« ブーゲンビリアの誘引 | トップページ | 篠笛と蛍 »

2010年6月 3日 (木)

アイビーゼラニウム

我が家の前を通る人には赤い薔薇のお家として記憶している方も多いらしい…
表で花柄を取っていると『綺麗な薔薇ですね』…と声をかけられますがこれだけ大きいとゼラニウムとはイメージできないのかも知れません。

植物好きな方たちもこのサイズのアイビーゼラニウムが一株だなんて驚かれます。coldsweats01
今年は2年前から育てているダークカラーのアイビーゼラニウムがいい具合にブレンドされて正確には2株になりましたが赤一色でも畳約4畳分位は軽く覆うことが出来ています。
Img_1632
でもアイビーゼラニウムを育て始めた頃は失敗ばかりでした。
園芸店でこんもり茂っている形のいいアイビーゼラニウムを買っても,お庭で育てているうちに寒さにあたって弱ったり
風でポキポキ折れて結局悲惨な姿になってしまって何度枯らしたでしょうか。

ところがある時深紅のアイビーゼラニウムを地植えにしてみたら
元気になって茎が太くなり、冬の寒さにも強くなってきました。
そこで支柱を立ててしっかり固定したところ成長が加速し始めました。
年々大きくなって支柱がどんどん増え…最後には十数本
冬にゼラニウムが葉を落とすと恥ずかしい位の支柱の林coldsweats01

Img_16511_2  そして5年前家の改修をしたときに残った建材で梯子のような形のフェンスを旦那様に作ってもらいました。
窓の形を避けて手が届く高さまで

それにゼラニウムを誘引するとフェンス一杯に花が咲くようになりました。
このフェンスがもしこの壁一杯だとしてもゼラニュームは難なく壁を覆うだろうと思うほど元気です。

アイビーゼラニウムをうまく育てるには一にも二にも揺るがない支柱だと私は確信しました。
Img_1611冬には落葉するものの株がしっかりしていればよほど氷点下が続くような所でない限り大丈夫な気がします。

アイビーゼラニウムにとってもっとダメージになるのは風かもしれません。
固定しないで形の良い株に仕立てたいなら温室とか無風な状態で管理しないと難しそうです。
風にあたるとグラグラして大株にはできないかも知れません。

上は、表の株の成功に気をよくして南側にも以前枯らしたアイビーゼラニウムを再度植えてみました。
こちらは3年位でしょうか、今年は突然変異のピンクも混じって面白いです。Img_1605
他に長く育てて気づいたことは
株の勢いが花の形にも影響するということです
枯れる寸前のものを色に惹かれて買ったダークカラーのゼラニウムは何とか育ったものの去年までは花数も少なく玉咲きのものはありませんでした。
今年は株も充実したせいでしょうか深紅のものより先に咲き始め
玉咲きのものも出て来ました。

Img_1646
花数もぐんと増えたのでアレンジメントにもふんだんに使っています。
ダークカラーは甘い色のアレンジをピリッと引き締めてくれます。

花期も長く病気にもなりぬくい。
アイビーゼラニウムは固定さえしっかりできればローメンテナンスで景観作りにはとても効果的な植物だと思います。

追記

ともっちさんのお陰でタグのついてない我が家のアイビーゼラニュームに
一応名前が付きそうです。

三種ともシビル・シリーズという種類のアイビーゼラニュームのようです。

一番のダークカラーはまゆみんママさんに教えていただいた通り
トムキャットで間違いなさそうです。
薄いピンクのはブランシュロッシュ
花の色が突然ピンクに変る現象はキメラというそうです。
キメラとは異なる遺伝情報を持つ細胞で
植物の場合成長点の突然変異や接ぎ木で生じることがあるそうです。

そして一番古株の深紅のゼラニュームは
シビルレッドトムガールのどちらか
もっと花弁をよく観察しないとわからないので次の課題です。

それにしても検索かけて初めてわかりましたが
草丈40cmですって…sad
我が家は長いところは4メートルはありそうで
10倍近くの差coldsweats01
こんなに差があるのに花だけで判断していいものでしょうか?

|

« ブーゲンビリアの誘引 | トップページ | 篠笛と蛍 »

Perennials(宿根草)」カテゴリの記事

コメント

アイビーゼラニウム、我が家もtearoseさんのOGの後、早速地植えにしました(笑)
いいことは即、実行です。
ただ植える場所が
もうなくて日当たりがあまり良くないんですが
大きくなるかしら~楽しみです。
ダークカラーのトムキャット2種類です。
ほんとにたくさん咲いたらバラみたいに
ステキですよね~。

投稿: まゆみんママ | 2010年6月 4日 (金) 20時25分

いつもOGでオジャマした時にどうしたらこんなに立派に大きくなるのかしら?と思っていました。
謎が解明しました(*^^)v
我が家もアイビーゼラニウム試してみます
「揺るがぬ支柱」ですね☆

