猫界のマナーを教えなかったのでしょうか
ご近所の方が餌をやっているようですが、おトイレのほうも面倒見てくれたらと…
どうしたものでしょう…

旦那様には私が優しいから猫が好き勝手するんだと叱られますが
ガーデニングの季節が来るまでには何か新しいルールを教えなければなりません。

12013_01_30_4640
今年初めて咲いた年越しのクリスマスローズ
増やさないようにと…思いつつもまた一株ニューフェースも増えました。
その株のご紹介はまた機会改めて…

|

« リ・ガーデン仕事始め | トップページ | 忙し過ぎる誕生日 »

Roses」カテゴリの記事

日々のできごと」カテゴリの記事

コメント

猫好きな方のところは、わかるんでしょうねぇ~

お留守の時も、自分ちのような顔をして
居座っていますからねぇ~
猫も、どうせお邪魔するなら素敵なお庭がいいに決まってますよねぇ~

投稿: ともっち | 2013年2月 1日 (金) 20時02分

 ちょっと警戒心のある表情が野良ちゃんのようにも見えますが、綺麗で可愛らしくて憎めませんよね。ご近所さんは餌を与えるのでしたら、同時に里親さんを見つけてあげる責任もきちんと果たしてほしいものです。こちらでは不要な猫や犬を保護して里親を探すボランティアさんがおられますが、そちらではそう簡単には見つからないのでしょうね。

 きっとご近所に居心地のよい遊び場を見つけられなくて、teaaroseさまのお庭に集まるのでしょう。ただ闊歩するだけなら大歓迎なのですが、オトシモノには大変困りますでしょう。ふかふかに耕して種まきをしたり、新苗を植え付けたばかりのところなどが、真っ先に標的になったりして・・・。

  私どもは、最後の猫は目が見えず、耳が聞こえない状態で3年ほど生きながらえましたが、それを最後に飼うことを止めました。庭にはふたつの愛猫のお墓があります。
 大の猫好きだった夫は、一方で並はずれた愛鳥家でもあり、野鳥の数を減らす最大の敵(原因)は猫であるという、自らも所属する鳥類愛護団体(RSPB)のデータを見ては、自己矛盾に悩んでおりました。私の庭でも猫に襲われた小鳥や雛をしばしば見かけますし、夫は猫を飼っているという罪の意識を常に抱えておりました。

 ちなみにチャールズ皇太子も鳥類愛護の観点から、皇太子の邸宅のあるハイグローヴのご領地内に猫は厳禁で、ご自身も一匹も飼っていないのだそうです。愛鳥の精神から猫を飼わないという方は英国内には多いと思いますけれど、愛鳥の視点から飼い猫の問題を考えるというのは、日本人の私には耳新しく、さすが英国ならではと、深く感じ入るものがございました。

投稿: はなあかり | 2013年2月 4日 (月) 04時18分

ともっちさんへ

我が家はもともと猫の集会所だったらしいので
猫のほうが先住民なのですけど
やはりマナーは守って欲しいですね
旦那さんは見つけると鬼のような形相で追っかけています。
私にもそうしろと言わんばかりですが
癒しの庭の主には似合いませんから…(;^_^A

投稿: tearose | 2013年2月 5日 (火) 11時50分

はなあかりさんへ

ご主人様愛猫家でいらっしゃったのですね。
同時に愛鳥家であることがそんな矛盾をはらんでいたとは…
その矛盾に悩まれるご主人様の優しいお人柄が偲ばれます。
またチャールズ皇太子のご領地内が猫厳禁とは興味深いお話でした。

そう言えば私の庭のまわりでも去年そういうことがありました。
我が家に迷い込んだ烏の赤ちゃんは猫の餌食になったと聞きました。ttp://tearose.cocolog-nifty.com/blog/2012/05/post-b19c.html
一方弟の家で飼っている猫のなっちゃんは子猫の時烏にやられていた所を
義妹が助けて瀕死の状態だったのを看病して飼い始めた猫です。
それまで犬派で犬二匹と暮らしていた弟夫婦は今では愛猫家になりました。

自然のこととはいえ人間の飼っていたペットが自然環境を壊す脅威になるのは
歓迎できませんね
最近では猫を放し飼いのお宅は少なくなっていますが
猫の観点からするとそれも可愛そうな気もしますし…
ペットを飼うことを深く考えるといろんな問題にぶつかりますね。
あまり考え過ぎるとペットも飼えなくなりますが
人間とペットと自然うまく共存できるよう心がけたいですね。
我が家もあの腕白子猫ちゃんたちとどう共存するかいろんな工夫をしてみようと思います。

投稿: tearose | 2013年2月 5日 (火) 12時16分

私の友人の一人は庭で野菜を育てている偏屈な男がおります、耕した畑に猫の糞害で何時も猫退治の方法を考えているようですが猫の方が一枚上のようです。

もう一人の友人は警察を卒業し地域の人たちと捨てられた猫や犬などペットの世話をしている者がおります。暴力団でも怖がるような風貌ですが優しい気持ちの持ち主です。

人間の都合でペットを飼うのは好いですが、飼ったからには家族と同じように大切にしてもらいたいものです、捨てたりすることは困ったことですね。
さてこの子猫ちゃんはtearose家の仲間入りとなるのでしょうか?


投稿: shinobueakira | 2013年2月 6日 (水) 05時11分

shinobueakiraさんへ

shinobueさんには猫といろんな関わりを持った友人がいらっしゃるのですね
どちらの方の気持ちもよくわかります。
人には其々大切にするものがありますが
動物の命や生き方をそれによって変えられるものではないですから
やはり最初に飼う方の責任は重いですね

我が家に訪れる猫ちゃんたち
見れば可愛いのですがアレルギーがあるので
やはり飼えません。
どういうお付き合いするかはこれからの課題です。

投稿: tearose | 2013年2月 7日 (木) 17時22分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/172033/49017952

この記事へのトラックバック一覧です: 猫の落し物:

« リ・ガーデン仕事始め | トップページ | 忙し過ぎる誕生日 »