« 2010年4月 | トップページ | 2010年6月 »

2010年5月

2010年5月31日 (月)

ブーゲンビリアの誘引

我が家の庭は駐車場がエントランスになっています。
家を建てた頃は狭くて庭を作るなんて思ってもなかったので
実用性だけでこんな設計になってしまいました。
ところが緑が増えて庭らしくなってくると白いカーポートがとっても目障りで
駐車場の緑化にしばらく悩みました。
Img_1581
取り敢えず、駐車場の屋根を蔓植物で覆うことにしました。
最初は黄色のモッコウ薔薇をカーポートの屋根の上に
時計草を内側にそして入り口をハニーサックルで覆いました。
でもモッコウ薔薇は花後に花柄積みができないと汚くなります。
時計草も冬場は枯れてカーポートの屋根に絡んだのを取り除くのは手間でした。

Img_1591 そして現在カーポートを覆う植物の主役はブーゲンビリアです。
ブーゲンビリアは花柄も綺麗に散るし花期も長い、しかも水遣りもあまりしなくていいので車の陰に置いても気になりません。

でも生育が旺盛で放置するとすぐこんな暑苦しい状態になってしまいます。
そこで、今年は太い枝も多くなってきたので誘引用のネットを外すことにしました。

Img_15871 
ネットと言っても5年前家の家の塗装をした時に外したカロライナジャスミンの蔓を編んでカーポートの天井に取り付けたものです。
5年も経つとあっちこっち外れてとてもネットに見えませんが…coldsweats01
このネットに時計草やハニーサックルもひっかけて誘引していました。
でもこのネットがあると混み合うブーゲンビリアを引っ張り出すのは至難の業でした。
そこで今回は直接ブーゲンビリアの大きめの枝をカーポートに取り付けることにしました。
Img_1603
カーポートの天井を覆うネットも大作だっただけに解体するとなると針金を外したり蔓を短くしたり結構大変でした。それに絡み合ったブーゲンビリアを外すのは結構手間のかかる仕事でした。

そんな面倒な作業なのに二人ですっぽり花に埋もれてくると
まるで蜜蜂にでもなったような楽しい気分~note
Img_1613
一日がかりでようやくスッキリしました。
絡まった蔓を引っ張っているうちに花は半分位落としてしまったけれど
これで冬まで咲き続けるブーゲンビリアが暑苦しくならないでしょう。
作業の終わり頃ご近所の花友が見えましたが
何が変ったかわからない様子…
う~ん。自己満足かも知れないけどスッキリしたのだhappy02

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2010年5月29日 (土)

甘~い生活

お花も人もにぎやかな5月がようやく終わろうとしています。
5月はお庭に見える方が多くて
自分でもお菓子を用意しますがお菓子を頂く機会も多いです。
普段はあまりお菓子を食べないのですが
今月はともっちさん並にお菓子な毎日でした。

Img_14642
今週見えたお客さまには手作りのパウンドケーキと
アイスクリームカップに入ったマドレーヌをいただきました。
他にもいろいろな方に手作りのお菓子を頂きましたが
食べたりサーブしたりに忙しくてひとつひとつの写真が残ってなくて残念です。

手作りと言っても皆さん見た目もお味もプロなみ
最近の奥様方は本当に凄い方が多いなぁ
…と感心する毎日です。


かろうじて残っていた写真は風が強くて
飾り付けは飛んでしまいました。coldsweats01

Img_15731

また今週は大量に苺が届きました。
友人が懇意にしている苺農家さんが最後の収穫の時招いてくれたそうなのです。
夜の電話で明日の朝七時出発で…と私もお誘い受けたのですが
調度弟が来ることになっていた日で行けなかったのにわざわざ届けて下さいました。

まぁ こんなにたくさんlovely
こんなに苺を摘むにはさぞ骨折りだったことでしょう。
でも楽しかったと嬉しそうな友人の話を聞いて
つい伯母のことを思ってしまいました。

伯母は山菜採りや果物狩りが大好きな人で
もし連れて行けるような状態だったらどんなに喜んだことか
もう叶わないけど伯母の笑顔が浮かびました。

Img_1564

ところで収穫直前まで畑で熟した苺は想像以上に甘くて強い香りです。
友人の話では苺を14箱も積んだ車に乗ったら香りに酔ってしまったそうです。
私もしばらくお庭に置いて二箱は下さった方と共通の友人に届けましたが、残った一箱を夕方お部屋に入れて
弟を連れて伯母のお見舞いと食事に行きました。
帰って家の鍵を開けると家中にびっくりするくらい甘~い香りがたちこめていました。
なので遅い時間だったけどその日のうちにジャムを作りました。

