« お口が開かないYO | トップページ | アジサイコレクション2012 »

2012年5月30日 (水)

カラス~何故鳴くの?

最近お庭に出ると会話ができない位カラスがウルサイ
ここ数日は 通りがかりの人が足を止めるほどの大騒ぎ
こんなに烏に囲まれて暮らしている我が家はまるでドラキュラハウスみたいです。
最初は烏が何かいいものを狙っているのか…と思っていましたが…
12012_05_28_1566
とにかく我が家を取り囲むように多い時で七・八羽騒いでいて
その数は増減しても一日中やたら鳴くので不気味でした。

土曜日の朝 その原因がこんなところに潜んでいました。

12012_05_29_1578

烏の子供がこの鉢を並べたテーブルの下に入り込んで出られなくなっていたようです。
旦那様は怖がって暴れる子ガラスと大奮闘の末
ようやくこの鉢の林からレスキューして家の外に出したのですが、

怪我をしたのか足はひきずっているし、飛ばないし家からなかなか離れません。

12012_05_28_1534親と見られる二羽の烏は狂ったように叫んでいます。
それに反応して周辺の烏も大騒ぎ

でも子供は時折低く応えるだけで動こうとしません。

『おかあさ~ん ここにだから早く助けてあげてよ』

『ほら あんたも頑張っておかあさん呼んで』

『ダメダメ物陰に入ったら…』

『おかあさ~ん ここよ 見えないの!』

親子に代わる代わる声かけする私が忙しいばかりで全然ことは進展しません。
一日烏の代弁してるわけにもいかないのでその日は出掛けました。

12012_05_28_1530 翌朝も早くから大騒ぎ
また家のフェンスにいました。coldsweats02

駐車場のすぐ横のフェンスで落ちてまた怪我でもしたら厄介なので旦那様が下しました。

ところがこの子は足が悪くないようで
昨日とは違う子のようです。

この子も親が呼んでも
あまり反応せずじっとしています。

折角地面に下ろしても
よほどフェンスが気にいったのか
器用によじ登ります。

12012_05_28_1565

近づいても逃げないのでアップを撮りました。
烏の瞳はブルーなんですね~
二日間つきあったせいか情も湧いてきました。
それでも親がいくら呼んでも動こうとしないこの子をどうすることもできませんでした。

12012_05_29_1576

そして今日の舞台はまた我が家の螺旋階段
朝から晩までここでじっとしていました。
連日のことで親も疲れて声も力無くまばらになって来ました。
それでも親は見守っています。

隣の方の話によると、あの足に怪我をした子はお隣で死んでいたそうで、
お隣の奥さんが花を手向けて供養して下さったそうです

この近辺は猫も多いから目立つ場所は危険だったのかも知れませんね。
なんか責任感じて思わずお隣の奥さんに謝ってしまいました。

さて夕方旦那様が戻った頃にはこの階段の隣のヤマモモの木に座っていました。
まだ上手に飛べないようだし、どうにか地面に下ろして貰って
猫に発見される前になんとか親に連れ帰って貰おうと
今日はさらに熱心に説得しようと声かけしましたが不成立

疲れました。
烏の両親はもっと疲れています。
どうか明日は平和が親子に戻りますように

|

« お口が開かないYO | トップページ | アジサイコレクション2012 »

日々のできごと」カテゴリの記事

コメント

鳥類は、巣立ちの時が一番大変みたいですね。
1匹残らず、うまく巣立てば万々歳なのでしょうが、
毎年、ツバメや、ムクドリ等のうまく飛べない雛鳥を見かけてハラハラします。

それにしても、雛はあどけない表情ですね。
しかも瞳はブルー…しっかり観察ができましたね^^
何か食べているんでしょうかね。

早く無事にとびたってくれないと、心配ですね!

投稿: こもれび | 2012年5月30日 (水) 16時44分

あらら・・・それはオオゴトなことになっていたんですねぇ~
そのまま早くとびたって欲しいですね。
我が家も昔巣から落ちていた、ひよどりを育てたことあります。
結局足を折って天国に・・・

投稿: ともっち | 2012年5月30日 (水) 20時43分

こもれびさんへ

今日は久々に静かでした。
あの雛が無事戻れたのか気になってしかたがありません。

こもれびさんの所は近くでいろんな鳥が見られるのですね
我が家は街中なのでスズメと烏くらいしか見られませんが
何年か前スズメが我が家に巣を作って雛が落ちてきたことがあります。
やはり巣立ちは難しいんですね

