« 写真展終わってみれば | トップページ | クリスマスローズ&雪割草展 »

2011年2月 1日 (火)

新燃岳噴火で眠れぬ一夜

新燃岳(しんもえだけ)の噴火に伴い513世帯、1158人に避難勧告が出され
住民が避難所で2日目の夜を迎えているというニュースを見ました。
寒い中本当に眠れぬ夜をお過ごしのことと思います。

私は偶然29日30日に恒例の足の治療で霧島に出かけました。
日程が決まった頃は火山の噴火なんて予期せぬことで
もし運が良ければ韓国岳の樹氷でも撮影できるかと思っていたのですが
今回は火山を見てくることにしました。

Img_2763

凄い煙です。
出かける前に写真の先輩から粉塵よけのゴーグルやマスクも用意したほうが
…とアドバイス貰って用意しましたが運良く風向きが反対だったので使いませんでした。

煙はどこからでも見えるのですが中々山頂が見られる場所はなくて
最初は先輩に教えて貰った溝辺パーキングエリアから撮りました。
煙と距離があるせいかぼんやりかすんでいます。

霧島でも撮影場所を探してうろうろしているとたくさん車が止っている場所を発見
もう暗がりなのに多くのカメラマンが写真を撮っています。
確かに近いけど障害物が多くて人も多い…帰ろうかなと思っていると
Img_2805_3一人のカメラマンがこちらに来ます。
何とその方はさんざんお庭でもお世話になっているIさんのご主人様でした。
奥様とはガーデニング
ご主人様とは写真で
オープンガーデン仲間では一番交流のある方です。
なんという偶然sign03 こんな場所で…
でもこの方とは北九州の山の中でもぱったり会ったことがあります。
私はあまり撮影に行くほうではないのにビックリです。
『ホテルはどちらにお泊まりですか?』と聞くとここでずっと撮影と…
氷点下を下回る寒さなのにcoldsweats02

早くホテルに帰ろうとしているヘタレな私の写真魂に喝punchを入れられました。
夜は昼には見えない赤い噴煙が撮れそうだしImg_28651

ヨシッsign01もう少し頑張る…と凍えながら雪と風の中歩き回って
ようやく撮影ポイント見つけました。
ここで根性の一枚camera ピントを合わせて
…とシャッターがおりません
凍えて感覚の無くなった指のせいでしょうか
え~っ 冗談でしょう? 根性の一枚ですよ エイッ
何度やっても駄目。どうも寒さで凍ってしまったようです。downdowndowncrying
泣く泣く車に戻って温度計を見ると-9度shock
寒さに負けてお庭も放置だった私がこんな中歩き回ったのに
シャッター切れないなんて~


夜になってもこの寒さの中Iさんはどうしているんだろうかとか
どうやったら明日シャッターが凍らないのだろうかとか
考えているうちに眠れなくなりました。
それに夜中は静かなのでゴーとかボンッとかザーッとか
火山の噴火する音がよく聞こえます。
Img_2779
昼間の写真ですがどんだけ噴煙が高いか手前の山の木でわかるでしょうか…

私は写真のことに気を取られていたけど
ここで暮らしている方たちはどんなに怖くて不安でしょう
どんな気持ちでこの音を聞いているだろうと思うと
ますます眠れなくなって、とうとう朝が来ました。

まだ暗かったけどどうもIさんが雪だるまになってないか心配で
夜明け前に熱いジンジャーティを用意して出かけました。
そしたらもうそのグループは帰った後で
一人の年輩のカメラマンがカメラを据えていました。
聞くと夜中11時から夜通し撮っていたとsign03
-9度真っ暗な中ひとりで…頭が下がります。
 
Img_2840_3 

リベンジに昨日の最後の場所に行くと若いカメラマンがもう撮っていました。
もう少し先にも良い場所があると教えられて行くと
昨日歩き回った反対側の道でした。
そこで朝日が昇るまでドラマチックな画を期待して待ちましたが
何も起こらず雪がひどくなるばかり

朝食後は樹氷を求めて韓国岳へ
Img_2852

こんな道なのにチェーンなしで恐る恐る運転しました。
途中一度横滑り防止の装置が作動したそうです。
前の車ならとっくにアウトだったでしょう。

Img_2924

樹氷ありそうな雰囲気なんですが
長靴では雪が深くて昇れませんでした。coldsweats01
実は撮影用のアイゼンを持っていたはずだったのに
去年足が悪くなってもう使えないと思ってどこかにしまい込んでわからなくなりました。
でも霧島に治療に通っているお陰で
もう使えないと思ったアイゼンをまた使いたいと思っえただけで満足しなくちゃ

諦めて帰る途中
Img_2949

鹿が顔を出してくれました。
やっと出会えた幸運

Img_29452_4この子はものおじしないのでかなり近くでアップも撮らせてくれました。

そしてやっと治療
霧島での治療は4回目です。
初めて松本先生にお会いしてから5回目なのですが、想像以上に良くなっています。

先の写真展では一週間ギャラリーで立ちっぱなしだったのに足が保ってくれました。
それで自信がついて今回韓国岳にも登ってみようかと思ったわけですが、
治療前は10分と立っていられなかったことを考えると奇跡です。