今は頂いたお菓子たちと
先週ボイセンベリーで作ったばかりコンポート
そしてストロベリージャム
冷蔵庫の中もスウィーツでいっぱいです。happy02

しかも来週から本格的なボイセンベリーの収穫期になりそうで
まだまだ甘~い生活は続きそうな我が家です。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2010年5月25日 (火)

オキザリス クラシペス?

我が家では地味な存在ですが
以前から欲しくてたまらなかったオキザリスが2年越しにやっと我が家で開花しました。

Img_1406_2
小さい白い花
ハート型の三枚葉
株がギュッと詰まっている上を
フワッと花茎を立ち上げて房咲きの花が一面に咲きます。
見た目も私のツボですが

逞しくどんなところでも広がりそう
それに春だけでなく四季咲きという話です。
ローメンテナンスの庭の有望なグランドカバーになりそうです。
Img_14051
少しアップしてみました。
勿忘草に比べるとどの位の大きさかわかります?

初めて見た年は小さな写真と記憶を頼りに
ネットでずいぶん調べたけどわかりませんでした。

それでも去年ついに園芸店で根詰まりで黄色くなった株に出会いました。
売っていた人も白のカタバミと言うこと以外わからない様子だったので、ダメモトで植えてみたところ確かにこの花でした。happy02

そして花や葉っぱの特徴を観察して改めて調べると
オキザリス クラシぺスではないかと思います。
確認できるよう調べた特徴を書いておきます。

Img_15672_2
オキザリス クラシペス(イモカタバミ)の白
Oxalis articulata forma crassipes 'Alba'

カタバミ科カタバミ属

球根性多年草
草丈:20~30cm 花径:1.5~2cm
開花期:4~10月 原産地:南アフリカ
葉は少なくなるが通年無くならない 夏は切り戻しても良い

秋まで咲き常緑…という特徴が確認されたら
先ず間違いなさそうです。happy01
さてさてこれからどうなるか楽しみです。

続きを読む "オキザリス クラシペス?"

| | コメント (15) | トラックバック (0)

2010年5月23日 (日)

お庭撮影会とおうちカフェ

早咲きの薔薇はピークアウトしましたが
初夏の花が蕾をつけ始め
ちょうど撮影には面白い時期になりました。
緑も濃くなって日陰の庭の隅っこは森の中のよう

Img_14591
今日はデジタル写真セミナーの方々をお招きしてお庭撮影会でした。
撮影後は庭の大きなテーブルを囲んでゆったりお茶を…という予定でしたが,Img_23671 お迎えに行った時間から小雨が降り始め
撮影もそこそこに
お庭のセッティングは撤収
お部屋でのお茶会に

主役はご近所のFさんの作って下さったお菓子たち
私もチーズクリームとか自家製ボイセンベリーのソースとか一応作ってはいたのですが
Fさんのケーキのあまり繊細な出来映えに急遽アレンジを変えました。

上はFさんの白いゼリーに
お庭のミントとボイセンベリーのソース
甘酸っぱくてさわやかなお味

下はFさんの美味しいシフォンケーキに
フルーツを添えて頂きました。

お陰様でどちらもお客さまに好評でした。

Img_23631
雨で急遽室内になったので、大人数のテーブルセッティングするのに四苦八苦でした。
なので、おうちカフェの様子は全然撮っていませんでした(;^_^A
今回の写真はメールでFさんに送っていただいた写真です。
まぁ狭いから仕方ないと言えば仕方ないんですが残念です…

Img_1327
考えるとガーデンカフェはとても素敵な思いつきだけど
陽射しが強くても雨が降っても難しいし
蚊が飛び始めると快適とはいえなくなるし
植物も天候も環境もメンバーの都合も
全部揃うのは希有なことなのかも知れませんね

ガーデンカフェが実現しなかったのは心残りではありましたが
先生の撮影秘話などをお伺いして楽しいひとときでした。

お菓子を作って下さったFさん
遠くから来て下さった若いカメラ女子たち
そしてお忙しいのに駆けつけて下さった先生
ありがとうございました。

| | コメント (12) | トラックバック (0)

