« バラに酔いしれて① | トップページ | バラに酔いしれて② »

2011年5月30日 (月)

茶花でクールダウン

豪華絢爛な薔薇でのぼせた頭を今日は茶花でクールダウンしてきました。
前に一度秋の展示会に行きましたが
今年は夏の花ということで涼しげなお花を堪能してきました。

今回はオープンガーデンをお手伝いして下さったOさんとHさん
お二人が出品されるということで,私の庭から植物を提供させて頂きました。
我が家の植物たちが茶花としてどんな表情をみせてくれるかが楽しみです。

Img_59602

こちらは先生の大きな作品です。
いろんな事情で全体の写真はうまく撮れなくて残念でしたが
華やかな中にも落ち着きがあって素敵でいつまでも見ていたいようなお花でした。
この花の飾っているお部屋で頂いたお抹茶は格別でした。
1_3 

これはHさんの作品
テマリカンボクと咲き始めた白万重
クレマチスも茶花にするとなんて風情があるのでしょうか

2011_05_292_2

そしてこちらはOさんの作品
我が家のフェンスで色付きかけたボイセンベリーがおとなしく収まっています。
暴れん坊の銅葉こでまりディアボロも今日ばかりは優しくベリーをエスコートしていますねwink

素敵な作品ばかりで沢山写真撮りましたが室内で暗かったり
角度が悪かったり、なかなか撮れませんでした。
でも今回の茶花展で使われている花材の多くが我が家にもありました。
生ける技術さえあれば庭のお花で年中楽しめるのにと思いました。

2011_05_2911_2 

そしてこちらが体験コーナーで作らせて頂いた作品
右が私左がともっちさん
作品といっても私たちはお花を選んだだけで
ほとんど先生のおっしゃるままに入れたものです。coldsweats01

でもこの会場で茶花を生けているだけで幸せでした。

帰りは出品者のお二人に差し入れをされたFさんに
私たちまでお弁当を頂きました。
茶花展の会場で長居をしすぎてお昼がずいぶんな時間になっちゃいましたが
茶花の清々しい美しさとFさんのヘルシーなお弁当で身も心も清らかになれた一日でした。

|

« バラに酔いしれて① | トップページ | バラに酔いしれて② »

植物で楽しむ」カテゴリの記事

コメント

すてきですねー。
日本画にしても書にしても「和」のものには、
空間の美というか、なにもないところの美しさや絶妙なバランスがあって、
そこに惹かれます。

茶花も同じですね。
フラワーアレンジのように、いっぱい挿さなくても、
空間が活きてます。

投稿: kiku | 2011年5月30日 (月) 19時23分

先日の豪華絢爛のバラ
甘い香りが 画面を通してこちらまで匂い立つ様でしたが
今回は「静」の世界ですね。
豪華な花も美しいですが こうした茶花も
互いを引き立てながら ちゃんとそれぞれの魅力を
自己主張して 存在感を示していますね。
日本の美のすばらしさを感じます。

 

投稿: ニコニコおかみ | 2011年5月31日 (火) 00時58分

おはようございます。
ハウステンボスへ2日連続行かれたことにも驚きましたが
今回も雨の中行かれたのですね。
私も行ってみたかったのですが・・rainrain

20年ほど前、仕事の合間に茶花を習ってた時期がありました。
茶花は静かな中にも存在感があって、大好きです。

限られた花や枝葉で表現するのがとても新鮮だったのですが
なかなか一人でやってみようと思うと、むずかしいものですね。
何気なくこういう生け方ができるといいですね~

投稿: Happyばあば | 2011年5月31日 (火) 06時57分

お勧めの茶花展に私たち3人も行ってきました
素敵な時間を過ごさせていただきました
ありがとうございました

何気なく生けられたお花のようですが
簡素であればあるほど難しいものですね

投稿: OGC | 2011年5月31日 (火) 11時18分

こんにちは。
トップにアジサイのお写真ー!
まだまだ、こんなに色づいたアジサイは見られないので、
思わず見入ってしまいました。
爽やかで素敵に活けられていて、どの作品も
素晴らしいですね。

そして、前回ご紹介のハウステンボスも、
薔薇が見事に咲いていますね!
これだけ立派な薔薇に囲まれて、撮影をしていたら、
私もすっかりのぼせてしまいそうです。

投稿: juno* | 2011年5月31日 (火) 19時25分

kikuさんへ

生活が洋風になってしまって
和室もない家が増えた今
こういう花に出会うとハッとします。
こんな空間をいかせる花に出会っても
生活の中に余白がない…物に埋もれる貧しさを自覚しました。
早くkikuさんのように整理上手になりたいです。

投稿: tearose | 2011年5月31日 (火) 20時34分

ニコニコおかみさんへ

そうですね こういうお花を見ると心が静かになります。
朝庭の花を摘んでさっと活けて部屋を飾る…
そんな日常に憧れるけど、できそうでなかなかできないものですね
ニコニコおかみさんの篠笛の練習されるお宅には
こんなお花がぴったりきそうです。

投稿: tearose | 2011年5月31日 (火) 20時39分

Happyばあばさんへ

花の季節が移り変わってようやく我が家も日常が戻りつつあります。
Happyさんも茶花を習っておられたことがあるのですか?

