« 紫陽花のドライと剪定 | トップページ | 親バカと二つの新技術 »

2010年9月28日 (火)

秋の霧島

半年ぶりに霧島に治療に行ってきました。
今回は丁度写真の仲間たちが桜島の写真を撮りに行くという話もあったので治療が終わったら翌日は合流する計画でした。
ですが今回は波瀾万丈の旅になりました。

始まりは出発直後からフル充電だったはずの携帯が電源落ちしたところから

Img_0957
それでも初日は都城の近くの彼岸花の有名な公園に寄り道しました。
去年は花が終わりかけであまり絵にならなかったのでリベンジでしたが今年は去年よりは蕾はありましたが花がずっと少なかったです。
現地の人の話でも今年は暑さのせいか良くなかったようです。
そう言えば同じヒガンバナ科のリコリス スプレンゲリー
我が家でも花数が普段の半分でした。
花色はいつになく青色がくっきり出て美しかったですが
あっという間に散って写真も撮れませんでした。
あの猛暑の後では花に期待するのが無理かもしれませんね。
Img_0989_2
治療が終わって夜は温泉。
そして楽しみにしていたお食事
ところがここでも予約していたはずの和会席に案内されず
確認してもらっても和食バイキングだと言われました。
ネット予約の時私がプラン間違ったのかと思い我慢しました。
部屋に戻って確認するとチェックイン時の案内にはちゃんと和食になっていたのでフロントに調べてもらうとやはりホテル側のミスでした。
もう食べてしまったものは仕方ないと諦めていたら
翌朝チェックアウトの時『お食事代は引かせていただきました。』と言われました。
昨夜は悔しい思いをしたのにそう言われるとなんか申し訳ない気がしました。
Img_1054
取り敢えず高千穂牧場のお土産券付きのプランだったので
高千穂牧場に行って見ました。
子牛とか可愛かったけど草ばかり食べて顔を上げないので撮影はほとんどしないでお土産だけ貰って帰りました。
でもお土産は保冷バックにプリンやヨーグルトや乳飲料など結構入っていて期待した以上のものでした。

Img_1142 さてその後は龍馬が新婚旅行の時に訪れたというの犬飼の滝に行きました。
丁度龍馬伝で【霧島の誓い】が放送されたばかりとあって、観光客が多く帰る頃には大型バスが二台も来ていました。
団体の到着前に写真が撮れたのは幸運でした。

それから桜島から霧島方面に向かっているはずの写真の仲間たちと昼食時には落ち合うつもりだったのですが待ち合わせ場所は混雑で車が止められずとうとうはぐれてしまいました。

Img_1148 はぐれた場所が白鳥神社という神社の近くだったので、この神社に寄ってみました。
こちらはあまり有名な神社ではないのか誰もいませんでした。
お参りの後、参道の樹の写真を撮ったりして戻ると…Img_1181_2  車のエンジンがかかりません。
古い車ですがこんなトラブルは一度もなかったのに
よりによって神社でこんなことになるなんて…
と不満を言いかけたとたん
近くで休憩していた男の人たちが助けてくれました。
ボンネットを開けていろいろ見て下さってバッテリーを充電して下さったり、接触不良起を見つけて下さったり…
代わる代わる5人の方が親身に助けて下さいました。Img_1149_2 お陰様でどうにかこうにかエンジンがかかって帰れました。
人里離れた田舎だったし道路から入り込んだ場所だったので
その方たちがいなかったら長い間途方にくれたことでしょう
やはり神様の御利益だったのでしょうか…

今回の旅は想定外のことが多かったけれど無事帰れてホッとしました。

|

« 紫陽花のドライと剪定 | トップページ | 親バカと二つの新技術 »

おでかけ」カテゴリの記事

コメント

一枚目の彼岸花があまりにも幻想的で、
数々のトラブルを乗り越えた
tearoseさんの底力を見たようです。
ひつじちゃん、かわいい!
下を向いてるけど、
空とのコントラストがいいですね。

投稿: kiku | 2010年9月28日 (火) 20時24分

ほんと、1枚目の写真、幻想的ですね。
彼岸花の群生地では、あたり一面真っ赤になるほど
咲いている画像を見たことがありますが
これくらいの数の花の方が、自然で美しい感じがします。
緑と赤は、補色なので引き立て合いますね。
わたしも、今年は彼岸花の開花が遅いというニュースを見て心配していましたが
やっと、あちこちで咲いたようですね。
我が家の白花彼岸花も、なんとか咲いてくれました。

クロアゲハ(かな?)の写真も、羊さんの写真も
滝の写真も、みんなとても素敵ですね。
食事の手違いやお仲間と会えなかったり、車のアクシデントもありましたが
無事帰れて良かったです。
きっと、神様の御利益があったのだと思いますよ。

薬の副作用は、もう治まりましたか?

