« 遅い春 | トップページ | 四畳半からホビットの村へ »

2011年3月13日 (日)

被災者支援をどうする?

2011年3月11日11日、午後2時46分おきた東日本巨大地震は
マグニチュード9.0だったと気象庁は今日上方修正しました。

阪神大震災といい今度の地震といい
生きている間にこんな大きな地震に何度も遭遇するなんて信じられません。

横浜方面に住んでいた息子は当日は帰宅困難で6時間も歩いたそうです。
それでも無事だしその日のうちに安否が確認できたのは本当に有り難いです。
東北には未だ安否の確認のできない何万という人がいらっしゃるのに…

被災された方々に心よりお見舞い申し上げます。

Img_2713

今日オープンガーデンの会がありました。
こんな年にオープンガーデンをするべきか中止か…
そういう議論もありましたが結局はあまり派手なことはせず開催することになりました。
その話し合い中で被災者支援のチャリティをしてはどうかという議案も出ました。
でも団体としてチャリティをした場合集めたお金について
頂いた方々への説明責任が生じるのでは…という話も出て
個人でしたい人はするという話に落ち着きました。

一方携帯メールで複数の方からある企業が支援物資を集めているという
お知らせを受け取りました。
できるだけ多くの方にまわして下さいということでしたので
ブログに転載しますとお伝えしたのですが
内容が微妙に違うのでネットで裏付けとってから…
と思っていたら、実は個人からの支援物資はもう受け取っていないというメール
が後から来て結局転載は見合わせました。

一日中テレビで流される現地の悲惨な状況を知るにつけ
誰もが何かしたい行動を起こしたいと思わずにはいられませんが
こんなに情報が錯綜すると善意が現地にそのまま伝わらないことも多いと思います。

支援物資などは集まっても現地の本当に必要な人に渡るまで
仕分けや運搬に膨大な人出や費用がいったり
ミスマッチもあると聞いたこともあります。
確実なルートが確保できるまでは難しいのかもしれません。

ボランティアにしても自分の食料も確保出来ない状態で行って
少ない現地の食料を分けて貰うような笑えない話もあるそうで
今は確かな支援の方法を考えたほうが良いようです。

被災してない地域の人ができること
節電 献血 確かなところへ募金…
私に今考えられるのはそんなところでしょうか
とりあえずいつもお世話になっているGoogle
日本赤十字社に送る義援金を集めてくれているようなので
こんなところから始めたいと思います。

|

« 遅い春 | トップページ | 四畳半からホビットの村へ »

日々のできごと」カテゴリの記事

コメント

息子さんも心配でしたね。
娘の婚約者が勤務する病院でも、直後に支援に行きましたが、
できることが分からない状況で、本日、一旦帰広しています。
また、広島マツダでは、部品がないため、明後日から工場停止です。
いろいろなところから、支援の話が持ち上がっていますが、
tearoseさんのように、ちゃんと裏付けを確認した方がよいですね。

投稿: kiku | 2011年3月14日 (月) 16時45分

横浜に住んでおられる息子さんの無事が確認できてよかったですね!
我が家の姉家族も千葉の船橋で皆無事の確認が取れました。
多くの犠牲者を出した今回の東北地方太平洋沖地震は1000年に一度と言う物凄いエネルギーの爆発のようで自然の力の恐怖を見せ付けられた想いです。
阪神大震災も凄かったですが、津波を発生した今回の地震はまだまだ多くの犠牲者が発見されるのではないでしょうか?
日本人の被災者は冷静に対応しているようですが、精神的なストレスは大きく今後のケアが必要になりますね。
日本人が一致団結し、救援活動に全員参加で復興に協力したいものですね。

投稿: shinobueakira | 2011年3月14日 (月) 16時51分

何はともあれご家族のご無事が確認されてよかったですね。
未曾有という言葉がよくいわれていますが
まさに考えもしなかった予期せぬことが目の前で
繰り広げられるのを、為すすべもなくTVの前に座って見ています。
これではいけないと思いつつ、気ばかり焦ります。
天神でもブログで呼びかけ集めた物資の多さに主催者の手に負えなくなってるとのこと。
仕分けとかその後のことを少し甘く考えていたのかもしれませんね。
善意から始まったことでしょうけど、ここはひとつ落ち着いてよく考えてからの行動がいいのでしょう。
まだまだ時間はかかると思いますが、きっと乗り越える力は持っていると信じています。

投稿: Happyばあば | 2011年3月14日 (月) 16時54分

今日新聞に、チェーンメールでの支援の呼びかけの
記事が載っていましたね。
こちらの方は高校の同窓会の方からの
情報だったのですが、みんながなにかしたいという
気持から沢山の方が物資を持って来て、対処できなくなったそうです。
スムーズに足りない物資が届くことが出来ますように・・・

投稿: ともっち | 2011年3月14日 (月) 20時31分

kikuさんへ

婚約者さんも早速出動されたのですね
>できることが分からない状況で、本日一旦帰広
そうだったのですか…
折角行かれたのにそれは無念でしたね
前の震災以来日本も危機管理システムは進化していたのでしょうが
それを上回る大災害だったということなのでしょうか
当分日本中の混乱が続きそうですね

投稿: tearose | 2011年3月14日 (月) 22時24分

shinobueakiraさんへ

お互い家族が無事で良かったですね
でも日を追うごとに被害の実態があきらかになって
本当に恐ろしいです。
家族が離ればなれになった方々の胸の内を思うと
胸が閉めつけられそうです。
身体的な安全が確保されたら
精神的なケアが本当に必要になるでしょうね

投稿: tearose | 2011年3月14日 (月) 22時32分

Happyばあばさんへ

無事が確認できる場所でありがたいと思いました。
電車が不通なので通勤には当分苦労しそうですが
衣食住事足りる環境にいられるだけでも感謝です。
善意の輪が広がるのは嬉しいですね
集まりすぎたものを整理するのは大変でしょうが
熱意だけでなくそういう必要もきちんと満たす方法もできてくると思います。
家族の安否を調べる効率の良い方法はないものかと考えていたら、ちゃんとグーグルが名前で検索できるようにしてくれました。
みんなの知恵を合わせれば善意もきっと届くと信じたいです。

投稿: tearose | 2011年3月14日 (月) 22時42分

ともっちさんへ

みんながなにかしたいという気持ちで繋がるなんて
素敵なことですね。
何も無いときはちょっとしいたことでも
小さな権利のぶつかり合いが起こる世の中ですが
こんなことがあると助け合いの気持ちでひとつになれる
日本も捨てた物じゃないと思います。

投稿: tearose | 2011年3月14日 (月) 22時48分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/172033/39217631

この記事へのトラックバック一覧です: 被災者支援をどうする?:

« 遅い春 | トップページ | 四畳半からホビットの村へ »