« 2010年12月 | トップページ | 2011年2月 »

2011年1月

2011年1月25日 (火)

写真展終わってみれば

お陰様で好評のうちに写真展を終えることができました。

絵のような写真には賛否両論あると思いますが
新しい表現の世界に驚嘆の声を上げて下さる方が多くてホッとしました。
従来のプリントや写真では表現できなかった柔らかな表現や
絵では表現できない細密な世界
デジタルならではの表現世界を示し
それぞれの個性で自由に表現させて下さった先生に感謝です。

Img1
そして
来場してして下さった方
お手伝いして下さった方
ブログで応援して下さった方
本当に多くの人に支えられていることを感じた一週間でした。

デジタルの作品を発表するのも初めてなら
8点もの作品を飾って頂くのも初めて
そして1週間もの会期中ギャラリーに詰めたのも初めてでした。
初めてづくしで、不手際や反省点も多々ありましたが
得たものが本当に大きいと感じています。

何より大きなイベントを通して先生とメンバー6人が
お互い出来る立場で精一杯頑張って
写真展が終わる頃には戦友のように信頼できる絆が出来ました。

またギャラリーで一番多くの時を過ごせた私は
プロカメラマン・広告業界の人・アマチュアカメラマン・画家・学生さん
そして絵や写真が好きな方々いろんな方と出会えました。
先生と来客の楽しい写真談義もたくさん聞くことができました。

2_2

今の写真の世界では商業ベースではデジタル化が必須なのに
アートの世界ではまだまだ銀塩写真より低く見られています。
来客者の中にも拒絶反応を見せる方もいらっしゃいました。
どんなにデジタル化が進んでも銀塩が輝きを失うことはないと思いますし
補正なしで人を唸らせる写真家は本当に素晴らしいです。
でも絵に油絵や水彩画や日本画があるように
写真にも多様性があってもいい…そんな感覚を持って下さった方も多かったです。
実際今まで銀塩しか撮られなかったハイアマチュアの方で
何度も来て下さる方もありましたし、暗室で写真を焼くのが趣味の方で
和紙にプリントした作品に感動してデジタルも始めると言う方もいらっしゃいました。
また広告業界の方やアートディレクターの方には有益なアドバイスも頂きました。

ずいぶん勉強になった一週間でした。
また案内状を出した友人知人が多く来場して下さって
応援してして下さったり作品を買って下さる方もいて
何と感謝していいのやら
本当に嬉しくて言葉になりません。

大変な時期の作品作りで頭を抱えたことも
ありましたが作品展に参加できて幸せです。
この作品展を支えて下さった多くの方々に改めてお礼申し上げます。
ありがとうございました。

| | コメント (12) | トラックバック (0)

2011年1月20日 (木)

光の絵画展

写真展ただいま開催中です。
オープニング前から大寒波に見舞われどうなることかと思いましたが
お陰様でお客さまも結構来て下さっています。

デジタルで表現した絵画のような作品は
今まで銀塩の写真しか見たことのない方にはインパクトのある作品展になりました。
写真展ではデジタル作品でも色調や焼き加減を調整した作品しか
見たことのない私にとってもテクスチャーを大胆に使って表現した作品や
先生が創作した日本画の顔料や素材を使った特殊な紙にプリントした作品は
とても挑戦的で新鮮な作品でした。

Img_0658
初日の前日のオープニングパーティでは友人のFさんがお料理の腕をふるって下さいました。時間がなくて私がバタバタ盛りつけてしまったので盛りつけはイマイチでしたが
雰囲気は最高!
画廊でこんなオープニングパーティに出席するなんて初めてで
お料理も美味しかったし他の作家さんとの話も面白いし
とても刺激を受けて楽しかったです。

そして迎えた初日
思いの外いろんなお客さまが来て下さって大盛況
Img_32292 
ギャラリートークでは外の寒さも忘れるほど
お客さまの熱気でギャラリーが熱くなりました。
私もギャラリートークに出ましたが
前日他のメンバーが何も考えていないとおっしゃっていたので
私も安心して何も考えずご挨拶程度しか話せませんでした。
でも他の方は作品に対する思いとかちゃんとお話されていて
なんだか私だけ準備不足でご迷惑かけたような気がしました。
土曜日にももう一度ギャラリートークが計画されています。
今度は少しだけでも何か話さなければ…結構プレッシャーです。


反省点はいろいろありますが
先生の人脈の広さからか広告業界や美術関係そして多くの写真家
普段お会いすることのないような多くの方がいらして
いろんなお話を聞けて楽しんでいます。
Img_32271
心配した派手すぎる作品たちは意外と業界の人に好評でした。

また私の写真仲間や以前お世話になっていた先生
そしてガーデニング仲間
ブログ仲間
いろんな方が顔を出して下さいました。
拙い私の作品にもエールを送って下さって感謝感謝です。

メンバーの半分が県外で人が少ないので
連日ギャラリーに通っています。
今はなかなかブログも見られない位忙しいのですが
オープンガーデンの他は静かな暮らしをしている私にとって
なんだかパーティのように煌びやかでワクワクする毎日
多くの方々からエネルギーを頂いています。
去年までは悪い足が心配でこんなこと考えられなかったのに
治療の効果と素敵な方々に頂くエネルギーで頑張れています。

