« 2012年5月 | トップページ | 2012年7月 »

2012年6月

2012年6月30日 (土)

世界的な写真家にカメラを向けた…

タイトルは大げさですが、梅雨になって写真を撮ってないので
一月前の東京横浜のネタです。
帰った直後は国際薔薇とガーデニングショー②も書くつもりだったみたいですけど
何を書きたかったのか今ではさっぱりcoldsweats01
それも含めちょっと長いけど旅の写真を貼っておきます。

12015
先ずは5月18日 初めて横浜の弟の家に泊まりました。
この子は一番末っ子のなっちゃん
義妹がカラスに襲われて瀕死になっていたこの子をレスキューして家族になったそうです。
シャイな子で写真撮るのも大変なのに内弁慶で先輩犬たちにはネコパンチだそうです。
めちゃくちゃ俊敏で忍者のように高い所を飛び回っています。
後ろ姿がなくて残念ですが黒い毛が横からみるとワカメちゃんカット
何度見てもワカメちゃんカットなのにツンデレキャラで笑えます。
そんな なっちゃんに義妹はぞっこん

12012_05_19_1240

翌朝は犬たちのお散歩から
↑は長男のジェイ君御歳14歳 ペットフード会社の商品管理部長
人間で例えれば90歳?100歳?
走るのこそ早くないけど毛艶も良いしキラキラの瞳はそんなお歳に見えません。
弟はヘルシーなペット食品の会社やっていますが
この犬を見た時 効果ありそうな気がしました。coldsweats01

12014

そして真ん中はお転婆フレンチブルのドリー 同社宣伝部長
私でも重いと思う桜の枝加えてブンブン 疲れを知らない怪力娘 
こちらの体力も半端ない! 
弟のペットフード…ひょっとして凄いのかも…
いやそれ以上かも知れないのは義妹のガッツ 
熱が40度近くあっても犬たちの散歩を欠かさない人だったらしい…恐るべしcoldsweats01

その後引っ越した次男の新居を覗いて横浜を後に東京へ

12012_05_19_1269義妹が『お姉さん絶対お好きそうだから』
と連れて行ってくれた神楽坂

12012_05_19_1271_2
本当にレトロで素敵な路地裏 
Junoさんも撮られた猫ちゃんにも会ったけど塀の向こうで残念
時間があればゆっくり撮影したい…いろんな妄想が膨らむ街でした。

12013
そして向かった銀座では 憧れのフォトグラファー マイケル・ケンナ氏の写真展
たまたま計画した週にこの方が来日されていたとは!
サイン会は一番のり 遠く九州から来たと伝えると握手までして下さいました。
撮影許可も頂いてカメラを旦那様に託して、握手しながら満面の笑みで振り向いたら…
旦那様はこの写真を撮って既にカメラしまっていました。down
はぁ~  たぶん一生に一度の幸運だったと思うのに~weep
(でも世界的写真家にカメラを向けるなんて恐れ多い気持ちもわかるので仕方ないか)

12012_05_19_1281
まだまだ欲張りな夜の部はブルーノートでジャズ
ホームページによればイタリアが世界に誇るNo.1トランペッター、ファブリッツィオ・ボッソ
ぎりぎりの予約で弟夫婦と息子5人なのに4人用のボックス席で我慢
それでも5人分のチャージで少し不満もあったのですが演奏が始まるとどこへやら
知らないトランペッターだったのにそのセンスに度肝を抜かれ
私の中でジャズトランペットの概念が変わるほどデリケートかつ大胆な演奏に酔いました。
弟はCDを買いに行ったけど会場では売り切れでした。

12012_05_20_1310

そしてホテルは朝日のスカイツリーを狙おうとリクエストした東向きの上層階
のはずが入ってみると西向き
その為に上層階だったのに~と文句言いたい気持ちもあったけど
ブルーノートの余韻を壊したくないので夜景に気持ちをスイッチ
夜更けに夜景撮影してベッドへ 


そして20日締めくくりは第14回国際薔薇とガーデニングショー

112012_05_20_1451その中で一番記憶に残った花
ナニワイバラのようなスッキリしたシングルで
ダークなバーガンディレッド
黒っぽい茎

やはりバーガンディのアイスバーグと合わせていましたが本当にきりりとした姿はアイスバーグを従えた騎士のよう

この花の名前を知りたくてデザイナーさんが来るのをずっと待ちました。
そしてやっと聞いた名前は…
帰って来てから書いたはずのメモを紛失
何の為に粘ったのやら…down

