« 2012年9月 | トップページ | 2012年11月 »

2012年10月

2012年10月27日 (土)

駐車場のアーチ(小さなこだわり)

今年もピンクノウゼンカズラが咲きました。
去年までの誘引と少しだけ変わった駐車場の屋根を隠すアーチの形
たぶん毎年見ている人にも気付かれないことと思いますが
ほんの少しの角度が違うだけなのに凄く嬉しかったりします。happy02


1241img_1258001_3

これは二年前の写真
左から天井に向かって誘引していますが駐車場まで垂れ下がっています。
冬場にはかなり刈り込んで軽くしているつもりですが…

去年はこれ以上の垂れ下がりで花の頃には駐車場のゲートがなかなか上がらない状態でした。
今年も同じことが想像されたので春先に一番太い枝を落とそうと提案したのですが
その時は旦那様に却下されました。
(春にはなかなか想像できないし、主軸をバッサリって勇気いりますものね)

そして今年の9月末一時帰宅した時には…
もう既に駐車場の開け閉めができない位垂れ下がっていました。


12012_09_23

既に花穂はたくさんついていたのですが思い切って主軸をバッサリ
そしてその太い剪定枝を利用して誘引用の支柱を作りました。

今までは片側からの太い枝だけで全てを支えていたので垂れ下がっていたのです。
何度アイアンの誘引用のアーチを設置しようかと考えたかわかりません。

でも、ひょっとしてこの太い剪定枝なら
駐車場に合わせて伸びたのですから反対におけば左右対称になるはず…
そう思って切った枝を持って行きましたら
もともと垂れ下がっていたので思った高さになりませんでした。
そこで足りない分は太い支柱を足してエポキシ系パテで接着して柱に固定

 

112014
これが取りあえず支柱として設置したところ

 

912012_10_25_3575

そしてその支柱に誘引しますと自然なアーチができました。
今まで何年もきれいなアーチを作るのに悩んでいたのにこんな解決法があったとはhappy02
アイアンなどの人工物を設置しなくて本当に良かったと思いました。

たくさん切ったので花数は少ないですがスッキリと
駐車場の屋根に沿うアーチheart01
誰にもわからない小さなこだわりですが見上げるたびにニッコリです。happy01

| | コメント (6)

2012年10月18日 (木)

虫にご用心

お久しぶりです。
皆様に沢山のお祝のコメントやメール頂きありがとうございました。heart
この場を借りてお礼申し上げます。
お陰さまで初孫ちゃんはスクスクと育ち明日の一ヶ月検診を楽しみにしています。
またご心配おかけしました痛めた腰もほぼよくなりました。

1112012_10_04_3452

こちらに帰って一週間ようやく日常を取り戻しつつありますが
このところの気候のせいか久々に喘息気味です。
しばらくはスローペースで日常に復帰しようと思っています。
パソコンもなかなか開く余裕がなかったのでコメントにお返事遅かったり失礼しました。

*************************************

さて復帰早々にタイトルの虫の話で恐縮ですが
貴重な経験をしたので長文になりますが書いておきます。
虫が苦手な方はどうぞスルーして下さいね。

*************************************

10月7日が実家の父の命日で家族でお墓参りに行ったのですが
既にお墓に飾っていた古いシキミを抜こうとした瞬間
左手の薬指にチクッと刺すような鋭い痛みが走りました
その尋常でない痛みから毒虫と感じたので
即座に隣にあったバケツで手を洗い患部から毒を絞りました。

直後に大きなムカデを見たので
犯人はコヤツか?と思いましたが
初めての経験なのでムカデにこんなに毒があるのか半信半疑です。
それでも、あんまり痛がっているので長男の支持で次男がiphoneでムカデ毒の対処法を調べてくれました。

1mukadeすると『熱いお湯で毒の酵素のタンパク質を変性させるといいらしいよ』と言うので
たまたまお墓参りの後飲もうと買っていたコーヒーで患部を洗いました。
熱いコーヒーが役に立つなんて思ってもみなかったけど、コーヒーのあたっている間は少し痛みがましになったように思いました。