>限られた花や枝葉で表現するのがとても新鮮

本当にそうですね。
体験させて頂いて無駄なものがどんどんそぎ落とされて
美しくなるのがわかりました。
自分でやるのは難しそうですね

投稿: tearose | 2011年5月31日 (火) 20時44分

OGCさんへ

行って下さったのですね
ありがとうございます。sign01
やはり午前中だったのですね
私たちは結局午後になってしまいましたが、もしかしたらお会いできるかも…と期待していたので残念でした。
でも今ブログ拝見して体験も十分満喫されたようで良かったです。
こんな世界もあるんだなぁ…と私たちも大いに刺激を受けました。

投稿: tearose | 2011年5月31日 (火) 20時58分

Junoさんへ

我が家のアジサイは山アジサイはもう色づいておりますが
こういう品種はまだまだです。
今回は花材で少し協力させて頂きましたが
茶花って市販の花材をほとんど使わないようなので
花材集めが大変みたいです。
作品を見ると何気なくてそんなこと感じませんが…

薔薇と茶花まったく違う美しさですが
日本にいるお陰で両方味わえるなんて良かったなぁ…て思います。
海外の素敵な写真を拝見すると羨ましくなりますが
こういう文化に触れると日本も素敵だと思います。

投稿: tearose | 2011年5月31日 (火) 21時05分

朝コメントしようとしたら出来なかったのですが?
豪華なバラの後に清楚な茶花。
結局はどちらもいいですよねぇ~
今日も庭の花をみながら「これ!使えそう~」なんて思いました。

投稿: ともっち | 2011年5月31日 (火) 21時59分

ほんと、豪華絢爛な薔薇の園から
一転「静」の世界でクールダウンですね。
落差がいいです。
茶花って、特殊な植物だと思っていましたが
花材の多くがtearoseさんのところにもあるものだったのですね。
ボイセンベリーやディアボロも茶花として使えるとは
目からうろこです。
こういう引き算の美しさは、日本人の心のような気がして
学ぶところが多いです。
ほんとに、清らかな気持ちになれそうですね。

投稿: みー | 2011年5月31日 (火) 22時33分

ともっちさんへ

朝はじかれましたか?
そんなこともあるのですね。再チャレンジありがとうございます。

いろんな出会いが刺激になりますね~
薔薇も茶花も極端に違う世界だけけれど
いろんな価値観に触れられて視野が広がりますね
好奇心旺盛なともっちさんだから視野は広がる一方ね

投稿: tearose | 2011年5月31日 (火) 23時44分

みーさんへ

落差がいいでしょう?coldsweats01
茶花は私にとって質素でありながら
薔薇よりもハイソなイメージだったのですが
今回体験させて頂いて格調高い茶席の花から
生活の花までいろいろあると教わりました。
お茶をしないとしても身近な草花を美しく生ける目的で
茶花をされる方も多いのですって
落ち着かない生活が続いている私にはまだ早いですが
いつかやってみたいなぁと思いました。
何となくブログでは派手な花の写真が多いですが
私はもともと地味な植物が好きなので
結構使えるものがあったみたいです。
憧れの茶花展で我が家の植物が飾って頂けるなんて嬉しかったです。

投稿: tearose | 2011年5月31日 (火) 23時54分

茶花も好いですね!
竹の花器も作ったりしますが、こんな風に花を生けると好いんですね!
青い若い竹の花器もいいですが、飴色に輝く老いた竹も好いですね。
ボイセンベリーもこんな風な使い方が出来るんですね!
ジャムにしても美味しいし、ボイセンベリーはベリーグッドですね。
tearoseさんに元気を与えているのは、やはり花達なんですね。
最近のブログを見ていると、弾けるような元気を感じますよ!

投稿: shinobueakira | 2011年6月 1日 (水) 05時41分

shinobueakiraさんへ

篠笛やお箸だけでなく花器も作られるのですね
今回の茶花展でも竹の素晴らしい器が使われていました。
高価な花器でなくてもセンスがあれば
花も器も生きるのだなぁと思いました。
茶花は構成要素が少ないですから
アレンジメント以上に器との釣り合いを考えるのかも知れませんね。
shinobueさんも是非 自作の花器を活用されて下さい。

ボイセンベリーも色付いてそろそろ収穫が始まります。
花や実が楽しめる今の時期は楽しいです。
いつも梅雨と重なるので収穫し損ねないようしたいです。

投稿: tearose | 2011年6月 1日 (水) 18時09分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/172033/40186919

この記事へのトラックバック一覧です: 茶花でクールダウン:

« バラに酔いしれて① | トップページ | バラに酔いしれて② »