« 親バカと二つの新技術 | トップページ | 秋の庭園とプロバイダーのお引っ越し »

2010年10月 8日 (金)

西洋人参木の剪定

夏の間じゅう涼やかな花を見せてくれる西洋人参木
このところまた花数が増えて来ました。
今年はこんなに大きくなったにも関わらずいい感じです。

Img_03601

青い花が柔らかくサワサワと揺れる様は気持ちい~い
庭が広ければもっと大きくしてこのサワサワな緑を下から見上げたい…
Img_09152_2 
青い花が柔らかくサワサワと揺れる様は気持ちい~い
庭が広ければもっと大きくしてこのサワサワな緑を下から見上げたい…
ところなのですがなんせ奥行き50㎝の狭小花壇の中の一本
人参木の下になるゼラニュームは枯れ枯れ…
それにボリュームが前に偏っているので風が吹くと危ない感じ

Img_0919 思い切って二股に分かれる大きな枝を落としました。
せっかく花がついていたのに残念ですがゼラちゃんにも秋は活躍してほしいし…
切るとずいぶんスッキリしました。

Img_1236 根元はこんな感じです。
以前からこの木の剪定にはいろいろ工夫していましたが,この大きな切り株は前の記事でご紹介していた頃活躍していた枝
木が大きくなり過ぎると大変なので後で生えてきたヒコバエを主幹にしました。
その世代交代した主幹が既にこの大きさです。
我が家のような狭い庭では木を大きくすることは無理です。
なので成長の早い木は時々主幹交代させて大きさを維持しています。
株元に切り株ができて不格好なのですが、今のところこの方法しか思いつきません。
西洋人参木の他にノボタンなどもこんな方法で一定に保っています。
木の幹が成長しすぎたとき皆さんはどうされていますか?

|

« 親バカと二つの新技術 | トップページ | 秋の庭園とプロバイダーのお引っ越し »

Trees(樹木)」カテゴリの記事

園芸作業覚書」カテゴリの記事

コメント

お~!
これこれ~!
わたしが、最初に見て、「なんの花だろう!素敵な花!」と思ったのは・・・。
我が家の鉢植えの子、全然こんなふうに素敵に咲いてくれないのですよ(ーー;)

木の幹が成長しすぎたとき・・・
我が家も狭い庭なので、課題です。
どうしたらいいのでしょうね。
我が家で今一番幹が大きい木は、ジャカランダです。
めちゃくちゃ狭いところに植えてるのですよ(@@;)

投稿: みー | 2010年10月 8日 (金) 22時05分

体調はいかがですか?
お薬の副作用の方はもう大丈夫ですか?
一足飛びに秋になり アッと言う間に寒い冬がやってくるのでしょうか!
tearoseさんのお庭は 本当に
沢山の花々があって季節季節に沢山の楽しみを運んで来てくれますね。
「西洋人参木」初めて知りました。
ブルーの涼やかな色がステキですね。
私も狭い庭に 計画性もなく混然とあれこれ植えては収集がつかなくなってきていますが 
こんなすてきな写真をみると またどこかに植えたくなってしまいます。

↓ 息子さん素晴らしいお仕事に就かれてるのですね。
こんなすてきなニュース 親として誇らしいのは当たり前。
読ませていただいた私達まで 誇らしく嬉しく思いましたよ。
素晴らしいお仲間との出会い、そしてやりがいのあるお仕事に就けた事 
いろいろなご苦労の中にも幸せな事ですね。
これからの益々の御活躍期待しています。

投稿: ニコニコおかみ | 2010年10月 9日 (土) 14時34分

我が家の玄関先の木も早く剪定してやらないと悲惨な状況になっています。
tearoseさんのお庭にはいつも愛情を感じますね!
すっかり秋の気配で体調も良くなられたことでしょうね、お庭の手入れも楽しいシーズン到来ですね。
昨日は星野村で、石積み棚田やコスモスも見てきました。
今週末はハウステンボスでガーデニングを楽しんでくる予定です。
今年は紅葉も早いかもしれませんね!

投稿: shinobueakira | 2010年10月10日 (日) 07時31分

みーさんへ

みーさんちの西洋人参木は鉢植えでおとなしくしているのですね。
私は何も知らずいただいたので宿根草だと思ったら
こんなに大きくなってビックリしました。
途中どうしていいかわからずもてあましましたが
やっと狭いところでも管理できる方法を見つけました。

みーさんちのジャカランダ
高い所でさわさわ揺れていそうな感じがいいなぁ…
と私も憬れでした。
ジャカランダに比べると西洋人参木は地味ですが
白い壁を背景にすると青い花の木は良いですね

投稿: tearose | 2010年10月10日 (日) 12時21分

ニコニコおかみさんへ

ご心配かけてすみません。
副作用はだいぶ慣れてきました。
少し涼しくなって体調も少しずつupしています。

お花好き植物好きはやはり植物が増えすぎてすぐ雑然とするのが悩みですね。
私も夏サボったので宿根草は悲惨なことになっていますが
花木はほとんどお世話無しでも咲いてくれるので健気です。
思わず ありがとう と言いたくなります。

息子のことありがとうございます。
息子のお陰で親も視野が広がった気がします。

投稿: tearose | 2010年10月10日 (日) 12時32分

shinobueakiraさんへ

ちらほら咲き始めた秋の花に励まされて
そろそろお庭にも目がいくようになりました。
まだまだ蚊が多くて本格的な作業は先延ばししておりますが…

星野村の演奏会盛り上がったみたいですね。
おめでとうございます。
私も伺いたかったけれど
この週末は旦那様がお泊まりゴルフでお留守番
気持ちの良い秋の日になんだかもったいないようです。
週末にはハウステンボスに行かれるのですね
私たちも計画はあるのですがまだまだ先のこと
一足早い報告楽しみにしております。

投稿: tearose | 2010年10月10日 (日) 12時42分

こんにちは。

西洋人参木・・・初めてうかがいました、
一瞬ラベンダーのように見えるお花ですね!
この気持ちのよい季節に、このお花がサワサワと
揺れると爽やかでしょうね^^

人参木と言っても、人参が出来る訳ではないのですよね?(笑)

投稿: Juno | 2010年10月11日 (月) 15時31分

Junoさんへ

西洋人参木は地味なお花ですが
それでもたくさん咲くと見応えあるんですよ
今年は何度かそんな時がありました。
人参って何故かな…と私も不思議でしたが
葉っぱが朝鮮人参に似てるかららしいです。

投稿: tearose | 2010年10月12日 (火) 11時28分

いつも植物が素敵な状態でいられるようにする為には
思い切りもいりますね。
ひこばえを残しつつ伸びすぎる方を剪定する方法はチャンチンでやってみようと思います。(^_^)v

投稿: ともっち | 2010年10月15日 (金) 08時29分

ともっちさんへ

ひこばえの活用…苦肉の策なので
あまりお薦めはできませんcoldsweats01
やはり大きくしないためには普段から
葉っぱの数が少なくなるように剪定が必要みたいです。
チャンチンのピンクの芽を下から見上げるのも素敵なんですけどねlovely

投稿: tearose | 2010年10月15日 (金) 22時23分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/172033/36903415

この記事へのトラックバック一覧です: 西洋人参木の剪定:

« 親バカと二つの新技術 | トップページ | 秋の庭園とプロバイダーのお引っ越し »