烏の瞳がブルーだったなんて今回初めて知りました。
真黒だから普段なかなか表情が見えませんが
お顔を見ると可愛いですね。

投稿: tearose | 2012年5月30日 (水) 21時36分

ともっちさんへ

ひよどりを育てていたのですか?
野生のものは世話をしたくても
向こうが警戒しているから難しいですね
我が家で怪我をした子が死んだと聞いただけでショックでしたが
世話をした子が死んだらもっとショックでしょうね

投稿: tearose | 2012年5月30日 (水) 21時40分

おはようございます。
カラスはともすれば敬遠しがちですが、雛鳥また別ですね。
何でも小さいものは愛らしいです。
それにしてもお隣さんで亡くなってた雛は可哀そうなことですが、
親も手は出さないのですね。
厳しいと言えばそうでですが、そうでなければ生き残れないのでしょうか・・
ちょっと考えさせられました。
話は違いますが、私がいろいろ教わってるカメラの先生と今度こもれびさんに出かけてレッスンがあるんですよ。
楽しみですhappy01

投稿: Happyばあば | 2012年5月31日 (木) 06時47分

Happyさんへ

朝型のHappyさんとはかなり時差がありますね
今日は烏が久々に静かでした。
ちょうどお向かいの奥様と烏の話題になって聞くと
あの親子はお向かいの木に巣を作っていたそうです。
4羽孵った雛のうち一羽はすぐ猫にやられたそうです。
それを見た兄弟たちが家の茂みに隠れていたかったのかも知れませんね。
他にお隣で亡くなった子もいましたから残り二羽
無事でいてくれるといいのですが…

ところで こもれびさんってここのブログに書き込みして下さっている方のことですか?
そんなわけ…ないですよね(^_^;)
それにしてもHappyさんはカメラも習われているのですね
いろんなことに興味を持たれて引き出しがたくさんありますね

投稿: tearose | 2012年5月31日 (木) 23時50分

tearoseさん、私の早とちりですねcoldsweats01
こもれびさんというお名前があったので、てっきりそうかと思ったのですが。
早良区の方でこもれびガーデンさんと言って毎月一度オープンガーデンなさってる方がいらっしゃるんです。
色んな催しもされてるのですが、そこの専属(?)カメラマンをなさってるmokaさんという方が私たち素人にカメラの初歩を教えて下さるんです。
3回目かな??
食事につられて~というのもあるんですけど・・happy01
笑われそうな事でも聞けるので楽しみにしてるんです。

投稿: Happyばあば | 2012年6月 1日 (金) 06時46分

自然界は厳しいですね
tearoseさんのお宅を仮の宿にしていた子ガラスは
無事に飛び立っていったんでしょうか
無事でいてくれるといいですね ☆☆☆

カラスの青い目、私もビックリ!!

投稿: OGC | 2012年6月 1日 (金) 10時20分

Happyさんへ

あ~あhappy01
あのこもれびガーデンさんでしたか
毎月イベントされているのですね
私も一度覗いてみたいです。
カメラの教室も楽しそうですね

投稿: tearose | 2012年6月 1日 (金) 14時03分

OGCさんへ

カラスはあまり好きではなかったのですが
やはり子供は可愛いですね
もうだいぶ大きいのにまだ飛ぶのが下手で

青い目は私もあんなに近づくことがなかったら気付かなかったと思います。
親も青い目なんでしょうか

投稿: tearose | 2012年6月 1日 (金) 14時06分

カラス騒動、大変でしたね。
あのカラスにも、親の情というものがあるんだ・・・と
お勉強になりました。
それにしても、雛たちはどうしてこうも親に従わないのでしょう。
雛カラスって、頭がふさふさした感じで可愛いですね。
仔犬の毛もこんな感じなんですよ。
カラスの目の色にもびっくりです。
それに、7~8羽で鳴いている、というのは
「カラス・ファミリー」というものがあるのですね。
面白いです~。

バラとガーデニングショウ、近いようで遠いのです~。
それに、近隣でも美しいバラが咲き誇っている時期なので、
迷いつつ、結局行かないことになってしまうのです。
こういう機会にお会いできたら楽しいだろうな♪と私も思いました^^

投稿: juno* | 2012年6月 1日 (金) 18時39分

Junoさんへ

普段カラスに関心を寄せることは無かったのですが、
いろいろ関わってみればカラスの事情もあるのだなと思いました。
私もあんまり親ガラスが騒ぐので
何て聞き分けの無い子供なんだと思っていましたが
我が家の周囲は猫たちのテリトリーでもあり、上手に飛べない子供にとっては
とても怖かったのかも知れませんね。
お向かいさんに巣立ってすぐ一羽やられたと伺って、
巣に戻りたくても戻れない、飛ぶ練習しようにも猫が怖い…
そんな状況だったのかもと騒ぎが収まってから思いました。
次はもっと子育てし易い場所に巣を作って欲しいですね。

