« 親バカ続編 | トップページ | クレマチス マクロペタラ »

2011年4月19日 (火)

ケマン草

今年は大好きな鯛釣り草の調子がい~いんです。happy01
以前の記事でも書きましたがこの鯛釣り草は何度か駄目にしました。
でも今日ステムを数えたら小さな物も含めて8本sign01
これはこの庭では初めての快挙です。

Img_43281
祖母の庭で見た大株と比べるとたいしたことはないけれど
記念にもう一度写真をのせます。
そして来年も出て来て欲しいから少し調べました。

鯛釣り草(ケマン草)
ケシ科  コマクサ属  ケマンソウ
Loganiaceae Dicentra  D. spectabilis
英名 bleedingheart

Img_4298
和名がおめでたい鯛釣り草なのに
英名が血を流す心臓って…対照的
我が家のように白花だとピンときませんが花の形から連想した名前でしょうか…
Img_43561暑さと強い乾燥に弱い…この辺が我が家で越年しない原因かもしれません
芽が吹いてくるのは3月
寒くなると冬場は葉もなくなり休眠
でも乾かしすぎるといけないらしいので
マークが必要です。
肥料は芽出しの3月と花後の7月
我が家はバラの傍なので
肥料はそのおこぼれで充分かな

ムラサキケマンCorydalis incisa
ケマンソウ科 キケマン属
Fumariaceae  Corydalis  C. incisa

Img_4312
こちらは植えた覚えもないのに
我が家で大増殖中のムラサキケマン
最初は一株だったのに今年で3年目大増殖

そしてムラサキケマンと花がそっくりな
園芸種チャイナブルー
こちらはオープンガーデンのお師匠さんMさんのお庭で初めて見た時から、
憧れの花Mさんの庭では大木の下に広がっていますが我が家ではすぐ消えます。
Img_14582
ムラサキケマンが野草化するのにこちらは夏にいつもなくなってしまう
それでもこの透明感のあるブルーが好きで何度となく買ってしまいます。
これは去年の最盛期
今年もこんなに咲いてくれるでしょうか

チャイナブルー
ケマンソウ科 キケマン属
Fumariaceae  Corydalis flexuosa 'China Blue'

やはりこちらも暑さと乾燥対策がポイント
半日陰で軽石や鹿沼土などを多めにいれるといいらしい

 

そして最後にとっておきの写真をお見せします。
エゾエンゴサク
ケマンソウ科 キケマン属
Fumariaceae  Corydalis  C. ambigua

2011_04_14
北海道芦別市在住の写真家 河原典子さんが以前送って下さった写真
芦別市旭ヶ丘公園のエゾエンゴサクです。
山一面が青くなるほど咲くのだそうです。
今は春の雪に埋もれているそうですが
明日にでも一斉に顔を出しそうな気配だそうです。
青い花の絨毯の上を走るエゾリス…ため息が出る美しい光景です~

鯛釣り草もコリダリス(下のみっつ)も葉っぱが良く似てるしケマンと呼ばれるからには近縁種だろうと思っていたら、クロンキスト分類体系では、コマクサ属も
ケマンソウ科Fumariaceaeに分類されているそうです。
そのほうが私もしっくりくる気がします。

ケマンソウ科の植物は暑さに弱いけれど
私には何度でも挑戦したくなるほど魅力的な花です。

|

« 親バカ続編 | トップページ | クレマチス マクロペタラ »

Perennials(宿根草)」カテゴリの記事

コメント

エゾエンゴサクの花言葉は・・・妖精たちの秘密の舞踏会♡なんですね。なんてかわいいんでしょう。さわやかな風のような色をしていますね。アイスブルーにときめきました。北海道に住んでいたのに、知りませんでした。またひとつ素敵な花に出会えました。

投稿: suzuran | 2011年4月19日 (火) 01時58分

Happyさんの所で見かけた鯛釣り草は赤色でしたが、白鯛もいるんですね!
小さな白い花も可愛いですね!
我が家にも鹿児島の伊集院の友達から貰って来たスノーフレークが咲き始めました!
胡蝶蘭も順調に花を増やしてくれていますし、花達にも過ごしやすい季節になってきたんでしょうね。
デイケアの高齢者達も皆さん元気に活動しています。
花も人間も元気が出る季節なんですね!
東北地方の被災者達も元気が出てくると良いですね!!