2010年5月20日 (木)

お友達の寄せ植え

今日は友人Kさんの作って下さった寄せ植えの紹介です。

Kさんとは一緒にフラワー・アレンジメントを習ったのを始めにずっとお花で繋がっています。
Img_1443 彼女は我が家がオープンガーデンをするきっかけを作ってくれた人です。
その上、自信のない私をいつも前向きな言葉で力強く後押ししてくれます。

Kさんはオープンガーデンの一回目から毎年お手伝いに来て下さっています。
いつもお手製のお豆ご飯のおにぎりやお総菜を持って
電車で食品を持ってくるだけでも重くて大変なのに今年は寄せ植えを持って来て下さいました。

オープンガーデンでご覧になった方もおられたと思いますが下の写真です。
今年は花が遅いと嘆いていた私を気遣って下さったのでしょう
重いのに本当に申し訳なかったです。
でもお陰様でオープンガーデンの日は受付のテーブルが華やかになりました。
Img_1474_2
少し見えていますが、この赤いネットの下は芝生で
芝生のマットに苗をくるんでコンテナ代わりにしています。
面白いアイデアですね。
Kさんは最近寄せ植え教室で面白いコンテナを次々制作されています。
時々私のことを思い出して二つ作って下さっているみたいです。

Img_1437_2 先日オープンガーデンの時にお忘れになった帽子を届けにいったら
今度は違うコンテナ(タブロー)を下さいました。

このタブローにはぎっしりと花が入っています。
ロベリアが伸びていましたのでカットして隙間にコリウスを入れ込みました。
まだ入れ込んでから時間が経っていないので植物はうつむき加減

Kさんのように早く上向きになるんだよ~
そう言いながらそっと壁に掛けました。
Kさんいつもありがとうございます。

最後になりましたが1枚目はこのタブローのアップです。
プテリスを白い背景で見るとお洒落ですね~lovely
たまに他の人がして下さる植物の合わせ方を見ると新しい発見があって楽しいですね

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2010年5月17日 (月)

ブルー・フォー・ユー七変化

今年大苗で買ったブルー・フォー・ユー
咲く花が毎回違っています。
コーヒー・オベーションとかも季節によって花色が変化しますが
この薔薇ほど変化の大きい薔薇は知りません。
5月4日に咲き始めてそろそろ二週間この間の花を見て下さい。

Img_1153_5

ブルー フォー ユー
英名: Blue For You 
   

別名
【Honky Tonk Blues】
【Pacific Dream ®】
【Pejamblu】

交配親
Natural Beauty×実生

フロリバンダ 四季咲き
イギリス2006年 Peter J. James作
花径6cm、伸長1.5m 青紫色

Img_1151_4 寒冷地や半日陰では一層鮮明になります。

…とあるので日陰の我が家では青みの強い花を期待していたのですが、5月4日に開花した一番花は薄いピンクに青い筋の入った花でした。
 
Img_1229 
5月6日最初の花の脇が咲き始めるとかなり白っぽい花で
オープンガーデンの時咲いていたのはこの白い花でした。

そして一週間後に咲き始めたのはImg_1399白地にピンクの覆輪が入った花
比類無き青紫は?? えーっ
色幅があるとは聞いていましたが青~青紫の濃淡を想像していたので、なんだか期待はずれ
Img_1398_2次はこんな中国っぽい感じの花
青みは少し復活しましたが
何を考えているかわからないブルー・フォー・ユー
花の大きさは最初に比べると半分位です。
Img_1403そうこうしているうちにピンクが退色したのか
気がつくとこんな色に変っていました。
やっと青紫出現です。
Img_1392
新旧の花をあえて残した今日の写真
とても一つの花には見えませんよね~coldsweats01

くるくると変るブルー・フォー・ユーの七変化
裏切ったり微笑んだりなかなかのジャジャウマぶりです。
別名の【Honky Tonk Blues】の名前のほうがしっくり来ますね~
大株になった時この場所でうまく収まってくれますかどうか
秋まで今年はじっくり見させていただきます。

| | コメント (14) | トラックバック (0)

2010年5月14日 (金)

