« 京都女子旅① | トップページ | 事故…モッコウバラの剪定 »

2011年12月 2日 (金)

京都女子旅②

さて女子旅二日目の記録です。
なんだか楽しくて眠れなかった京都の夜
眠れなくても楽しいことがあると動けるものですね。coldsweats01
二日目も朝からたっぷり歩きましたよ~

朝はお寺の開門と同時に大徳寺へ
大徳寺には22の塔頭(たっちゅう、本山寺院の境内周辺にある関連寺院)が
あるそうですが、案内して下さったFさんに従ってお庭の綺麗な3カ所をまわりました。

Img_8024
入るとすぐ秀吉と利休の逸話の残る三門

Img_8025_2  そして Zen garden の立て札に惹かれて大仙院

朝早く私たちが最初だったからでしょうか、お寺の方が丁寧に案内して下さいました。

有名な枯山水庭園を案内しながら利休と縁の深いお寺であることや歴代の有名な和尚さんの話を聞かせて頂いたり、日本最古の「床の間」を見せて頂いたり
また禅語の解説を聞いて、なるほど~と感心したりしていると
最後は前のご住職で今は閑栖(かんせい. 隠居した禅僧)と呼ばれている尾関宗園さんの著書を売っている所に案内されました。
著書は見たことがありましたので、それぞれ本を買って尾関宗園さんのお話を聞きながら、サインを頂きました。
それが面白くて禅僧とは思えない気さくな方でユーモアたっぷり…楽しい思い出になりました。

撮影は出来ませんでしたので門のところの紅葉だけです。

Img_80291
その後は加賀 前田家ゆかりの芳春院
こちらのお庭も枯山水 石のひとつひとつに意味があることを解説で聞きました。
丁度 今放送されていてはまっている “花嫁のれん”のおかみさんが敬愛する おまつさま ゆかりの品も見られて興味深かったです。

Img_80491

そして最後は細川家の高桐院
こちらは入り口から竹を背景に落ち着いた庭になって
今まで見た庭とは全然違う趣になっていました。
こちらは紅葉もきれいで木が好きな私にはとても好もしい庭でした。

Img_8062 朝早くからお庭巡りしてお腹もすいたので大徳寺近くのお茶やさんであぶり餅を頂きました。
まるで時代劇に出てくるような茶店で楽しかったです。
お腹空いていたのでピンぼけです。

それから遅いお昼までの間は町屋を巡ったり
和装小物のお店を覗いたり
お茶をしているHさんにもいろんなことを教わりました。
お昼にはお洒落なお店で京料理の食べ納めでした。

私はお茶もお花もしていないし、和服も着られない
およそ京都に相応しくない人間だと自覚していました。
なので京都は敷居の高い場所のような気がしていましたが
趣味豊な友人たちのお陰でそんなお店を巡る 楽しさも教えて頂いて、より深く和文化に触れる旅ができました。

そしてしきりに思い出したのは四十代五十代…
今の私の年代の頃…ほとんどを着物で過していた母のこと
そして和風庭園と骨董に囲まれて暮らしていた完全な和風趣味だった母方の祖父のこと
私もそろそろ和箪笥に眠った着物を手に取ってみようかと思いました。

Img_0054_2 京都にいるときはどこへ行っても煌びやかな歴史上の人物の名前が次々出て、感じ入る余裕もありませんでしたが、帰ってブログを書くうちに少しずつ京都が近づきました。

こんな楽しい女子旅を企画して下さったFさんいろいろ教えて下さったOさんHさんに感謝です。

写真は町家のカフェの前に生けてあった花
古い町家とモダンな花材を大胆にあしらったしつらえが新鮮でした。
また、少し成長して訪れたい街です。

|

« 京都女子旅① | トップページ | 事故…モッコウバラの剪定 »

おでかけ」カテゴリの記事

コメント

京都の庭園の紅葉は綺麗ですね、撮影技術も良いからでしょうが好い感じです。
tearoseさんのお母様は純和風な方だったようですね、折角のお着物着ないと
勿体無いですね。
着物も似合うと思いますよ。
息子さんのお嫁さんにも、着物を着せてあげたいですね。

投稿: shinobueakira | 2011年12月 2日 (金) 03時26分

女子旅をしたことなかったとのこと。
これに味をしめて度々行かれるのではないでしょうか?
いいですよねぇ~京都。
単身赴任で主人が大阪にいた時
京都奈良へ行ったことがあります。
丁度桜の時期でした。
次は春に是非・・・

投稿: ともっち | 2011年12月 2日 (金) 20時47分

女子旅、良かったですね。
こんな素敵な旅行を計画してくれるお友達を持って
tearoseさん、お幸せ~!

わたしの母も、小さい頃は着物をよく着ていました。
父も・・・(^^;)
母は京都の人で、着物が好きだったんですよ。
たくさんあった着物を処分するのは寂しかったですが
みなさんに貰っていただけたので良かったです。
わたしは、なかなか着物を着る気持ちの余裕がなくて
ダメですね。

投稿: みー | 2011年12月 2日 (金) 23時24分

shinobueakiraさんへ

高桐院の紅葉はちょうど良い感じで良かったです。
全ての場所が丁度良いわけではないので今回はこれで充分だと思いました。

母はいつからか急に着物で過すようになり
掃除も洗濯も全部着物でこなしていました。
その娘なのに自分で着ることもできないなんて恥ずかしいです。
もう少し身の回りが整理できたら着られるようになりたいです。

投稿: tearose | 2011年12月 3日 (土) 20時44分

ともっちさんへ

去年のハウステンボスから二度目の旅です。
でも前はハウステンボスの中だけでしたから
あまり旅らしい旅とは言えませんでした。
京都は女子旅にぴったりの場所ですね~
春も良さそうです。
最初に行った毘沙門堂には大きなシダレザクラがあって
是非また春に行きたいと思いました。

投稿: tearose | 2011年12月 3日 (土) 20時57分

みーさんへ

女子旅本当に楽しい時間でした。
>こんな素敵な旅行を計画してくれるお友達を持って
tearoseさん、お幸せ~!
本当にそうですね。感謝感謝です。

みーさんのお母様は京都の方でしたか
それは和服の似合われる方だったのでしょうね
和服は着慣れない私たちにはとても難しく思いますが
一度着はじめるとそうでもないのでしょうか…
私も同じく余裕がなくて和服を着るなんて考えたこともないのですが
そろそろそういう余裕を持ちたいと思うようになりました。

投稿: tearose | 2011年12月 3日 (土) 21時04分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/172033/43208392

この記事へのトラックバック一覧です: 京都女子旅②:

« 京都女子旅① | トップページ | 事故…モッコウバラの剪定 »