投稿: shinobueakira | 2011年4月19日 (火) 07時23分

ケマンソウ、なんて清々しいんでしょう!
やっぱり大好きです。
去年買った黄金葉のケマンソウが生きていたと
どこかで書きましたが
あれは、お花がピンクなんですよね。
白ならいいのになぁと思います。

植えた覚えがないのに、ムラサキケマンが大増殖しているのですか?
うらやましい!
それにしても、チャイナブルーが大増殖するお庭があるなんて、すごいですね。
我が家では、絶対無理だわ。
1年鉢で咲いてくれただけでも喜びましたが
あっけなく、夏には枯れましたもの・・・(ーー;)
関西では、無理とすぐ諦めてしまいましたが
わたしも、tearoseさんを見習って、また挑戦してみたくなりました。

エゾエンゴサクの花の中に、エゾリスのいる写真
ほんとうに夢のような世界ですね。
こんな風景、一度でいいから見てみたいです。

投稿: みー | 2011年4月19日 (火) 09時32分

↓息子さん、すごいですね。
創業期に関わったプロジェクトが成功を収め
海外で認められるなんて、どんなに嬉しいでしょう!
しかも、ストップオプションをお持ちとは・・・。
買った夢が、羽ばたいたのですね。

投稿: みー | 2011年4月19日 (火) 09時39分

うちも今年は鯛釣り草の大漁です。
寒い冬が良かったのでしょうか?
白もかわいい!
エゴエンズサクとエゾリス、おとぎの世界のようです~

投稿: kiku | 2011年4月19日 (火) 19時55分

suzuranさんへ

エンゴサクの花言葉があったのですね
>妖精たちの秘密の舞踏会
なんてぴったりなんでしょう
最後の芦別の山は本当に舞踏会のようですね
青いシフォンのドレスを着た妖精たちの中に
いるエゾリスはまるでタキシードの王子様ですね。
suzuranさんの言葉はいつも夢の世界へ誘ってくれます。

投稿: tearose | 2011年4月20日 (水) 00時16分

Shinobueakiraさんへ

そう…なんです。
白鯛もいたんですよcoldsweats01
スノーフレークもそうですが
早春の花は妖精のように可憐なものが多いですね。
shinobueさんは胡蝶蘭も順調なんですか
凄いですね
私は蘭は本当に下手でいつも枯らすのですよ

今日も寒かったから被災された方のこと思うと辛いですが
花や緑を愛でられるような春が早くくるといいですね

投稿: tearose | 2011年4月20日 (水) 00時21分

みーさんへ

黄金葉のケマン草 花がピンクなんですね
>白ならいいのになぁと思います。
わかりますcoldsweats01その気持ち
シモツケのゴールドフレームも黄金葉にピンクで
私はムラサキならいいのに…って思ってしまいます。
でも黄金葉は花の無い次期本当に素敵
今年も黄金葉のゼラさんを入手しましたが
きっとピンクなんでしょうね~

エゾエンゴサクの写真素敵でしょうlovely
これが私の夢なんですよ
条件があえば九州の平地でもチャイナ・ブルーが増えるというお手本をお師匠さんが示してくれるので
懲りずにまた買ってしまいます。

それから親バカ記事にまでお付き合い下さってありがとうございました。新聞の切り抜きってすぐ無くしそうなんでここに貼ってしまいました。coldsweats02
息子がこの会社にいるときは
一緒に夢が見られて楽しかったです。 

