« クリスマスは誰かの為に | トップページ | 2012年久々の年賀状 »

2011年12月31日 (土)

2011年…絆の年

今年も後数時間となりました。
大震災のあった年として記憶に残る年になりました。
困難な状況の中で大切にしたいもの…絆が今年を象徴する漢字となりました。

我が家でも大きな変化がたくさんありました。
そんな中で新しい絆ができたり古い絆が強くなったのを感じたり
時にはあるはずの絆が見えなくなったと感じたこともありました。

伯母がいない初めて迎えた新年
新しい家族が我が家にやって来ました。
長男の婚約者さんです。

Img_26601
私はまだ伯母を失った悲しみの中に心は佇んでいたけれど
長男夫婦の新居のリフォームや写真展の準備で目まぐるしい日々が
お正月早々から始まりました。
一月の写真展では古いお友達も含め大勢の方々に来て頂いて感激でした。
また作品作りの段階から同じ教室の先生や若い作家さんたちからいろんな技術を学びました。
お家に泊まって貰ったり、ハウステンボスで撮影したり
刺激しあえる仲間との絆が深まって嬉しい一年でした。
また他のフォトサークルのお仲間とも少しずつ親しくなれている気がします。
年末にはブログを通じて知り合った作家さんにもポストカードを頂いたり
写真を通じていろんな方との絆が繋がった一年になりました。

Img_3617b1 しばらく空き家にだった伯母の家は1月~3月にリフォームしました。
飛行機で行ったり来たりしながらのリフォームは大変でしたが
若夫婦と子猫のクッキーが住人になってくれて
古い空き家が息を吹き返したのを見るのは感慨深いことでした。
六月には伯母の一周忌をその家ですることが出来て嬉しかったです。

オープンガーデンは未曾有の災害の後で正直そんな気になれそうにありませんでしたが、緑を通じて元気を届けよう…という会の趣旨に沿って参加しました。
私なりに亡くなった方への追悼の意味も込めて白い花をを中心にしたお庭にしました。
我が家はオープン十周年でしたが派手な飾りはぜずゲストに記念のポストカードを配りました。
いつもお庭のお茶だしを手伝って下さる友人が記念のランチも作って下さって
リピーターさんたちと分かち合い本当に嬉しい十周年になりました。

P91801272
夏にはオーストラリアで結婚する長男の結婚式の準備で忙しかったのですが
病気の治療がうまく行かず体調不良でようやく9月の結婚式に行くことができました。
彼女のご家族にお会いできたことや結婚式は良かったのですが
久々の海外旅行やいろんな緊張もあって10月は休養の一ヶ月になりました。

11月は復活しでスモークパーティや京都女子会
ご近所の方たちと楽しい時を過ごせました。
初めての経験ばかりでとても楽しかったです。

12月は事故をおこしてしまいました。
いくら気を付けていても避けられない事故もあることを知ってショックでした。
でも友人宅のクリスマスパーティにお呼ばれしたり楽しいこともあって
年末は穏やかな気分で過すことができています。

Img_80301
今年は悲喜交々 波瀾万丈というか
嬉しいこと悲しいことがどちらも極端な一年だったように思います。
辛い時苦しい時を支えてくれたのは旦那さんや
心優しい友人たちそして趣味の仲間たち
そしてブログにコメント残して下さるブロガーさんたちとの絆でした。

本当に2011年は言葉で言い尽くせないほど支えて下さった人への
感謝の気持ちで一杯です。
ありがとうございました。

今回はこの一年を忘れないための記事なのでコメント欄はありません。

|

« クリスマスは誰かの為に | トップページ | 2012年久々の年賀状 »

日々のできごと」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/172033/43566434

この記事へのトラックバック一覧です: 2011年…絆の年:

« クリスマスは誰かの為に | トップページ | 2012年久々の年賀状 »