ハウステンボス勝手に応援企画

例年連休中はオープンガーデン巡りとお庭のお手入れでしたが
妹たちが来たのでshinobueさんの記事で久々に行ってみたくなったハウステンボスに行ってみました。
旦那様がお仕事だったので妹夫婦と三人+妹の愛犬SaraでImg_1001_2 
旦那様の『ハウステンボスは朝の散歩がいいらしいよ
の言葉に押されて私も初めて泊まって見ることにしました。
確かに朝の散歩は最高で、休日の朝を迎えるには最高の場所でした。
妹たちは初ハウステンボスでしたので二~三泊位したいねと…

経営再建中ということでしたが思いの外良かったので
今回はレポート及び勝手に応援企画として
体験とチェックポイントを書いてみたいと思いますが大作になるかもcoldsweats01

Img_0973
宿泊プラン

コテージタイプのフォレストヴィラにしました。
一泊朝食付 パスポート付+龍馬伝館の入場特典付のプラン
当日の朝電話で予約coldsweats01
もちろん前日までならネット予約できます。
私たちのヴィラは一階にリビングと浴室
二階にそれぞれに洗面所付のベッドルームが二つ
トイレも二つあって二組でも快適に過ごせました。Img_1065b2
入場チケット

新料金になって少し安くなったようです。
またハウステンボスはこの四月末からパスポートは宿泊客しか買えなくなりました。
パスポートは宿泊するなら滞在期間中使えるそうなのでお得だとは思ってはいましたが
お昼頃~お昼頃まで私たちは丸一日の滞在でも十分お得感がありました。
観光丸に乗れたのも嬉しかったです。
場内のホテルに泊まるならパスポート特典付を選ぶ方がお得な気がしました。
Img_0937
ペットの対応

この春からフォレストヴィラには犬が一緒に泊まれるドッグ・ヴィラ5棟できました。
当然ながら人間だけのプランよりかなりお高めの料金設定ですが家と同じようにペットと過ごせるようです。
その上、ここに宿泊した犬だけが場内の限られた地域(主にフォレストヴィラの付近)をお散歩できるようになっていました。

Img_11071 当日は満室でSaraちゃんには可愛そうだけどペットルーム預かりになりました。
ここではケージを借りるだけでお散歩や餌は飼い主がすることになりますが、無料で借りられるので嬉しいサービスです。
ペット・ルームは入国ゲートの付近にありお散歩は場外でした。
…ところが5月15日からチケットを買えばペット同伴で入場できるようになるそうです。
ペット連れて楽しめるテーマパークはなかなかないので楽しくなりそうです。

Img_0883_2  さて初日4月30日は休前日だったので比較的空いていましたので、アトラクションはなるべく楽しんでおこうということになりました。
ニュースタッド地区のアミューズメントと観光丸のクルーズはこの日に行きました。

ハイライトはなんと言っても観光丸クルーズです。後で龍馬伝館で知りましたがこの船は[黒船タレント]として映画やドラマのロケにずいぶん使われているようです。

Img_0904b_2

帆船に乗れるだけでも嬉しいのに船の舳先に昇る体験や、ロープワークなどで海の男体験が出来るのが楽しかったです。
舳先へは足場はロープだけという場所もあり大変スリルがありました。

Img_0896_2 この観光丸ではNHKの龍馬伝で龍馬が初めて黒船に乗るシーンが二月末に撮影されたそうで船室には福山さんや武田さんのサインがありました。
放送を見たばかりだったのでとても感慨深いものがありました。
ロケの様子は龍馬伝館で見ることができます。
私たちは龍馬伝館を翌日にしましたが観光丸に乗船するなら先に行った方が良かったなぁ…と思いました。

夜遅くまでアミューズメントで遊んで気持ちよく目覚めた翌朝
Img_0983

Img_0987

カーテンを開けると白鳥が挨拶に来てくれました。
お部屋の前で卵を抱いていたおかあさん白鳥で、朝のお散歩中だったのかな?
話しかけても逃げる様子もなく、白鳥と対話しながら朝のお茶は楽しい気分でした。

Img_0990

お散歩の途中に見たら
卵が三個ありました。
結構大きい卵でした。

朝食後も散歩をしましたが、本当に気持ちのいいところで癒されました。
この散歩の為だけに来てもいいと思う位幸せな時間でした。


Img_1029b1_3
静かな水辺
大きな樹木
ところどころを彩る花たち
癒しの庭の理想です。

ボタニカル・リゾート構想などもあるようですが、大人の休日が植物で豊かになっていくことを期待できそうです。

庭の見えるレストランで朝食を取り
犬の世話に行った妹たちと分かれた後は一人で歩きましたが
今まで気づかなかったものにたくさん出会いました。
Img_1048b ハウステンボスに隣接したJRAのウインズ佐世保は自由に入ることができ馬場で馬を見たりすることが出来ます。馬に乗せてくれるサービスがありました。
私も馬に触らせてもらいましたが柔らかで温かい感触は今も嬉しい記憶です。

