« 宝塚 植物行脚 | トップページ | 二段ベッド大変身! »

2012年8月11日 (土)

ようやく飛鳥

オリンピック忙しくて7月の旅行記まだ終わっていませんでした。coldsweats01
ようやく本題の飛鳥…といきたいところですが
飛鳥に乗る日の朝も私たちは勤勉に遊んでおりましたので、その前に少しだけ…

12012_07_09_2550_2

泊まったホテルはコンセルジュさんが夜10時まで対応して下さって、
お陰さまで無理かと思った神戸の異人館巡りも午前中だけで行けました。
異人館はどれも素敵な邸宅ばかりでしたが残念ながらお庭が充実していたのは英国館位でした。
なのに夜のビアガーデンの為でしょうか…らしくない照明ががあって少しがっかり

12012_07_09_3159

若いころ一度だけ異人館巡りしたことがありました。
その頃と建物が殆ど変わっていなかったようですが
お庭や調度品やこんな板塀など私の視線が変わっていたことが
30年以上もの時の重みかなぁ…と感じました。
他にも素敵なものにたくさん出会ったのですがきりがないので省略します。

12012_07_09_2557

そして私たちの出発は4時なのに2時に神戸港では過去最大のクルーズ船
ボイジャー・オブ・ザ・シーが寄港するということで神戸は大変な盛り上がりでした。
私たちを案内して下さったコンセルジュさんを始めこの船を見るために仕事を休んだ方も結構いらっしゃったようです。

そんな凄い船が来るなら是非…と乗船まで間もないのにタクシーで右往左往しました。
が近くに行くと船体が大きすぎて港からもはみだすしカメラに収まりません。
前日見た飛鳥も大きさに圧倒されましたが、これは一回り上…
乗車定員も飛鳥が800人ならこちらは3800人
乗組員だけでも1000人を超えるというスケールで船というよりもう洋上の街
船から降りる人の為に大型バスが何十台も港に来ていましたが全員降りるには何時間もかかりそうです。

博多港に帰って乗ったタクシーの運転手さんにこの船の話をすると
神戸より一足先に博多に来ていたそうで、それなら大騒ぎすることもなかったかなと思いました。coldsweats02

12012_07_09_2552

戻って 飛鳥Ⅱと後ろにそびえるメリケンパークオリエンタルホテル
ホテルの二階に乗船フロアがありました。
このホテルが約60mの高さですから横付けした飛鳥も巨大で美しい船です。

異人館巡りの途中で知りましたがこのホテルの前身であるオリエンタルホテルは日本で初めての西洋スタイルのホテルだったそうです。
メリケン波止場の老舗ホテル…熟年夫婦にはお似合いの響きだけど外観はモダンです。
朝食も久々に充実していて期待以上に良いホテルでした。

12013

クルーズは穏やかな瀬戸内海をゆっくり時間をかけて進むだけで
どこにも寄港しなかったので船の外は瀬戸大橋位しか写しませんでした。

12012_07_10_2594_3

無寄港で約二日と言うのは退屈かと思っていたら、さにあらず
いろんなアクティビティがあって、二日では全部は体験できない位忙しかったです。
写真はデッキでディスクを使ったカーリングのようなゲームです。
こういうゲームの時に顔見知りになったりする方もいて
これがただの移動と違うクルーズの良さだなぁと感じました。
このゲームは面白くてこの時はクルーズに誘って下さったご夫妻は参加していなかったのですが、ディナーの後に4人でまた遅くまで遊んでしまいました。

11img_0001001
二日目には避難訓練がありました。面倒だな…と思いましたが
結構本格的というか点呼もあってサボっている人がいないことがわかりました。coldsweats01
この写真でこっち向いている人たちは何かあれば同じボートで一緒に逃げる人たちです。緊急時の設備や食料の説明などあり緊張感もありましたが、こんなこと学生時代以来なかったことなので終わってみれば楽しい経験でした。
そう言えば飛鳥Ⅱはあのタイタニックや戦艦大和と同じくらいの大きさなんだそうで…
いや 短い航海とはいえ避難訓練は大事です。paper

12012_07_11_2610_2

あれこれイベントに参加すれば忙しい一日だけど
のんびりしたければ、こんな人気のないラウンジでゆっくりハーブティーを飲みながら海を見て過ごすこともできる…
たとえ一緒に行ってもそれぞれが過ごしたいように過ごせるのも良いなぁ…と思いました。

そして写真はないけど少しドレスアップして迎える夜
デッキで同じゲームに興じた方たちも昼間とガラリと変わって見間違うほどでした。
ご一緒したご夫婦と盛り上がって毎夜楽しいディナーでした。
ただアルコールだけは別料金で旦那さまはいつもほどは酔えなかったかも…