写真展は23日日曜までやっています。
最終日は5時まで
ご興味のある方は覗いて下さいね

| | コメント (14) | トラックバック (0)

2011年1月12日 (水)

空き家のリフォーム

前の3連休は松山に帰っていました。
空き家のリフォームのためです。

伯母たちをこちらへ引き取って以来4年近く空き家だった家です。
田舎の古い間取りの小さい家で駐車場もないので
人に貸すにも難しく管理に困まっていました。

ところが突然長男の仕事の関係で数年松山に住むことになり
この空き家を使ってくれることになりました。
伯母が亡くなるまで勤務が松山になるなんて思い寄らなかったのに
不思議なことがあるものです。

Img_2106
この家は平成になってから建て替えたのに
伯母が大工さんが提案してくれた今時のLDKのデザインが気に入らず
建て替え前の昭和中期のままの間取りで建て替えました。
チビまる子ちゃんのお家のように
4畳半のお茶の間に掘りごたつがあるような家です。coldsweats01
伯母の家には洋間がひとつしかなく
そこに書斎用の椅子が一脚ある他は椅子もありません。
若い人には考えられないような家です。

この家のリフォームをどうするか
お正月に話していたら急遽来週行こうということになり
長男たちカップルを東京から呼んで相談しました。
ある一定期間しか住まないし
例え手を入れても駐車場も作れないし
将来どうなるかわからないので
最小限のリフォームでと考えていたのですが
4人集まるとそれぞれ優先順位が違うのです。
結婚資金も無さそうだし引越にも費用がいるし
リフォームは親の仕事になりそうですが…はて
一時的に住むだけなのにどこまで手を入れればいいのか
猛烈に悩んでます。

今週末からの写真展が終われば
リフォームのためのカタログ検索がしばらく日課になりそう…
劇的ビフォーアフターとまでは行かなくても
ビフォーの写真もう少し撮っておけば良かったと反省中です。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2011年1月 8日 (土)

写真展 [光の絵画]

年末から取り組んでいた写真展の作品
ようやく本日全部提出してきました。

ふーっ

画像処理する環境整備にばかり時間取られ
もう間に合わないかと思いましたが何とか滑り込み
私としては初めてのデジタルの写真展です。

Img

ご案内のポスターです。
案内状はこれから発送します。

PHOTO GUIDE 1、2月号には次のように載っていました。

元来、写真は画家によって発明されたもので
『フォトグラフィ』とは『光の絵』を意味します。
6人の写真家が勉強会の中で感性を生かした美術的表現を目指し
和紙や手作りペーパーなどにプリントして制作します。

私も写真家?
他の方が凄いのでこんなメンバーに入れて貰っていいのかな…
と思います。coldsweats01

しばらく作品作りに集中できない状態だったので
最初は逃げ出したい位だったのですが
先生のご指導やメンバーの励まし助言のお陰で
どうにか数点の作品が完成しました。

Photo

時々個展をされる方は額も全部オーダーすると伺っていたので
私も一点だけ金の絵画額をイメージして作品を作ったのですが
先生に相談すると金と銀のペアの額があるからと
お手持ちの額をペアで使わせて頂くことになりました。
その額に合わせるようにと言われていた作品が
今日やっと仕上がりました。
最初額を見たときは立派過ぎてますます萎縮していたのですが
今日入れて貰うと何とか収まってホッとしました。

後は案内状の発送とキャプション
今までの作品展とは違うことばかりでとまどいも多いですが
自分の好きな世界を表現する…
その一歩としてはとてもいい機会をいただき感謝しています。

他のメンバーの作品も拝見しましたが
それぞれ銀塩とは違う個性が出ていて面白い作品展になりそうです。
お近くの方はどうぞギャラリーを覗いて下さい。

下の写真は作品の一部で
我が家のフェンスの薔薇です。

| | コメント (12) | トラックバック (0)

2011年1月 3日 (月)

2011年お正月

新春のお慶び申し上げます。
旧年中は私のつたないブログにお運び頂きありがとうございました。
今年もまた宜しくお願いいたします。

Img_2627

毎年年末年始はおおわらわですが
今年ほど余裕のない年末は初めてでした。
お花も食品を買いに行ったスーパーであったものだけで
配色がイマイチでした~coldsweats01

昨年のお正月は伯母の施設で手作りの双六をしましたが

Img_26011

今年は伯母の代わりに息子のフィアンセが加わりました。
去年とは何もかも様変わり
お節に加えて彼女の特別メニューもいれ
にぎやかな食卓になりました。

我が家は旦那様がもの凄く食べる人で
更に食べ盛りの息子が二人
筑前煮に入れる鶏肉だけでも2㎏も使っていました。
今年は他にも少しメニューに加えることになったので
定番のお節は若干少なめに作ったのに余ってしまいました。
こんなこと初めてです。
彼女が加わってみんな少し緊張したのでしょうか

いろんな意味で今までと違うお正月
我が家にも新しい風が吹きそうです。

| | コメント (16) | トラックバック (0)

« 2010年12月 | トップページ | 2011年2月 »