ご近所の方でお孫さんが来たらハウステンボスで馬や馬車に乗せると言っていた方いらっしゃいましたがアミューズメント・シアターよりこんな事の方が思い出に残るかも知れないなぁ…と思いました。
ちなみにハウステンボス内のホテルで結婚式をすると馬車でパレードもできるそうです。
Img_1044 パレードと言えば途中フラワーパレードにも会いました。約束の時間があったのでゆっくり見られませんでしたが連休のなか日だったので人出も多くカーニバルのような賑わいでした。

妹たちと再開後は龍馬伝館に行きました。
ドラマのメイキングフィルムもありドラマファンはもちろん帆船ファンにも見逃せない内容で、私たちは観光丸に乗船したので感激もひとしおでした。

さて最後は花の話題で締めくくりたいと思います。

Img_0967_4 ハウステンボスのそここにちりばめられた薔薇たちは以前よりずっと充実していました。

煉瓦やアーチあらゆる場所にうまく誘引されていて満開の時期はさぞ華やかだろうなと思いましたがまだ蕾がいくつかほころびかけている程度でした。この週末には見頃かなぁ…と思います。

また月末に病気に強いバラで景観作りを競うRose paysage(ローズペイザージュ)国際バラコンクールが催されるようです。
確かにハウステンボスでは薔薇がうまく景観作りに生かされていますのでロザリアンたちには楽しい催しになりそうです。Img_0949 唯一満開だったナニワイバラもすっきりと美しいアートでしたlovely

これでてんこ盛りのハウステンボス紀行は終わり
う~ん。こうして振り返ると年間パスポートが欲しくなりました。

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2010年5月11日 (火)

オープンガーデン2010の御礼

今年も無事オープンガーデンが終わりました。
ご来場頂いた多くの方々に心より御礼申し上げます。
ボランティアで裏方や接客を引き受けてくれた心強い友人たち
また私に変って庭造りを少なからず手伝ってくれた旦那様
全ての方に深く御礼申し上げます。

Img_1321c
     新しく作った花壇もようやく緑になりました。

最近は屈んだり重いものを持つのが困難になったので
庭仕事も旦那様に大きく負担をかけています。
人頼みでオープンガーデンもないだろうと思って
去年はそろそろオープンも限界かなぁと感じていました。

でも旦那様の『出来ることは手伝うから頑張ろう』の言葉に励まされて庭造りするうちに
オープンガーデンを続けることが私たち夫婦の心の支えになっていることに気づきました。
介護や子供のこと健康のことetc…いろんな事があっても
オープンガーデンという目標があることでずいぶん救われました。

   下は友人のところから来て彩りを添えてくれた薔薇たち
Img_1270
また頼りない私を見かねて手をさしのべてくれた心優しい友人たちも心の支えになりました。
そして楽しみにして下さるリピーターさんたちの存在も大きいです。
我が家のオープンガーデンは本当に支えてくれた人たちからの贈り物だと思います。

では今年の様子を少し…

今年はオープンガーデンのメンバーから
お客さまの出足が比較的ゆっくりだと伺っていました。
それでおっとり構えて、そろそろテーブルを飾るアレンジメントを作ろうかな~♪
と思っていた9時前 最初のお客様が…

Img_1315 数日前早朝からバスを乗り継いでカタログを取りに見えた年配の男性です。
毎年私たちのグループのオープンガーデンを楽しみにして下さっていて,バスで行ける限りはいろいろ回っていらっしゃったようです。
八時半には到着されたそうですがご近所のともっちさんちを先に見てこられて、9時を待ちきれずドアホンを押したそうです。coldsweats01
静かな朝日のお庭で二人でお茶しながらゆっくりとカタログを広げてその方の回った来られたお庭の解説を伺いました。