投稿: OGC | 2010年6月 4日 (金) 22時19分

いっぱい挿し木して増やしまくっています。
この記事読んで明日また挿し木するかもしれません(^^ゞ
8月までラティスには這わせられませんが支柱はしっかり
しておきます。(^_^)v

投稿: ともっち | 2010年6月 4日 (金) 23時47分

本日テレビで唐津の方にゼラニウムが綺麗に咲いている光景が映し出されていましたが、
tearose家のゼラニウムも負けてはいないようですよ!
ブーゲンビリヤ、ゼラニウム、夫々の花に色々な思い出があるんですね。
一つ一つの思い出と一緒に夫々の花を見ると、育て上げた子供のようで
心から愛情を込めた目で見ることが出来るんでしょうね!
お庭の中で愉しそうに笑顔で微笑んでいるtearoseさんの姿からそのような感じを受け取ることが出来ますね。
何事も愛情を込めて手作りすることは心を豊かにしてくれますね。

投稿: sinobueakira | 2010年6月 5日 (土) 02時18分

すばらしいゼラニウムですね!
アイビーゼラニウムとは葉の姿からきたものかと思っていましたが
お手入れしだいでは壁面を覆ってしまうほど広がれるところもアイビーのようなんですね。

揺るがない支柱はバラも同じで、根元をしっかり固定していると生育が違いますよね。
そう言いながらも自然樹形にあこがれる私にはなかなか実行できず
ほうっておいてもそれなりに育ってまとまる野生のバラが一番合っています。^^;

よいものを見せていただきました~。

投稿: YOKO | 2010年6月 5日 (土) 09時21分

まゆみんママさんへ

まゆみんママさんちも地植えにされたのですね
陽当たりはいいにこしたことありませんけど
我が家もあの場所は2時間当たればいいほうです。
それでも今はうるさく感じるほど花が付いていますから
まゆみんママさんちも支柱すれば
きっとグングン大きくなりますよhappy01

トムキャットにもいろいろ種類があるのですね~
家はラベル無しで買ったのでまゆみんママさんに
お聞きしてトムキャットだと初めてわかりました。

投稿: tearose | 2010年6月 5日 (土) 21時15分

OGCさんへ

そうなんですよ
支柱がこんなに生育に影響するとは
私も驚きました。
ただ今は花の数を調整するのに手間がかかります。
あまり咲くとツツジみたいになって
風情がありませんcoldsweats01

投稿: tearose | 2010年6月 5日 (土) 21時29分

ともっちさんへ

そんなに挿し木すると
お家が真っ赤になっちゃいますよ~coldsweats01
ご町内の方にもずいぶん差し上げているので
皆さんが大株にされたら
町中真っ赤になったり…しないですよねwink

投稿: tearose | 2010年6月 5日 (土) 21時34分

唐津にゼラニウムで有名な場所があるのですか?
テレビ見損なって残念です。

夫々の花に色々な思い出…
確かに長くつきあっている花は
定位置が決まるまであっちこっち動かされて
試行錯誤の上にぴったりな場所を確保しているので
かけがえのない存在です。
同じ花を見ていると飽きることもありますが
季節がちゃんと切り替えてくれるので
自然はありがたいなぁ…と思います。

投稿: tearose | 2010年6月 5日 (土) 21時41分

YOKOさんへ

アイビーゼラニウムは普通のゼラニウムと違って
支柱さえあれば植えっぱなしでも老化しないので
楽なんですよ
もう10年以上になるかもしれませんが
根本は木質化して原種の薔薇なみです。

ところで薔薇は支柱無しのほうが丈夫でしっかりすると
聞いて今年は試しに支柱取ってみたのですよ
でも我が家は日陰でしかも過植
枝が細く軟弱で全然駄目でした
野生の薔薇が自然樹形で咲けるような場所で
薔薇を育ててみたいです。lovely

投稿: tearose | 2010年6月 5日 (土) 22時47分

ここににたようなゼラニュームが載っていました。
http://www.engei.net/PathBrowse.asp?Path_id=021052

投稿: ともっち | 2010年6月 5日 (土) 22時50分

あら~本当
流石検索の女王coldsweats01
折角だから記事に追加させて頂きます!