投稿: tearose | 2011年4月20日 (水) 00時32分

kikuさんへ

鯛釣り草が大漁なんですね~coldsweats01
あはは そう言われると本当に鯛に見えそう…
今年の大量は寒さのせいなんでしょうか
二人ともバラに近いせいかと思っていたのですが
来年がどうか楽しみですね
夏の暑さに気をつけて来年も大漁狙いたいです。

写真のエゾリスは河原さんになついていて
彼女が現れるといそいそと出てポーズ決めてくれるらしいですよ
彼女は自然と対話する本物のネイチャーフォトグラファーですね。

投稿: tearose | 2011年4月20日 (水) 00時40分

こんばんは。
白い鯛釣り草は、初めてかも知れません。
白いハートが並んで踊っているようで、
可愛らしいですね!
それにしても、英名はすごいですね・・・、
名前でどことなく「損」をしているお花というのが
あると思うのですが、英名はそうですね。
エゾリスちゃん、あまりの愛らしさに、
お人形かと一瞬思ってしまいました、
北海道のお写真なのですね、ため息が出てしまうような
光景です。

バイオVB、世の中の役に立つ、すばらしいビジネスですね。
日本は、新薬の開発では遅れているように思います、
もっとたくさん開発されて、海外にも広まると
いいですよね。期待いたします♪

投稿: juno* | 2011年4月20日 (水) 00時51分

Junoさんへ

白い鯛釣り草は初めてご覧になったのですね
ピンクもいいけど白も可愛いでしょう
小さいハートに血で汚したくないですね。
英名はなんか本当に…

エゾエンゴサクの光景凄いでしょう
私は未だに北海道に行ったことないので
本当に憬れます。
もうすぐ咲くそうで、そんな話を聞くと
今すぐ飛んで行きたくなります。

>日本は、新薬の開発では遅れているように思います、
本当にそうですね。
新薬もそうですし海外の薬もなかなか承認されなくて苦しんでいる方が大勢おられるようですね
息子の今度の仕事はその承認を促進するようなことを始めるようです。うまくいくといいのですが

投稿: tearose | 2011年4月20日 (水) 21時20分

tearoseさん こんにちは。
エゾエンゴサクとても素敵ですね。
私も好きで育てていたのですが、とっても難しいですね。
何年かやっと咲いているという感じで、全然増えてくれません。

チャイナ・ブルーも地植えにしていたら解けそうになってしまいましたので、鉢上げして鉢植えで増やしています。
毎年植え替えるのがコツのようで、秋早くに根茎を植え替え、残った鉢土の中には小さなひげ根のようなものがあるので鉢の用土は捨てずに、大鉢に用土を入れて上に播くように植えておいた用土を入れておくと次の年にはそこからも沢山の芽が出て10倍くらいには増えます。
少し見えるような根茎も入れておくと次の年には咲いています。

わが家も庭植えは3年くらいで消えてしまいます。
増やしながら庭に植えると豪華になりますね。

庭植えは何度か枯れていましたので、参考になれば幸いです。

気候がこちらとは違うので参考になるかどうかわかりません。
私も大好きな花ですので、余計なおせっかいを書いてしまってごめんなさい。

投稿: wako | 2011年4月22日 (金) 23時02分

wakoさんへ

チャイナ・ブルーと上手につきあっていらっしゃるのですねhappy01
こういう情報は育てた方にしか頂けないので
本当に嬉しいです。
毎年植え替えるのがコツなのですね
秋にはやってみたいと思います。
今ふえているムラサキケマンのように
簡単にはいかないと思いますが根気よく
我が家なりの付き合い方を見つけられたと思います。
wakoさんの方法は大きなヒントになりそうです。
もう気持ちは来年の春!happy01


投稿: tearose | 2011年4月24日 (日) 22時28分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/172033/39552273

この記事へのトラックバック一覧です: ケマン草:

« 親バカ続編 | トップページ | クレマチス マクロペタラ »