« 十周年を終えて | トップページ | バラに酔いしれて① »

2011年5月25日 (水)

ふたつの花展

しばらくはオープンガーデンの他にもお花のイベントが多くて目の回る忙しさです。
今日はこれから行きたい二つの花展のご案内です。

東日本大震災 復興チャリティー茶花展
『夏めく花』

ひとつめは
オープンガーデンにも飾っていた茶花展のお知らせです。
は一昨年の秋のことでした。
今回は春の花ということでまた違った風情が楽しめそうです。

この茶花との出会いもオープンガーデンに来られたお客さまから頂きました。
アレンジメントしかやったことのない私にはカルチャーショックでした。

Img_2
アレンジメントが植物を使った造形的装飾的なデザインだとすれば
茶花は植物の自然な姿を美しく表現するような花だと思いました。
ナチュラルガーデンを目指す私には凄く刺激になります。
難しいけれど、いつか庭の一部には茶花的な要素も欲しいと思っています。
今度も沢山吸収してきたいと思っています。

*******************************************************

もうひとつは以前お世話になっていた マルシェ・ドゥ・フルールの花展

プリザーブドフラワー展

日時:6月11日~7月3日まで、
場所:福岡県県青少年科学館

『花を科学する』というテーマで、プリザーブドフラワーをテーマに行われるそうです。
もうすっかり生活に馴染んだプリザーブドフラワーを科学的にも芸術的にも楽しめる催し物のようです。内容は

①実験コーナー 科学館によるプリザーブドができるまでの実験
②展示コーナー プリザーブドを使った作品展 
       (マルシエの生徒作品展、100展程)
日本フラワーデザイン大賞2011の大賞に輝いた井上 博登さん
  によるデモンストレーション
  6月19日1時から、5点程作成
④ワークショップ 子供達を対象にした、アレンジ体験教室 
  7回実施で105名の参加を募るそうです。

特に井上さんのデモンストレーションは面白そうですね。
しばらくアレンジメントを習っていましたが、植物の配色
塊で植えるときの配置や比率など無意識のうちに庭造りにも習ったことが生かされています。

|

« 十周年を終えて | トップページ | バラに酔いしれて① »

イベント」カテゴリの記事

コメント

花もまた色んな表現方法があって
それぞれに花のよさを上手く出していますね。
これからもどんどん吸収されてお庭にいかして
弟子にもご指導くださいm(__)m

投稿: ともっち | 2011年5月25日 (水) 10時54分

お勧めの『夏めく花』、さくらさん、まゆみんママさんと日曜日に行こうと言っています
茶花と聞いただけで、レーダーが反応します
とっても楽しみにしています ♪
『花を科学する』,子どもたちの目にはどう映るのでしょうか
青少年科学館でブリーザードフラワー展というのも面白い試みですね ^^

投稿: OGC | 2011年5月25日 (水) 15時46分

わたしも、茶花は、目からうろこ、カルチャーショックな世界です。
日本の美意識ってすごいですよね。
茶花のある庭、そんなコーナー作りたいですね。
てんこ盛りの生け花から、植物の姿を生かすシンプルな茶花は
庭づくりにも参考になるような気がします。

ブリザードフラワーは、わたしも作り方を見てみたいです。
子どもたちも、喜ぶでしょうね。

投稿: みー | 2011年5月25日 (水) 17時31分

ともっちさんへ

自分で吸収しなきゃダメよ~coldsweats01
な~んて ともっちさんの植物に対する情報収集の熱心さには
日々驚いています。
揃った花材をどう生かすか
これからお庭造りも面白いところですね
応援していますよ~

投稿: tearose | 2011年5月26日 (木) 00時14分

OGCさんへ

まぁ!見に行かれるのですね
絶対感動すると思いますよ
私もようやくこういう花の良さがわかり始めましたが
感性の豊かなお三人ならきっと楽しんで頂けると思います。
私も日曜と思っていますのでお会いできるといいですね

投稿: tearose | 2011年5月26日 (木) 00時18分

みーさんへ

みーさんも茶花はカルチャーショックですか?
みーさんのお庭は私から見るととても整理されていて
洗練されているので感覚的には近いような気がします。
私もお庭に関しては集めるだけ集めたものを
どう整理してそれぞれを美しく見える背景や組み合わせを考えるか
なかなか答えの出ない課題です。
みーさんの前花壇も参考にさせて頂いています。

プリザーブド…一度だけ自分で作ったことあるけど面白いです。
ただいろんな薬品が必要なので大変だと思いました。
薔薇や紫陽花は売っていますけど葉物が自分で出来るなら
手間をかける価値があるかも…と思いました。

投稿: tearose | 2011年5月26日 (木) 00時28分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/172033/40043607

この記事へのトラックバック一覧です: ふたつの花展:

« 十周年を終えて | トップページ | バラに酔いしれて① »