奇跡を起こしてくれた松本先生と霧島に感謝です。

治療が終わって帰り道
また昨夜シャッターが下りず悔しい思いをした場所を通ります。
旦那様に最後のおねだりでもう一度行きました。
やはり-9度強風で凄い寒さなのに
暗闇に目をこらすと何人かのカメラマンが撮影しています。


暗くなって着いた私はなかなかピントが合わず四苦八苦
そしてまたフリーズ
でも今回は一度ではめげてはいられません
旦那様のコートの中でカメラを暖めてもらって
(私のコートは中身が多くて入らないためcoldsweats01
復活させ一枚
そしてフリーズ
復活させもう一枚
またまたフリーズ
今度は短時間では復活しませんでした。
Img_30241
ピントもうまくいかないし
不自然なほど彩度が高いですが今回の写真はそのままです。

ベテランカメラマン達に比べれば根性も腕も足元にもおよばない写真ですが
厳しい寒さの中修行に付き合ってくれた旦那様と
霧島で治療をしてくれる先生に感謝を込めて残しておきたい一枚です。


最後に霧島の皆様 もしお目に触れることがあったら
たった一夜でも眠れぬ思いをした者として
心からお見舞い申し上げます。
大きな災害など起こらぬようお祈りしております。

|

« 写真展終わってみれば | トップページ | クリスマスローズ&雪割草展 »

おでかけ」カテゴリの記事

写真」カテゴリの記事

コメント

-9℃の世界とは想像もつきませんが、
いろいろなことが起こるし、
いろいろな方がいらっしゃるのですね。

最後の写真は美しい作品ですね~
足の具合が良くなられてよかったです。

投稿: kiku | 2011年2月 1日 (火) 20時36分

最後の写真、ねばった甲斐がありましたね。
それにしても、ものすごく元気な人みたいですよぉ~
やはり写真展が終わった後で、写真への意欲がますます
高まってこられたのでしょうねぇ~
いやぁ~どこからそのパワーが・・・と朝に会うことの多い私としては・・・(≧▽≦)ブハハ


投稿: ともっち | 2011年2月 1日 (火) 21時10分

ハラハラしながら記事を読みました
目の当たりにした自然の脅威、写真家魂が燃えましたね
最後の写真迫力です
頑張った甲斐がありましたね

治療4回目にして驚異の回復!!
これからも色々なことに挑戦できるようになって良かったですね♪
それにしてもご主人様、お優しい~(^^♪
羨ましいです

投稿: OGC | 2011年2月 1日 (火) 22時32分

記事を拝見しながら勝手にお一人で出かけられたとばかり思い込んでしまって、すご~い!!と感心しておりました。
雪の中を暗くなりかけているのに運転されて・・・
やはりご主人さまもご一緒だったのですね。
ちゃんとご希望のところに案内して下さるなんて
とても優しいご主人ですね。
それなのにシャッターが下りない??
そういう事が起こるなんて初めて知りました。
大変な経験でしたね。
足がお悪かったのですか?
-9℃で痛みはでなかったのでしょうか?
遠くまで治療に行かれた甲斐があったようですね。
どこへでも撮影に行けるよう早く良くなられるといいですね。

投稿: Happyばあば | 2011年2月 2日 (水) 22時44分

kikuさんへ

去年の芸北も寒かったけど
今回も半端無かったですよ~
今回は新しい車に外気温が計れるのでわかったのですが
芸北はいったい何度だったのか
旦那様は芸北のほうが厳しかったと言っています。
-9.5度までいったのでいっそ-10度も体験してみたかったです。(;^_^A

最後の写真 作品とは呼べないかもしれませんが
山が火を噴く貴重なショットになりました。

投稿: tearose | 2011年2月 2日 (水) 23時20分

ともっちさんへ

凄い元気スイッチですよね(;^_^A
家事をしてる時には決して作動しないボタンが付いてるの~

>やはり写真展が終わった後で、写真への意欲がますます高まってこられたのでしょうねぇ

それはあります。
写真展に来られた先輩たちに刺激を受けました。

投稿: tearose | 2011年2月 2日 (水) 23時24分

OGCさんへ

ありがとうございます。
粘った甲斐がありました。
写真家は根性がないと務まりませんが
マチュアカメラマンの旦那さんはもっと根性がいるってことですよねcoldsweats01
二人仲良く行ける間しかネイチャーは撮れません。
一度一度が本当に大切な瞬間に思います。
足の不安が無くなってきたので
今の間に撮っておきたいです。

投稿: tearose | 2011年2月 2日 (水) 23時30分

Happyばあばさんへ

いえいえ一人だなんて絶対無理です~
本当に旦那様には感謝しております。
私は出かけたいけど一人では出かけられなくて
旦那さまは運転は好きだけど一人で出かけない人
お互い良い組み合わせです。
でも世間では旦那様に同情が集まっています。coldsweats01

足は先天性股関節症なんですが
治療の効果で運動性や持続性はかなり自信がつきました。
冷えで痛むことはないのですが股関節をかばうので
特殊な筋肉に疲労がたまるんです。
それもなくなれば完璧なのですが
手術は免れないと言われていただけに今でも充分満足です。

投稿: tearose | 2011年2月 2日 (水) 23時44分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/172033/38688251

この記事へのトラックバック一覧です: 新燃岳噴火で眠れぬ一夜:

« 写真展終わってみれば | トップページ | クリスマスローズ&雪割草展 »