その後車に乗りましたがまたたく間に胸のあたりまでピリピリした痛みが広がりました。
アナフィラキシー起こして呼吸困難になる人もいるらしいし、怖くなって私もiphoneで検索…

先ほどの説も確かにヒットしましたが説明が痛みに耐えながらスマホでは見きれないくらい長い記事。
一応お医者さんの見解も知りたくて他を見ると
皮膚科の医師の対処法は 強力なステロイドを塗ること 患部を冷やすこと
痛みが強ければ痛み止めをということでした。

そこで家に帰ってからその三点セットに切り替えました。
先ず痛みをとるために痛み止めを飲みステロイドの軟膏を塗りました。
お陰で胸まで広がった痛みは治まったのですが左の肘から下の痛みには効きません。
腫れも酷いし熱もあるので保冷材で冷やしてみました。
ところが痛みが治まるどころや冷やすと痛みが増すような気さえしました。

その日は一ヶ月以上の続いた滞在の中でコツコツやってきた
息子の家の庭の大改造の大詰め
休日で来ていた次男や旦那様の手を借りて昨日掘り起こした樹の植え替えや
山のような剪定枝を片付ける予定でしたが、
あまりの痛さにお庭の見える部屋で寝ながら作業監督crying
とはいえ激痛に七転八倒しているので旦那様が座薬にしようと言いに来た位です。
座薬は最後の砦…眠れぬ夜の備えにとっておきたいので何とかしなくちゃと
再び温熱治療のサイト を読みましたら
冷やすと痛みが増すと書いてあるではないですか 
しかも毒を絞ったりしなかったほうが良かったとかdown
それに専門家である医師からも温熱治療が効いたという報告が続々あったり…

もうこれは素直に温熱治療を試すしかないと言うことで

お風呂の熱いシャワーで患部を温めると冷やすよりはるかに楽
噛まれてからもう3時間も経って効果ないかもと思いましたが
温めると楽なので20分くらい温めたり石鹸で洗ったり書いてあったとおりにしました。

しばらくすると
あの七転八倒するような痛みがひいて起きていることが苦痛じゃなくなりました。
そして
一時間後にはお庭で作業監督できるまでになりました。
確かにムカデには温熱治療が一番効く ということを身を持って知りました。
温熱慮法に切り替えたお陰でその日の晩のピザパーティも仕切れましたし
夜も座薬なしで眠れて翌朝はお宮参りも行けました。coldsweats01


温熱治療はその後ダニ?に噛まれて強烈に痒かった時も試してみましたが
これにも効果ありました。(この時は丁度飲んでいたお茶の熱い湯呑を当ててみました。)
虫の毒にはほとんど酵素が含まれるようなので効果あったみたいです。
温熱治療は蚊のかゆみにも効果あるそうなので興味ある方は試してみて下さいね

さてムカデに刺されて滞在最後はさんざんな目にあいましたが
家族の協力のお陰で長男の家の庭はどうにかリニューアルを完成させて帰れました

112013そして…

やっと家に帰ると
我が家の庭も虫天国

薔薇はバラクキバチの幼虫にやられて丸裸

コガネムシの幼虫も暗躍していたらしくどの鉢も枯れた植物だらけ
これからしばらくは鉢をひっくり返して幼虫退治に追われそうです。




Kumo
そんな中
今日私の住む地域にも
セアカゴケグモが発見されたというニュースを聞きました。

セアカゴケグモは最近帰化しつつある1㎝程度の毒グモで写真のような赤い模様が目立つ蜘蛛だそうです。

刺されると痛み、発汗、発熱、発疹などが現れるそうです。
セアカゴケグモに限らずゴケグモは毒性が強いため、噛まれた時の死亡率が高く奥さんが後家になるという俗説さえあるそうですから脅威です。
でもあまり攻撃性はないそうですから発見したら
素手で触らず殺虫剤などで殺して自治体の保健環境課などの報告してほしいとのことでした。

以上長くなりましたが虫に用心しながら我が家の庭の再生もボチボチ始めています。

| | コメント (12) | トラックバック (0)

« 2012年9月 | トップページ | 2012年11月 »