« 被災者支援をどうする? | トップページ | リフォーム最終確認 »

2011年3月26日 (土)

四畳半からホビットの村へ

皆さんはロード・オブ・ザ・リングの主人公フロドの故郷が
ホビット庄だったこと覚えていますか?
先週の週末私はホビットの村へ少しだけ行ってきました。

*************************************************

このところずっと空き家のリフォームに翻弄されています。
家にいても電話やメールがひっきりなし
現場にいないでリフォームするのは本当に大変です。

イメージが違っていても現場にいれば途中で訂正できるのに
今回は出来上がった完成写真を見てから状況がわかる事が多いので、
ここは我慢できるのか出来ないのか…言い出すまでに下調べしたりして
相当考えた挙句 担当者におそるおそる変更が可能か聞かないといけなくて気を遣います。私も大変ですが状況を頻繁に報告したり出来上がってからの訂正を職人さんに言わなければならない彼女はもっと大変だろうと思います。
それでも気長にお付き合い下さる担当の方には頭が下がります。

なるべく未完成の間に一度は見ておこうと先週末は松山へ行きました。

Img_3617b1
リフォーム前は暗い4畳半の部屋の押し入れだった所を壊して
窓を開けてもらいました。
できるだけ大きくとお願いしましたが筋交いの関係でこんな窓になりました。
それでもずいぶん明るくなりましたし家の一番美しい場所になりました。

四畳半と六畳の和室を洋間にリフォームしてLDKにしました。ところが最初の仕上がりでは柱がクロスで隠れず洋間らしくなかったので、できるだけ柱を隠して貰いました。

それでも本当に隠れたのは数本です。
残った柱には長押を取り外して埋めたところがありました。それが日焼けした古い柱の中にかまぼこ板で継ぎをしたように目立ちます。

Photoこれをなんとか木目を殺さないようにペンキ屋さんに塗って貰うように頼みましたが、どんなペンキを塗るか確認して貰ったらキシラデコールとかcoldsweats01
オイルステインを室内に塗れば半年は強い臭いに悩まされることになります。
他の塗料で木目出せないかと聞いたけれど色をイメージでお任せするのは危険という話になりました。

仕方がない…と普通の人なら諦めるかもですが
『私がやるからすぐ塗装ができるよう大工さんにサンダーお願いして下さい』…と言ってしまっていました。
他に古い椅子の張り替えもしたいし、はるばる電動工具やらペンキの道具やら持って連休に出かけました。

片道8時間位になるので三連休と言っても使えるのは丸一日とちょっと
その間にいろんな打ち合わせもあるし最初からかなり無謀な計画でしたが
到着すると大工さんのサンダーはペンキが塗れるレベルではなく
また用意してきたペンキは日焼けした柱には合わないし予想外のことばかり

しかもホームセンターをまわっても使い慣れた塗料はどこにも売ってないし
サンダーや塗料も一からやり直しだったので椅子の張り替えどころじゃなくなりました。
綺麗に美装したお部屋を養生して私が打ち合わせしてる間に旦那様がサンダーかけてくれて、埃だらけの部屋を掃除して、それから色を調合して→試し塗り→二度塗り→そしてクリア塗装を二度
早起きをして夜も遅くまで頑張って二日でようやくそこまでやって帰りました。
苦心の作をご披露したいところですが写真撮る余裕もなかったのでそれは次回Img_3624

…そうそうタイトルの [四畳半からホビットの村へ]
説明してませんでしたね

お察しの通り四畳半だったところの窓から見える凄く素敵な畑のことです。
窓が無いときはあまり注目されてなかったのですが
ペンキ塗りの途中差し入れに来てくれた妹の旦那様がこの窓の風景を見て
『うわぁ!!ホビットの村だ』と叫びました。
その旦那様はエルフ役のオーランド・ブルームにちょっと似ていたりして
『エルフが言うなら本当ね』などと言いながらペンキを塗っていたのですが
彼がiphoneのジオラマ風ソフトで写真撮って見せてくれました。
それは本当にホビットの村のように見えてビックリしました。
写真どころではなかったのですが大急ぎで数枚撮って
帰ってからジオラマ風をフォトショップでやってみました。
iphoneほどはうまくいっていませんがコビトには見えませんか?coldsweats01

|

« 被災者支援をどうする? | トップページ | リフォーム最終確認 »

DIY」カテゴリの記事

おでかけ」カテゴリの記事

コメント

かわいい!ホビット村に見えます。
この窓はカーテンをかけずに一枚の絵として観たいですね。
そしてエルフのオーランド・ブルームも懐かしいです。

こんなに手の込んだ、心のこもった改装新居に入居する
ご子息夫婦がうらやましい~。

投稿: kiku | 2011年3月26日 (土) 20時09分

わぁ!
ほんと、可愛いですね。
ホビット村に見えます見えます!
kikuさんがおっしゃるように
この窓、一枚の絵みたいですね。
我が家も、筋交いの関係で、どうしても欲しかったところに
これくらいの小さな窓があります。
小さい窓も可愛いですよね。

それにしても、大変な手作りリフォームをされたのですね。
さすが、tearoseさんだわ。
旦那様も、頼りになりますね。
お嫁さんもお幸せ~!