Img_12471_2 その方を見送った直後から

混み合う時間を避けたリピーターさんたちが続々と見えて…
アレンジメントなどする暇もなく10時頃には満席にcoldsweats02

こんなに出足の早いオープンガーデンは初めてでした。

その後もリピーターさんを中心に絶え間なくお客さまが来て下さいました。
皆さん熱心な方が多くて植物の知識も豊富で、いろんな事を教わりたいような方も多かったです。

またオープンガーデンの仲間も何組か見えて楽しい話が弾んでいました。
あまりゆっくり加われなかったのですが…

Img_1317_2
   開花が間に合わなくて地味になりすぎた寄せ植え

それでも友人たちのお陰で、私は今までよりずっとお客さまとお話することができました。
手作りのお菓子持参でお茶を入れてくれたFさんやHさん
遠くから昼食や寄せ植えを作ってかけつけてくれたKさん
庭の植物の名前を覚えて接客を応援してくれたともっちさん
オープンガーデンのきっかけを作って下さったKさん以外は
みんなオープンガーデンを通じて親しくなった方たちです。

そしてお客さまも年々リピーターの方たちが増えて今年は駐車場の誘導もほとんどしなくていいようになりました。
こんな駐車場もない狭い家でもオープンガーデンが続けられることは奇跡のようです。
素敵なお客さまや友人
植物が素晴らしい方々とのご縁を結んでくれたことを
今年も深く感謝しています。

Img_13001   
そうそう作りかけのアレンジメントはゲストに頂いた切り花も加えて、Kさんがお昼前には素敵に完成させてくれました。
Img_1287
無事オープンガーデンを終えて友人たちも見送った後…
テーブルに飾る予定だった白バラの小さなバスケットがお玄関前で見つかりました。
最初のお客さまをお迎えするとき片手に持っていたのでしょうね
終わるまで思い出しもしなかったなんてゴメンね。coldsweats01

| | コメント (16) | トラックバック (0)

2010年5月 6日 (木)

オープンガーデン前夜

さて我が家も今週の週末にはオープンガーデンです。

天候不順で悩んだ今年ですが
ゴールデンウィークの温かさでやっと蕾が膨らみかけて来ました。
一足先に咲き始めたものをupします。
来られる方は狭い庭のどこに咲いているか確かめて下さいねhappy01

Img_1185
久々に大苗で買った ブルー・フォー・ユーの初花です。

Img_11521 イメージよりピンクがかった色でしたが、元々季節や条件で色幅のある花のようです。
何とも言えないニュアンスカラーが嬉しい花です。
たくさん蕾がついているので次どんな色が咲くか楽しみ~happy02
この花が咲いて西側の寒色系ガーデンにアクセントがつきました。

Img_1160_2 やっとオダマキも花が上がってきました。

Img_1157
オーニソガラム・ヌータンス
どんな花が咲くのか楽しみにしていた球根です。
大人可愛い~
でも目立たない色だから来年からは見せ方を工夫しないと…
Img_1167
また植えてしまったコリダリス・チャイナブルー
場所を変えて4度目の正直coldsweats01

Img_11801今年初めて開花したツルバラ
咲いてみると一重のモッコウバラとはちょっと花が違うようです。
八重のモッコウと同居していますがこちらの方が花期が遅くてなんとかオープンガーデンまでもってくれそうです。
シンプルでとても可愛いです。

あと二日
去年は魔法のように当日の朝フェンスの薔薇が開花しましたが
今年はどうなりますことやら

先に公開されたいくつかのオープンガーデンのオーナーさんのお話では、今年は新聞などの扱いの関係でいつになくお客様が少なかったようです。
小さい我が家にとってはゆっくりお話ができるのが一番なので丁度いいかも~coldsweats01

| | コメント (12) | トラックバック (0)

2010年5月 5日 (水)

オープンガーデン2010その2

GW…今年こそは久々にじっくりオープンガーデンを楽しむつもりでフルコースを妄想していたのに急に二組のお客さんが続くことになり落ち着いて庭をみる余裕がありませんでした。
写真もあまりありませんがこのGWの足跡を残しておきます。

4月29日妹夫婦がやって来ました。
Img_08651_4 早朝からの長距離ドライブで疲れているだろうに
伯母のお見舞いがてら多肉植物で有名なK氏のオープンガーデンに伺いました。
久々にお伺いしましたが今年はリュウゼツランの花を初めて見ることができました。
Img_0866_2
この花は一年かかって茎が伸びてきたのだそうです。太い茎はまるで竹のように空に向かってまっすぐ伸びています。
4~5メートルはあるでしょうか
本当に迫力の花です。
先端まで開花するのはまだまだかかりそうです。
K氏のお話では開花した株は枯れるそうです。
肉厚で立派なリュウゼツランですがさすがにこんな花が咲くと力尽きるのでしょうか