投稿: tearose | 2010年6月 5日 (土) 23時13分

アイビーゼラニウムと言えば、垂れ下がるものだとばかり思っていましたが
一株でこんなに繁るなんて驚きました。
ほんと、ツルバラのようですね。
うまく育てるには、揺るがない支柱がポイントなんですか?
こんな風に育ててみたいものです。
白い壁に緑の葉と赤い花がお似合いで
ヨーロッパの窓辺のようですが
ダークカラーのゼラニウムも素敵ですね。

投稿: みー | 2010年6月 8日 (火) 00時29分

みーさんへ

この育て方は邪道なのかも知れませんが
ハンギングとか鉢仕立のがうまくいかなくて
こうなってしまいました。coldsweats01
ヨーロッパでは確かに赤いゼラニューム多いみたいですね。
シックな煉瓦や石造りの壁にアクセントになるからかもしれませんね

投稿: tearose | 2010年6月 8日 (火) 21時26分

こんにちわ!アイビーゼラニュウムがこんなに大きくなるなんてびっくり羨ましい。我が家の玉咲きが今年沢山蕾が付いて楽しみにしていたんですがドンドン咲かずに茶色に枯れてしまいます。どうしてでしょうか。

投稿: エクボママ | 2011年6月19日 (日) 07時26分

エクボママさんへ

はじめまして
私もこんなにおおきくなるなんて予想もしてなかったのでビックリです。
蕾が枯れるとは残念ですね。
鉢植えですか?土の状態、植え場所など詳しいことをお聞きしないとわかりませんが
葉っぱの状態はいかがでしょうか?
葉が元気ならあまり心配はいらないと思います。
長雨が降ると蒸れてそういう蕾が出てくる気もします。
株全体が密に繁っているなら少し風通しよく剪定してみられたらどうでしょうか
加湿が嫌いな植物のようです。

投稿: tearose | 2011年6月20日 (月) 12時00分

お返事有難うございます
蕾が開かなくなってから葉っぱも元気がありません。蕾を減らして見てますが今植えなおしても大丈夫でしょうか?今は鉢植えですが心配なので地植えにした方がいいでしょうか?

投稿: エクボママ | 2011年6月21日 (火) 18時33分

エクボママさんへ

葉っぱの元気がないのはいけませんね
葉を観察してハダニや病気など特に気になることがなければ
根っこの問題でしょうね。
根元がグラグラしませんか?
上の記事にも書きましたがアイビーゼラニウムは風に弱いです。
根元が頼りないようであれば風や強い雨で根が切れています。
(根っこを食べる虫の場合もあります)
雨で根腐れも考えられます。
若しくは根が張りすぎて根詰まりもあります。
一度鉢から抜いて根を見て下さい。
根が生長できない原因(通気性・虫・風や雨で切れる)がわかったら
植え替えをしてみてはどうでしょう
私も鉢では失敗ばかりでした。coldsweats01

投稿: tearose | 2011年6月21日 (火) 22時21分

早速アドバイス有難う御座います。ハンキング仕立ての物を頂いたものでしたのでぶら下がった状態です。地植えして支えをしっかりして植えなおしてみます

投稿: エクボママ | 2011年6月22日 (水) 08時07分

はじめまして。
ゼラニウムはあまり好きな花ではありませんでしたが、アイビーゼラニウムのトムキャットを一目見て魅了されてしまいました。
どこの園芸店でも、もう取り扱いがないとの事。我が家で育てる事は出来なくなってしまいましたが、こちらのHPであまりにも素敵なお写真を見て感激してしまいました。
奇麗な花々に囲まれたお家は素敵ですね。
これからも素敵なお写真、楽しみにしています。

投稿: teatree | 2012年1月20日 (金) 20時26分

teatreeさんへ

はじめまして書き込みありがとうございます。
ゼラニュームは花期は長いだけに飽きたりしがちですが
景観を作るには本当に素晴らしい花ですね。
私もこんな風な植え方をしなければそんなに好きではなかったかもしれません。
今日たまたま高級住宅街の外国人建築家が建てたマンションの前を通りました。
そこにベランダいっぱいにゼラニュームを垂らしているお宅を見つけました。
一部屋だけなのですが、丁度道路から見てコーナーの中央になり
そのお部屋の数株のゼラニュームが重厚なマンションのポイントになって
全体がおしゃれで華やかに見えました。
ありふれた花なのに素晴らしい仕事だなぁ…と感心していたところでした。

トムキャットは人気ですから季節の始めに入手しないとなかなかですね
私は去年の寒さでやられて春買い直しましたが夏の暑さにも弱くて
またまた小さくなってしまいました。
大きくなって抵抗力つくまで大事にしたいです。
teatreeさんもまた挑戦してみて下さいね

投稿: tearose | 2012年1月20日 (金) 22時02分

愛媛県在住の村井と申します。お訪ねしますが、アイビーゼラニュームは、西日が当たるところに地植えしても大丈夫でしょうか?