12014_2

それから朝…普段お寝坊の私も洋上の朝日を撮りたくて二日目は早起き
デッキにでると夏とはいえ凄い風で寒い位でした。
あいにくの雲で良い写真は撮れませんでしたが、同じく朝日を撮りにこられた人と話しました。
その方はipadに保存した写真をたくさん見せて下さいました。『これは去年のクルーズの同じ朝日 これは○○のクルーズ…』クルーズに参加する度毎朝の朝日を撮っておられるようで楽しそう。

この後冷えた身体を最上階の海のパノラマ見えるジャグジーで温めました。
クルーズ慣れされた方のお話ですと銭湯感覚で水着をつけず入れるジャグジーは飛鳥だけだそうで外国船にはないそうです。(ナルホド)

月曜夕方の出発で水曜朝の到着 
正味たった二日のクルーズ体験でしたがそこには非日常が一杯詰まっていました。
誘って頂くまで興味が無かった世界でしたが、一度体験するとクルーズのリピーターが多いのがわかる気がします。

あれから急に船が気になり出しました。
いつかまた…そのまえに積立でも始めなきゃcoldsweats01

今回の旅は思わぬお誘いから始まったことでしたが、今まで殆ど純粋な旅行をしたことがない私たちにとって新鮮な体験ばかりで素晴らしい30周年の記念になりました。
誘って下さったH夫妻には感謝しきれない位です。また関西方面の植物の情報を下さったみーさんや植花夢で案内下さったぽんさん
そして留守中にお庭の面倒を見て下さったともっちさん
皆さんのお陰で充実した旅でした。改めてお礼を申し上げます。

 

 

|

« 宝塚 植物行脚 | トップページ | 二段ベッド大変身! »

おでかけ」カテゴリの記事

コメント

超大作ご苦労様でした m(__)m
おかげさまで、よくわかりましたぁ~
ほんとお天気はじめ、いろんなことに恵まれて
よかったですね。

旅行って行きだしたら、また行きたいって思いますよね。
いい旅行になってよかったですね。

30年分のご褒美ですねぇ~(^_^)v

投稿: ともっち | 2012年8月11日 (土) 07時14分


やっと飛鳥にたどり着きましたね。
ボイジャー・オブ・ザ・シーすごいですね。
定員3800人凄いです。
タイタニックと同じ飛鳥800人でも凄いことです。

ボイジャーも、クルーズなんですか?
しかも、博多にも帰港しているんですね。

洋上では色んなイベントが有って楽しそうですね。
それにしても、一番見たかったのはドレスアップしてのディナーの雰囲気見たかったなぁ~…
Tearoseさんの、ドレスはどんなんだったのかしら~と興味津津デス。

朝日きれいですねぇ~
気持ち良かったでしょうねぇ~。

本当に良い記念になりましたね。
何事にも真剣に取り組んでおられるTearoseさんのために
きっと神様からの贈り物だったのかも知れませんね^^

投稿: こもれび | 2012年8月11日 (土) 17時58分

ともっちさんへ

長きにわたりダラダラ続いてしまった旅行記にお付き合い頂きありがとうございました。coldsweats01
普段あまり出ないものですからつい欲張り過ぎ
テンコ盛りになってしまいました。

クルーズなんて退屈かも…と思っていたのに
今まで一番自分たちのペースで楽しめました。
何事も経験ですね。
御褒美貰いすぎたような気もするので
これから頑張らなくっちゃhappy02

投稿: tearose | 2012年8月11日 (土) 21時46分

こもれびさんへ

ようやく辿り着きました~coldsweats01
今まで関心もなかったのに
この経験のお陰で急に船に興味が湧きました。
ボイジャーは就航時の1999年には世界一のクルーズ船だったそうですが、今は同じロイヤル・カリビアン・クルーズが所有する
オアシス・オブ・ザ・シーが一番で何と5400人だそうです。
丁度この前テレビでオアシスのカリビアン・クルーズが放映されていましたが本当に凄かったです。
でも飛鳥と比べるとリーズナブルで海外旅行に慣れている方には楽しそうでした。
ボイジャーはオアシスができたからアジアに周っているらしく日本では何と博多と神戸しか入らないのだそうです。
何か不思議なご縁ですね。

夜のドレスアップは以前も書きましたが結局新調する間もなく、あり合わせのドレスだったんですよ~wink
お友達はゴージャスなスワロを散りばめたドレスでなんだか気遅れしちゃいました。
自分はともかく他の方のドレスアップを見るのは楽しいですね
目の正月命の洗濯できました。
また御褒美貰えるよう頑張らないと