デザイナーさんに苗のある店を詳しく聞いてる間に横で聞いていた方がすぐ行かれました。
結局その方が買ったのが最後だったようで
失意の私はバーガンディアイスバーグを買ってしまいました。
後で考えれば買わなくても良かったのに

残念でしたが他にも山アジサイや大輪の西洋オガタマも買えました。
12012_05_19
こうして帰る頃には両手一杯の苗
飛行機に乗る時にはこの苗たちだけ乗務員さんのお情けで
ファーストクラスのクローゼットにおさまって帰って来ました。
盛りだくさんで楽しい東京 出会ったくれた人・花たちに感謝です。

*****追記*****

ペットフードについて興味を示して下さる方がいらしたので
弟の会社のリンク貼っていいか問い合わせたところ
最近更新サボっているので恥ずかしいと…
いい歳をしてシャイなオジサンです。coldsweats01
見てみるとなるほどサボりすぎ…
近々発表する新商品の登場を機にリニューアルするそうなので
その時まだご興味ある方がいらっしゃれば
ここに貼らせていただきますね。

代わりにと言ってはナンですが
弟の会社の製品を一部扱っているショップバグースさんのリンクを置いておきます。
商品についての説明はあまりないけどご参考までに…

| | コメント (16) | トラックバック (0)

2012年6月21日 (木)

畑地性カラーの開花

112012_06_07_1648豪雨の晴れ間
庭に出て見ると
予想通りいくつかの植物は
倒れる・とける…
週末は忙しくなりそうです。

そんな中 去年買った畑地性のカラーがたくさん花をつけていました。
花の大きさは若干小さめだけど
年越しして咲くなんて凄く嬉しいhappy02

去年も梅雨の頃までは綺麗だったのに長雨の後すっかりとけてしまったと思っていたのですが…

昨年 秋 鉢をひっくり返したところ、大きな球根が出てビックリしました。

地植えの白いカラーとは古い付き合いでしたが、掘り起こしたこともないのでカラーがこんな大きな球根だったなんて初めて知りました。

そして去年買ったカラーは畑地性
以前からあったものは湿地性
カラーでも全然性質が違うことも…どうりでこれまで何度かカラフルなカラーを枯らしたわけです。

去年出会ったカラーはまだあまり普及していない ピカソ という品種 
少し斑の入った葉 クリーム色に紫が入るシックなバイカラーに惚れ込み越年は難しいと思いながらも買ったものです。

今回は、見つかった球根をうまく管理できればまた花が見れるかもとビッチリ調べました。
その甲斐あって今年は年越しの花が見られました。
来年以降も花が見たいのでメモをまとめておきます。

カラー(オランダカイウ)
サトイモ科 Araceaeオランダカイウ属  Zantedeschia
オランダカイウ(Z. aethiopica)


7104

カラーは和名では海芋」と呼ばれているそうです。
昔からある白い大型種でこれが湿地性のカラーです。
写真はオーストラリアの川のほとりで見て感動した群生lovely
これを見てカラーがますます好きになりました。

12012_06_07_3

そして畑地性のピカソ
左は去年右が今年の寄せ植えです。
赤ドラセナが不格好に背が高くなっていたので合わせてみましたが思った以上に大きくなって嬉しい誤算でした。これは先週の写真で今はもっと花数が増えています。
肥料不足か少し花がこぶりになってしまいました。

二つのカラーの違い11color_2

畑地性のカラー球根の植え方と管理

植付け適期:3月~5月
鉢は、概ね球根の直径の2~3倍で深めのものを用意する
分球する時はこの時に
上の表を参考に排水のよい新しい土を用意して充分に潅水をして水を切る
年輪のある方を上に球根を置き10cm用土を被せもう一度水遣り

412012_04_09_0345一ケ月後に新芽が出たら2回目の潅水
葉が広がってから開花までは生育期なので乾いたら水をやる 

  
右は4月9日の写真
  秋に掘り上げた球根は一部腐っていたのでよく洗い乾かして
  新しい土の中で乾き過ぎないよう軒下に入れていました。
  3月中旬に灌水を始め4月9日に芽を確認しました。 
 