投稿: 村井 | 2013年5月26日 (日) 21時09分

村井さんへ

はじめまして
西日…管理にもよりますが大丈夫だと思います。
ゼラニュームは丈夫な植物ですが極端な暑さ寒さには弱いです。
夏は株元に下草など植えて朝方に水を遣るとか
基本的に涼しく過ごさせてあげれることを心がければ大丈夫だと思います。
実は上の大株も西側にに植えています。
西にマンションがあるので西日にさらされる時間はやや少ないですが夏はかなり暑くて、猛暑の時は一時葉を落とすこともあります。
が涼しくなればまた復活します。
それより冬の寒さが堪えるようです。
幼苗のうち何度か寒さで枯れました。
愛媛は比較的温暖なので心配ないかもしれませんね

投稿: tearose | 2013年5月26日 (日) 23時05分

 この度はご丁寧なお答えいただきましてありがとうございます。
わくわくしてまいりました。
早速チャレンジしてみたいと思います。
村井

投稿: 村井 | 2013年5月28日 (火) 13時12分

初めまして!
壁面を飾るゼラニウムが素敵ですね〜♪
わたしもこんな風に仕立てたいと思って検索かけたらここに繋がりました^^

頂いた挿し芽がやっと元気いっぱいに育ち始め、初めての花芽も伸びてきました。
頂いた時はあまり興味はなかったんですが、元気いっぱいに成長を始めたのを見てたらすっかり惹きこまれています。
お話を参考にして、ぜひわたしの庭にも実現したいと思います!
素敵なビジョンをありがとうございます^^

投稿: glow | 2015年1月28日 (水) 14時16分

glowさんへ

初めまして 画像で検索して来て下さったのですね
古い記事なのに訪問ありがとうございます。

植物はつきあってみないとわからないことが沢山あります。
ゼラニュームはありふれた花ですが景観を作るのには素晴らしい花です。
長いお付き合いなので飽きたり見直したり…いろいろですが
これに変わるものってなかなかないんですよね
そろそろ20年近くになるご老体なので
私も去年挿し木しました。
glowさんの所のように元気に大きくなってくれるといいのですが…

投稿: tearose | 2015年1月28日 (水) 20時14分

お返事ありがとうございます^^

挿し芽は去年春先に頂いて根出しまでは順調でしたが、夏になったらもうダメでした。
扱いがぞんざいだったのが一番の理由ですね^_^;
3号鉢に入れて養生してたら復活してきて、冬に入ってから、特に年末辺りからの成長は目覚ましいです。
この真冬にこんなに成長するの?と目を見張ってました。
そして先週思い出した様に5号に鉢増ししましたが、三月辺りには7〜8号に鉢増ししようと思ってます♪
残念ながらウチのは矮性種ではないので、これはこれで大株に育てたいと思い、近い内に矮性種の仕込みをと頭に入れたところでした^^

で、早速支柱を立てました(笑)
やけに葉っぱが増えてるので頭でっかちなのは分かってたんですけど^_^;

クレマチスかモッコウバラかと思ってたんですけど、お陰さまで矮性ゼラニウムに大きく振れてます♪
またお邪魔させていただきます^^

投稿: glow | 2015年1月28日 (水) 20時46分

glowさんへ

このところの寒波は大丈夫でしょうか
ゼラニュームは寒さにも弱いので鉢なら少し暖かいところに移動してあげるといいかもですね
クレマチスやモッコウバラも花の季節が少し違いますのでスペースがあれば
同じ場所でもいいかも知れませんね
我が家はクレマチスが同じフェンスに少し被せてあります。

花の咲く春が待ちどうしいですね

投稿: tearose | 2015年1月30日 (金) 21時13分

お気づかいありがとうございます^^
こちらは南国鹿児島で、寒波は届いておりません。
そちらは冷え込んでいるのですね。
鉢物なら移動すれば済みますが、地植えはグランドカバーなどでしのぐのですか?

鉢で葡萄やトケイソウが育っていて、今年の春にはどう展開しようかと待機しています。
トケイソウはもう五年生になるし、葡萄も三年生で、どちらも種から発芽したものでかわいいのです(o^^o)

去年までは満足に展開してあげれなかったので、今年こそはと思っています♪


投稿: glow | 2015年1月31日 (土) 11時36分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/172033/34941799

この記事へのトラックバック一覧です: アイビーゼラニウム:

» 宇宙野菜 テレビで紹介 [トピック宅配便]
先程、北野武が司会をしているテレビ番組を見ていたのですが、そこで「宇宙野菜」というものが紹介されていました。中国が食糧対策として実施しているようですが、宇宙線を作物に浴びせて突然変異を促すというもののようです。その結果、普段では考えられないような色・形状をした作物が栽培されていました。まるでイモムシのような形の茄子や、ペットボトル大のトウガラシといった作物が映像では紹介されていました。詳細情報が明... [続きを読む]

受信: 2010年6月 9日 (水) 17時23分

« ブーゲンビリアの誘引 | トップページ | 篠笛と蛍 »