投稿: tearose | 2012年8月11日 (土) 22時29分

夢のようなクルーズですね。
ドレスアップでお食事なんて・・喉を通るかしら??とちょっと心配ですが、
まぁ、乗ることは多分ないでしょうねhappy01
とてもいい経験されましたね。
わたしなど、別府から大阪までのフェリー「サンフラワー」でワクワクものでしたよcoldsweats01
初代の飛鳥が就航した時ちょうど長崎に転居した時で、埠頭まで見に行き
壁のように立ちはだかった大きな飛鳥に圧倒されたものですが、それよりまだ大きいのですよね~eye
素敵な記念旅行、こちらも堪能させていただきました。

投稿: Happyばあば | 2012年8月12日 (日) 06時29分

Happyばあばさんへ

今までご縁のない世界だったのにお友達のお陰でいい経験をすることができました。
ドレスアップしてお食事…といってもそんな大仰なものではなかったですよhappy01
外国周りの長いクルーズではフォーマルもあるらしいですけど

私は今までずっと純粋な旅行ってしたことなくて船も
関西汽船と九四フェリーで四国に帰るのに使ったことがある程度でした。
初代の飛鳥も見たことがなかったのですが、Happyさんは長崎でご覧になっていたのですね。
きっとその頃は特別な人たちのものだったのでしょうね

私も乗るまでは緊張しましたが乗ってみると考えが変わりました。
今回見たボイジャー…を始めクルーズ船はどんどん大型化して
外国ではクルーズもリーズナブルになっているようです。
確かにセレブな特別航海もあるみたいですけど
大半はカジュアルクルーズで洋上のアミューズメントパークのような感じで
家族旅行に利用される方も多いみたいですよ
いつかまたお孫ちゃんも一緒に行けたら楽しいでしょうね

投稿: tearose | 2012年8月12日 (日) 22時05分

クルーズって、いくらかかるのかしら?
私は宝塚に住んでる娘の所に行く時は、門司からフェリーに載って、神戸まで12時間 個室を取って、25000円かかります、(車込みですけど)
フェリーで一泊なので、夜はビールを飲みます、ダハハ

ガーデンフィールズもアイアイパークも大好きな所です。
異人館いいですね~♪ まだ行った事がありません。今度行こう♪

楽しい旅ブログをありがとう♪

投稿: ブルーミント5 | 2012年8月14日 (火) 00時12分

ブルーミント5さんへ

まぁ! お嬢様が宝塚にいらっしゃったなんて。時々行かれていいですね
フェリーが25000円ですか?
飛鳥は食事と娯楽がついてるので高いのか安いのかcoldsweats01

それにしても、ガーデンフィールズもあいあいパークもミントさんにとってはお馴染の場所だったのですね
宝塚は植物好きにとっては楽しい街ですね
やはりガーデンフィールズのようなレベルの高い植栽を見る機会があるのとないのでは目指すレベルが違うなぁ…と感じました。

異人館めぐり…お庭はいまひとつだけど
DIY派にはいろんなヒントがありますよ
洋風な木製のフェンスがあんなに残っている場所はないと思うのでおススメです。

投稿: tearose | 2012年8月15日 (水) 00時13分

飛鳥の旅、とても素敵だったのですね~♪
ボイジャーもすごいですね。
3800人乗りとは、想像もつきません。
その上の5400人もあるとは、びっくりです。
そう言えば、わたしもちょっとテレビで見たかも・・・。
クルーズ(世界旅行?)と言うと、昔は三桁になるような大金がかかるというイメージでしたが
最近は、とてもリーズナブルになっているようですね。
わたしも、北欧に行った時は、クルーズがあり
少しだけ体験したことがありましたっけ・・・。
もう17年も前の話です(^^;)

素敵な旅のご報告を見せていただき
ほんとうにありがとうございました。
また、次回いらっしゃる時には
是非お会いできるといいですね。
その日を楽しみにしています。

投稿: みー | 2012年8月15日 (水) 10時30分

みーさんへ

こんな時にコメント恐縮です。
クルーズなんて初めてでしたので
ここに残しておこうと思いました。

みーさんは北欧を旅されたことがおありなんですね
バルト海クルーズですか?
素敵だったしょうね
想像するだけでも楽しくなります。
旅はいいですね
機会があれば是非お話伺いたいです。

また本当に大変な時にいろいろお気遣い頂きましてありがとうございました。
次回お会いできるのを心待ちにしております。
みーさんの旦那様の体調が宜しければ
九州の旅もお出かけ下さいませ
その時は是非案内させて下さいね

投稿: tearose | 2012年8月15日 (水) 22時13分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/172033/46638830

この記事へのトラックバック一覧です: ようやく飛鳥:

« 宝塚 植物行脚 | トップページ | 二段ベッド大変身! »