投稿: みー | 2010年9月28日 (火) 21時41分

kikuさんへ

編集途中の記事をupしてしまい、いつも以上に読みにくくてごめんなさい。
でも写真があって良かった。coldsweats01
一枚目幻想的?
kikuさんに何か感じて貰える写真だったら嬉しいです。

羊ちゃんは可愛かったですね
しばらくこんなに広い空を見ることはなかったので
リフレッシュしました。
kikuさんは犬のお散歩とかで日常でも広い場所にいかれることが多いのでしょうね
きっと良いストレス解消なのだろうな…と思います。

投稿: tearose | 2010年9月29日 (水) 11時53分

みーさんへ

ドライブの途中の田園風景の中に一面の彼岸花を見つけると歓声をあげたくなりますね
でも近づいて写真を撮るとなると花殻が結構気になります。
白の彼岸花も素敵ですね
センスの良いみーさんがどんな植物と組み合わせていらっしゃるのか気になるところです。

薬は少しは慣れましたがパソコンも億劫になって困っています。先生にも相談して対処したいと思っているところです。お気遣いありがとうございました。

投稿: tearose | 2010年9月29日 (水) 12時06分

お出かけ中に丁度メールをしてしまったようですね(;^_^A
今水彩画で彼岸花を書いているので
頭の中は彼岸花でいっぱいでしたが
tearoseさんの写真でちょっとヒントが・・・・

それにしても、ほんとに親切な方に
助けられて無事帰ってこられてよかったですね。(^_^)v

投稿: ともっち | 2010年9月30日 (木) 00時54分

すっかり秋の雰囲気ですね!
犬飼の滝の写真は滝の音が聞こえてきそうな臨場感がありますね!プロも顔負けの秀作ではないでしょうか?
友泉亭でカメラを覗いていたtearoseさんの撮影スタイルもなかなかのものでしたが、この写真もプロのカメラマンのような雰囲気だったのでしょうね??
彼岸花に舞う二匹の黒い蝶は先日の叔母様とお母様だったような気がしますよ!
車の故障を助けてくれた親切な方々を二匹の蝶が呼び寄せてくれたのでしょうね!
私も二年前の9月四国お遍路旅の最終日、高野山奥の院で大きな黒いアゲハ蝶が舞い降りて来た時に、蝶には何か良いご縁を感じていました。
叔母様が亡くなられた時にも蝶が姿を現していましたが、やはり蝶のご縁を感じますね!

無事に帰ってこられてめでたしめでたし、良かったですね!

投稿: shinobueakira | 2010年10月 1日 (金) 02時34分

ともっちさんへ

彼岸花を描いているのですね
忙しい中頑張って上達していくともっちさんエライ!
彼岸花はアップもたくさん撮っていますので
必要であれば研究材料につかって下さいね。

車のことは本当に親切な方たちに助けられました。
少しお礼でも…と思ったけどそれも断られ
また恩送りをするしかないかな…と思いました。

投稿: tearose | 2010年10月 1日 (金) 10時13分

shinobueakiraさんへ

写真お褒めいただいて恐縮です。
友泉亭のことを言われるとハズカシイです。
機材も腕もたいしたことないので…
写真も何かのついでに撮るだけで
ブログ写真にはなりますがなかなか作品にはなりません。coldsweats01
shinobueさんが篠笛を作るように
ひとつの作品に深く愛着を持つようにならなければと思っています。もっと集中できると良いのですが…

高野山での蝶との出会い
目に見えるように印象的です。
自然の中に自分とは違う何かの意志を感じる
そういう感性が磨かれると素敵ですね。

投稿: tearose | 2010年10月 1日 (金) 10時26分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/172033/36961884

この記事へのトラックバック一覧です: 秋の霧島:

» 花粉症を食事治療で改善する! [花粉症を食事治療で改善する!]
食事治療についての情報を分かりやすくまとめたサイトです。よろしかったらご覧ください。 [続きを読む]

受信: 2010年10月 4日 (月) 10時51分

« 紫陽花のドライと剪定 | トップページ | 親バカと二つの新技術 »