Img_0852_2
コレクションは年々グレードアップしていていつお伺いしても驚きの庭でした。

4月30日と5月1日
妹夫婦を連れてハウステンボスに行きました。
Img_0960 ハウステンボスはボタニカル・リゾートというコンセプトもあって植栽の大変美しい場所でした。
オープンガーデン終了後にまた改めて取り上げたいと思います。

ハウステンボスの帰りには仕事でハウステンボスには行けなかった旦那様と駅で待ち合わせて佐賀のオープンガーデン3件まわってきました。

ハウステンボスでゆっくりしすぎて写真はほとんど撮れていません。

Img_1074_2
Yさんのお宅に咲いていたナニワイバラ
今年は花が見頃でした。
いつもDIYがお得意なご主人様の作品が楽しみなお宅ですが
今年は新しい煉瓦積みができていました。

Img_1084_2
畑のフレッシュなハーブや花をアレンジしたお料理美味しい
Hさんのレストランへのアプローチ
ご夫婦やお嬢様たち家族みんなでそれぞれお仕事を分担されて
『大草原の小さな家』みたいな羨ましい家族です。
今年はご主人が家の一部を覆うような大作のフェンスを完成されていました。
来年どんな植物で覆われるか楽しみです。

Img_1095_2
建築家Fさんのキッチンガーデンです。
今年はシレネがお野菜たちの足下を華やかに飾っていました。
前庭・中庭ともに建物とセンス良くアレンジされていて素敵でした。

5月3日には妹たちを見送って
前日に帰って来た息子たちと久留米方面へ
一緒に住んでいた頃にオープンガーデンなど行ったことない息子でしたので、まさか一緒に行くと言うとは思いませんでした。
都会の仕事に疲れて植物に癒されたくなったのでしょうか…

Img_1128_2
先ずは主催者のMさんのお宅
大きな切り株が見えます。今年は大きな木を何本か切られたそうです。
元々Mさんのお庭は大木と宿根草に覆われた森の中という感じのお庭でしたが影を作っていた大きな木を切られたことでずいぶん明るくなりました。
新しくベジタブル・ガーデンも出来ていました。
来年はとても充実しそうで楽しみです。
ちょうど帰国されていたお嬢様ご夫婦とお話できて息子たちも楽しそうでした。

次にお伺いしたのは画家のKさんのアトリエ
Img_1140_6  毎年オープンガーデンと個展を同時開催されていますが、今年の個展のテーマはガラスでした。
ガラスの器やそれに生けたお花などを題材にたくさんの絵が展示されていました。
そしてどのお部屋にも古くて素敵なアンティークのガラスがたくさん置いてあり、どこかのアンティークショップとのコラボかと思ったら全部オーナーさんのコレクションなのだそうです。

Img_1139_4
なんと二十代の頃からのコレクターだそうで驚きました。
ついガラスの写真ばかり撮ってしまってお庭はぼんやり背景しかありませんが、雑木と下草で構成された素晴らしいお庭です。
こういうお庭は何度来てもまたその場に身を置きたくなる不思議な魅力があります。

そして最後は早春にもお伺いしたIさんのお宅
Img_1146_2

やはり3月とは様変わりで今年は見事な藤を拝見できました。
今まであまり咲かなかった株に手を入れてずいぶん花付きが良くなったのだそうです。
Img_1142_2 薔薇には少し早かったけれど奥様の丹精込めたお庭を満喫させて頂きました。
ウェルカム・ボードもお洒落です。

*********************

さて今年のオープンガーデンは
いつもとは全然違う顔ぶれで、
スケジュールの都合もあったので
あまりゆっくりできませんでしたが、素晴らしいお庭に大変刺激を受けました。

また今回は古くから知っている方ばかりで
オーナーさんたちとのお喋りもとても楽しかったです。
毎年再会して春の喜びと庭造りの楽しみを
分かち合うとても幸せな時間です。

見せて下さったオーナーさんたちに感謝です。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

« 2010年4月 | トップページ | 2010年6月 »