« 2012年6月 | トップページ | 2012年8月 »

2012年7月

2012年7月28日 (土)

みずの森の水生植物

さて前のエントリーから続く初日の続きですが
この時期に行くなら是非関西の睡蓮を見たくて
みーさんに教えて頂いた草津市立水生植物公園みずの森(長い名前~coldsweats02)に行きました。

12014

京都から一時間ちょっと…でも着いたのは3時をまわっていました。
この公園のために大きな一眼レフやレンズを持って来たのに京都で遊びすぎ~
京都散策を楽しんでいる間に睡蓮やハスの花の多くは閉じてしまっていました。coldsweats02
しかも歩きすぎて疲れてる上に、小雨混じりのとても蒸し暑い午後で撮影は集中できませんでした。

12012_07_07_2844_2

それでもオ二バスの上で遊ぶ鳥は可愛かったのでしばらく追っかけましたが
まぁchickすばしっこくて、動くものを撮り慣れない私の手には負えません。

12012_07_07_2768

また隣接した琵琶湖のハスにも時期的に少し早かったようです。
ここは日本でも最大級のハスの群生地なのだそうで、やはり湖の規模が違うから…
七月下旬ごろからが見ごろだそうです。

12012_07_07

北川村のモネの庭で見たのとは違う青い睡蓮や葉っぱの面白い睡蓮など
温室の中には見たことのない沢山の睡蓮が咲いていました。
種類が多すぎてどれがどれだかわからなのでコンデジでタグも写しましたが
帰ってみたら公園のホームページの写真の方がよほど良かったです。
睡蓮は数種しか見たことなので、こんなに種類があったとは驚きました。
112012_07_07_2795_3
他に温室内で目を引いた植物は、
いろいろありましたが何といってもこれ

カラテア・ブルレマルクシ-・アイスブルー 

クズウコン科の植物だそうです。

青みがかった蝋細工のような苞は
まるで濡れているよう
花は淡いピンク

不思議で見飽きない花です。
暗い所でひっそり咲いていました。

12012_07_07_2856

そして何と言ってもカッコイイのは
入口付近の寄せ鉢にあった

パイナップルリリー‘スパークリング・バーガンディ’
Eucomis comosa 'Sparkling Burgundy'


パイナップルリリーのこの色は見たことがありません。

この葉っぱにどんな花が咲くのか気になっていましたが、今日
、開花の様子をここに見つけました。

なんて素敵な植物なんでしょうlovely

派手な観葉植物の中にあっても圧倒的な存在感
是非いつか欲しいと思わせる植物ですが
こんな難易度の高い植物合わせはなかなかお庭では実現できそうにはありません。

12012_07_07_2857

ハスの群生やこのパイナップルリリーの開花など
今がこの水生公園の植物の一番いい時かも知れません。
近ければもう一度行ってみたいです。

水生公園から帰り去年の女子旅でお世話になった祇園のお料理やさんに電話すると、運よく予約ができました。夜は京料理を旦那さんにも食べさせることができました。
朝粥から始まった京の初日は大変長い一日でした。

今回の関西植物行脚は small garden のみーさん のブログやアドバイスを参考にさせて頂きました。
残念ながら猫のみーちゃんの具合が悪くて、みーさんにはお会いできなかったのですが
お陰さまで充実した植物行脚となりました。
大変な時にいろいろご配慮下さったみーさんに本当に感謝です。

翌日の宝塚植物行脚は今回の旅 地上の部のハイライト
またまたみーさんのお世話になりました。
その様子はまた次回

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2012年7月26日 (木)

京都涼やかな夏庭

引き続きベッドの完成をアップしたかったのですが例によって…エスカレートcoldsweats01
未だに収拾つかず、ベッド完成までは7月6日からの結婚記念旅行の記事です。
初日の京都の涼やかな夏庭の写真交えながら先ずはいきさつから…

私たちの結婚は三十年前の7月23日 そう…あの長崎水害の日でした。
しかも結婚三周年の記念日に義理の父が亡くなり
それ以来その日は義父の命日 法事はあっても結婚記念日は忘れ去られました。

12012_07_07_2658
                  京都 建仁寺搭頭 両足院 半夏生の庭

それなのに今回嬉しい偶然が重なり楽しい旅行となりました。
数か月前 息子の同級生のお母さんとお茶していたら
『私たち、結婚三十周年で 飛鳥に乗ることになったの』という話
『いいですねぇ…あ…そう言えば偶然 私たちも三十周年だけど何も考えてないの』というと
『まぁ!じゃ ご一緒しませんか?』という話になりました。

でも クルーズなんて私たちには敷居が高いし今までご縁のない世界
それに 旦那様同士は面識も無く ノリだけで参加してもいいものか…と悩むこと数カ月
… でも誘って頂かなければ一生ご縁がないだろうし…と思いきりました。