しかし、妹さんの旦那様、オーランド・ブルームに
似ていらっしゃるのですか?
すごい~!
カッコいいんですね~♪

投稿: みー | 2011年3月26日 (土) 23時04分

kikuさんへ

この窓可愛いでしょう?
押し入れの中にこんな風景が埋もれていたなんて
もったいないことでした。
畑といっても花木や球根がたくさんあって
今は水仙が花盛りでした。
この畑の一年が楽しめるなんて息子達は幸運だと思います。

投稿: tearose | 2011年3月28日 (月) 22時54分

みーさんへ

みーさんちにもこんな窓があるのですか?
みーさんちの窓からはどんな風景が見えるのでしょうか
ああ、でもみーさんちの窓は植物も素敵だし、
外から見ても絵になる窓かもしれませんね。
中からみーちゃんがお顔出したら最高ですね。

手作りリフォームなんて…
電話で伝わらない部分をちょっとやっただけです~coldsweats01
私たちはペンキ塗りもDIYも嫌いじゃないので楽しんでいます。
でもまぁ遠隔地ということで時間に追われるのは大変なんですけど

妹の旦那さま…身内がいうのもなんですが
やはり似ています。
ただヘアースタイルが真面目な刈上げ君なので…
想像つかないでしょう?coldsweats01

投稿: tearose | 2011年3月28日 (月) 23時04分

リフォーム帰省お疲れ様でした。
それにしても窓を作ってよかったですね。
こんな素晴らしい景色を手に入れることができたんですから。
時々、義弟さんに、あの衣装で馬に乗ってもらったら
最高~(*^-^*) ニッコリ☆
畑の隅に丸い木のドアの小屋があったら・・・
とまたもや妄想は広がりますねぇ~(^_^)v
だって私、あの映画の後パンフレットを見て
あの絵を描いたくらいはまってましたから(*^-^*) ニッコリ☆
画像掲示板のところに載せておきますので見てね♪

投稿: ともっち | 2011年3月29日 (火) 10時07分

ともっちさんへ

ともっちさんもあの映画にはまったのですね
私も一時期は画像をスクリーンセーバーにしていました。coldsweats01
いくつになってもファンタジーは心躍りますね
頬杖ついて窓から外を眺めていれば
白馬の王子様が現れる…
そんな幻想も楽しそうですねcoldsweats01

画像掲示板は見方がわからいので今度教えて下さい。

投稿: tearose | 2011年3月31日 (木) 14時29分

リフォームも楽しんでおられるようですね!
劇的ビフォー・アフター風に完成したら公開してくださいね!
それにしても叔母様の松山の家は素敵な所ですね。
息子さん達も大喜びでしょうね。
叔母様も笑顔で見守ってくれているような気がします。
東北地方の被災者達には「北国の春」はまだ先になりますが、桜の花も咲き始めました!!少し元気が出てきますね!

投稿: shinobueakira | 2011年4月 1日 (金) 01時10分

おはようございます。
リフォームはしたことありませんが新築よりある意味むずかしそうですね。
でもすっかり楽しんでいらっしゃるように見うけられますhappy01
私はこの映画は見たことなくて、ホビットの村も知らなかったのですが
この小窓を見ていて少しイメージが湧いてきました。
息子さんご夫婦も満足して下さることでしょうね。
私も完成が待ち遠しいです!!

投稿: Happyばあば | 2011年4月 1日 (金) 06時52分

リフォーム、お疲れ様です
大変な中ことでも楽しむことができるなんて
さすがtearoseさん!!!

自然を切り取った窓。素敵ですね♪
本当にコビトや妖精が出てきそう^^
息子さんご夫婦に最高のプレゼントですね


投稿: OGC | 2011年4月 2日 (土) 21時39分

shinobueakiraさんへ

遅くなってすみません
また里帰りしておりました。
劇的ビフォー・アフター
私も掲載したいと思っていましたが
行くといろいろ忙しくてほとんど写真がないんです。
それでも一部は撮ってきましたので見て下さいね

花は本当の心癒してくれますね
私も庭に出る度に新しい春の息吹に励まされています。

投稿: tearose | 2011年4月 5日 (火) 10時52分

Happyばあばさんへ

リフォームはジグソーパズルのように
難しいところもありますが
ピタッと合うと特別な嬉しさもあります。
ホビットの窓は今回のリフォームで一番ピッタリきた場所です。
でもこんなはずじゃ…という所もあるんですよ。coldsweats01
現場の状況をリアルタイムで把握できないと
なかなか難しいですね
でもHappyさんのおっしゃるようにその難題も
楽しんでいます。

投稿: tearose | 2011年4月 5日 (火) 10時58分

OGCさんへ

裏の畑は畑とは思えないほど花木や球根がたくさんあって
本当に美しいです。
この景色を自分で手入れしないで見られるなんてなんと贅沢なことでしょう。
持ち主がご高齢なので畑仕事お手伝いしたい位です。
息子のお嫁さんも上品な持ち主のおばあさんがすっかり好きになった様子
ひょっとしたら私と同じこと考えるかもしれませんね

投稿: tearose | 2011年4月 5日 (火) 11時07分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/172033/39339148

この記事へのトラックバック一覧です: 四畳半からホビットの村へ:

» 住宅リフォーム 住宅リフォーム講座 [住宅リフォーム 住宅リフォーム講座]
住宅リフォームの解説しています。 [続きを読む]

受信: 2011年4月 1日 (金) 00時24分

« 被災者支援をどうする? | トップページ | リフォーム最終確認 »