コガラスのフサフサ可愛いですよね
ワンちゃんはもっと好きだから
触らずにはいられないでしょうね(^-^)

投稿: tearose | 2012年6月 1日 (金) 21時00分

カラスも集団でたむろしていると怖いですね!
私は中学の頃、伝書鳩を飼っていたので、鳥には親近感を感じますが
やはりカラスはちょっと苦手かな!
昨日も一九会ゴルフでゴルフをしていた時に、カートから全員が離れている隙に
カートの中に置いていた饅頭をカラスに取られました!憎らしいカラスでした!
青い目のカラスはヨーロッパ系の血統なのでしょうかね?ちょっと可愛いですね。

投稿: shinobueakira | 2012年6月 4日 (月) 12時21分

shinobueakiraさんへ

伝書鳩を飼っておられたのですか?
いろいろ訓練とかされたのですか?
鳥でも犬でも人間になつくものは可愛いですが
やはり烏は人間には脅威ですね
お饅頭とられたとあっては憎らしいのもわかります。coldsweats01
今度の騒ぎは私も大迷惑でしたが自然の厳しさを知る機会になりました。
烏のブルーの瞳も忘れられない思い出になりました。

投稿: tearose | 2012年6月 4日 (月) 22時04分

お元気ですか?
腰は もうよくなられましたか?
カラスも元気に巣立ったでしょうか?
私もツバメを育てた事があります。
よく懐いて とてもかわいかったのですが
他の兄弟が巣立ちの時 離してやったのですが
一度親から 離れた子は仲間にはもどれないのですね。
亡骸をみつけて オイオイ泣いてしまいました。

投稿: ニコニコおかみ | 2012年6月 5日 (火) 10時36分

ニコニコおかみさんへ

お陰さまで腰も少しずつ良くなっていますが
長時間同じ姿勢をすると固まるのであまりPCの前にも座らないようにしています。

おかみさんは燕を育てたのですね。
優しいおかみさんが亡骸を目にしてどんなに嘆かれたかわかる気がします。
人の傍で暮らす動物たちは
自然の中とはまた違うリスクがあるのですね
私も早く親に見つけてほしくて通りに子供を出して貰ったのですが
それが良いのか悪いのか今となってはわかりません。

投稿: tearose | 2012年6月 6日 (水) 10時50分

あらら!
そんな大変なことがあったのですね。
動物好きなもので、思わず反応してしまいました。
我が家も、中庭にヒヨドリが巣を作って
雛が落ちてしまって、大慌てしたことがありますが
そのことを思い出してしまいました。

足を怪我してしまったカラスの雛、亡くなってしまったとは
かわいそうなことでしたね。
ニコニコおかみさんの育てたツバメの子も
結局亡くなってしまったとは、なんてかわいそうな・・・。
自然って厳しいものですね (゚ーÅ) ホロリ

そして、子猫はカラスにやられると聞いたことがありますが
反対に、子ガラスは猫にやられるんですね(@@;)
自然ってほんとうに厳しいんだなぁと、思い知らされます。

すっかりtearoseさんちが気に入ってしまったように見える子ガラスちゃん
無事お母さんのところに飛び立てたでしょうか?

そうそう!
子猫も、小さい内は目がブルーの子がいますが
(って、ゼンちゃんたち兄弟は、みんなブルーでした。)
大きくなったら、違う色になったりするのですよ。
きっと、カラスも、大人になったら親鳥と同じ色に
変わるのかもしれませんね。

投稿: みー | 2012年6月11日 (月) 22時52分

みーさんへ

お忙しいのにコメントありがとうございます。
街の中に住んでいると
庭の植物には目がいっても
おなじ街でうまく生き抜いている鳥や動物たちにはなかなか目がいきません。
今度のことは身近な自然を知る良い機会になりました。
今まで烏=迷惑な鳥もしくは加害者 という視点しか無かったことに気付きました。
猫も烏もみんなそれぞれの立場で必死で生きているんですね
烏を通して短い間ではありましたがそういう立場の違いを知りました。

烏の青い目は赤ちゃんだからなのでしょうか
アップで烏を見たことなかったのでとても驚きました。

投稿: tearose | 2012年6月15日 (金) 01時05分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/172033/45461225

この記事へのトラックバック一覧です: カラス~何故鳴くの?:

« お口が開かないYO | トップページ | アジサイコレクション2012 »