12012_07_07_2633
                                 両足院 半夏生
それからが大変!
夏はTシャツ位しか着ない旦那様にいろいろそれなりの支度するのが…
旦那様は全くお洒落に関心が無い上 兎に角合う服が少ないので
学芸会の衣装を用意する母親のように
何度も慣れないデパート通い、前日まで上着の縫い上げしたり…
気が付いたら自分の支度する気力無く私は、あり合わせの服に
(しかもバックまで忘れスーパーでもご愛用のトートバックで出掛ける始末
 …あ~お母さんは辛いよcoldsweats01…って気を抜きすぎ)

さて クルーズと言っても乗るのは神戸港から博多まで
月曜の午後4時出航で水曜の朝下船という な~んちゃってクルーズ
せっかくなので金曜夕方に出発して関西方面の植物行脚も組み込みました。

12012_07_07_2702_2

                                  
初日の京都のホテルは運良くコンセルジュの常駐する特別フロアがが格安で泊まれましたので京都観光までは欲張りかしらと思いつつも、早朝からコンセルジュさんに相談して夏庭の美しい朝の京都を散策しました。
コンセルジュさんおススメの建仁寺は丁度その週末まで半夏生(ハンゲショウ)の庭の特別公開中でした。

12012_07_07_2716_2

                                  詩仙堂 丈山寺

この日の最初の目的地は滋賀の水生公園だったのですが
京都のお寺は早いところで4時に拝観終了のところもあるとお聞きして急遽朝のお寺巡りとなりました。
初めての街をレンタカーで廻るのは駐車場などわかり辛く思いの外時間がかかり多くは廻れませんでしたが
涼やかな夏庭というテーマで厳選したお庭ばかりでしばし閑雅なひとときを過ごしました。

京都のの締めくくりはやはり半夏生 
ドクダミ科の植物だそうで夏至の前後1カ月だけ葉が白くなるのだそうです。
建仁寺のみならずこの時期京都のあちこちのお寺で見かけました。
でもやはり最初に見た建仁寺が一番効果的に使われていました。

12012_07_07_2654
この日訪れた朝の庭は建仁寺両足院 
八坂神社 円山公園
丈山寺 詩仙堂 
建仁寺の開祖栄西は日本にお茶の種を持ち込んだ人で茶祖と呼ばれた人だそうです。
また詩仙堂を造営した石川丈山は煎茶の開祖だそうで
この日偶然にもお茶に関係の深い二つのお寺を訪問していたようです。

他に夏庭を是非拝見したかったお寺は
宝泉院 三千院 神護寺 祇王寺 滝口寺 西芳寺(苔寺)など
是非また行きたいと思います。

今回は時間もなかったので多くは期待していませんでしたが
旅のスタートに相応しく清々しい京都の夏庭でした。
午後の水生公園はまた次回

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2012年7月17日 (火)

豪雨の連休は模様替え

先々週末から先週にかけて結婚三十周年記念旅行に行ってました。
そのお話は写真の整理ができてから…

この連休は旅行疲れもあって、どこへも行かず長雨で傷んだ庭や家の整理の予定でした。
が…お片付けだけしていれば良かったのに部屋の模様替えを初めてしまいました。

以前 子供部屋の一つを夫婦共用の書斎 にしましたが
もうひとつを ソーイングルーム兼用の簡易ベッドルームにする予定だったのです。

22012_07_17_3181_1


で子供たちのローチェストを利用して、簡易なカウンターデスクを作ってはみたものの…
いろんな問題が見えてきて長い間中断したままでした。

 問題点① 思った以上に部屋が狭く ベッド二つ並べると
        チェストの引き出しを開けるスペースがない 

 問題点② 部屋で竹刀の素振りをしていた次男のお陰で 壁もクローゼットもボコボコ
               これでは親しい人でも泊められません。shock

これらを解決するには大幅なリフォームか家具の買い替えか
具体的な案も出ないまま半年も経っていました。
        
*************

考えをまとめるためにも家具を決めなきゃということで
連休初日はディベッド(ソファーベッドに似たようなもの)を探しに初めてIKEA
そしたら面白くて一日嵌って他の家具屋には寄れませんでした。
12013
お目当てのディベッドは見つかったけれどベッドにした時クィーンサイズになる仕様
スペース問題は解決しそうですがツインベッドにはならないのがちょっと…
スペースを取るかベッドの使い心地を取るか…この選択に迷って家へ

日曜日は取りあえず今あるベッドを活用するために工夫
狭い部屋で動かすためのキャスターつけたりヘッドボードの邪魔な柱削ったり…
そして長年の使用でついた傷をごまかすためにペンキ塗り
ひとつ塗ったところで時間切れ 駐車場に置いて寝たら 夜半から大雨

32012_07_17_3182
翌日は雨の合間を縫ってベッドを家に入れ結局家の中の作業
ペンキ屋さんごっこが加速してボコボコのクローゼットもパテ埋めして塗り
以前作った本棚やカウンターデスクの天板も塗り塗り…ついでにパティオドアも…
豪雨で塗るところがどんどん拡大して二階は大変なことになりました。

一応クローゼットも本棚は完成して見違えたのは満足ですが
片付けどころか収集のつかないまま来週まで持ち越しになると思うとウンザリです。~coldsweats02

| | コメント (14) | トラックバック (0)

« 2012年6月 | トップページ | 2012年8月 »