  下の白いカラーの写真は同日撮影したもので、
畑地性の芽が出た日には湿地性のカラーは咲き始めていました

開花時期:5月~7月
土の表面が乾いたら灌水 追肥も適宜(暑くなったら控える)
花が萎れる頃に花首を切って種を付けささない

休眠期:10月中旬位~
翌春まで断水冬眠
又は掘りあげて、即殺菌消毒して、脱水乾燥しないように保管。
球根を掘り上げたらそのまましばらく乾燥させて、
カラカラに乾いたところで葉と根を取り除きます。
葉を取り除いた部分に来年の芽があるそうです。

312012_04_09_0344

畑地性カラーは植えてから1~2か月で花が咲いてそれから1か月間くらい次々と花が咲きます。
3月~8月位まで植える時期をずらせば長い間楽しむこともできるようですが
遅い時期に植える場合は、それまで球根を冷蔵庫に入れて芽が伸びないようするらしいです。
今年また球根が大きくなっていたら分球して時間差植えも挑戦してみたいです。

| | コメント (14) | トラックバック (0)

2012年6月 8日 (金)

アジサイコレクション2012

先週は法事で四国に行っていました。
5月6月とイベントが続きなのにギックリ腰以来PCの前で座るのが億劫で
更新が全然間に合いません。

12012_06_08_1664その間にお庭は鬱蒼としてきました。
中でも特に鬱蒼としているのがこのあたり
紫陽花のボーダーです。

去年林檎の木を抜いた時アジサイも何株かリストラして
残したのも強剪定したので
今年はこじんまりと花が咲く予定でした。

ところが!
日当たりも良くなったせいでしょうか
爆発的に大きくなっていつも以上に通路を塞ぐ結果に…
しかも強剪定で花はほとんどついてなくてcrying

今までこの場所で、こじんまり咲かせるのにかなり神経使ってきましたが、 この状態を見て順次小型の山アジサイに切り替え全ての紫陽花の見直しをすることにしました。

それでは今年は買った山アジサイ他アジサイコレクションのご紹介です。

七変化

12012_06_01_1607

前から気になっていた 七変化 すっきりしたブルーと形 これは間違いなし

伊予獅子テマリ

12012_06_06_1627

ガーデニングショーから連れ帰りました。
北九州のNさんのお庭で拝見した時はまだ花が無かったですが
ショーの山アジサイ専門店で咲いているのを見て思わず購入
満開でも5~6㎝位の小さな可愛いテマリです。
Nさんのお宅で見た大株の満開が見てみたいです。

坊ヶ鶴テマリ

12012_06_06_1615

12012_06_01_1605同じくガーデニングショーからお持ち帰り

四国に行く前と帰った後では
色も形も変わっていました。

上が行く前
左が帰ってから撮影した写真
花のつき方に特徴があります。
透明感のある美しい花です。

満開の今 テマリの大きさは8㎝

 
鉢伏せテマリ

ホームセンターで見かけて今年最初に買った山アジサイ
12012_06_08_1662_2

ネットなどで少し下調べしたはずだけど思ったようなテマリ咲きではなく
小さなテマリが何個かくっついているような花の形
まだ幼苗で花の形が不安定なのかも知れませんが全体を合わせると
普通のアジサイ位の大きさがあります。
花の色はふんわり優しい色だけに来年以降の形が気になるところです。

アナベル

12012_06_06_1630_3それから山アジサイではないけれど
秋色紫陽花やドライが楽しみでget

家に以前からあるドライになる白い紫陽花とかぶるかと今まで我慢していましたが、こうなったら買うしかないとcoldsweats01

チボリ ブルー

12012_06_08_1666_2
こちらは私的にはバイカラーが珍しい普通の紫陽花
まだ色が出ていなのでなんとも言えませんが、ブルーのバイカラーになるはず…

バイカラーのアジサイⅡ

112013

お花屋さんの店先で既にくたびれていた見切り品だったけど
青と紫のグラデーション+白のピコティ 色に魅かれて切り花と割り切って購入
テーブルを飾った後は強剪定して植え替え今は茎だけ
かなり根腐れしていたので復活できるか未知数
来年チボリとバイカラーの共演になればなぁ…と期待しています。

こんなに増えた紫陽花たち
我が家の厳しい地面獲得競争に残るのはどれか
来年が楽しみです。

| | コメント (12) | トラックバック (0)

« 2012年5月 | トップページ | 2012年7月 »