« ハイノキ・薫乃 | トップページ | オープンガーデン2010その1 »

2010年4月24日 (土)

オープンガーデン2010

今年もオープンガーデンが始まります。
お知らせが遅くなりましたが今年は早く公開される方もいて
明日からになります。

今年も開催期間限定でリンクをはりますので
ご興味のある方はご覧になって下さい。

オープンガーデン2010

我が家は5月9日最後の日のオープンになります。
後二週間しかないのにまだまだ未完成coldsweats02
今はいつものように春の妖精が現れて
堅い蕾に魔法をかけてくれるのを待っている所です。

我が家の庭は妖精に任せて明日はオープンガーデンに行ってきます。

Img_0587

ところで私はオープンガーデンを拝見して10年以上にもなるのに見損ねたものが毎年たくさんあって悔し~い思いをしています。

今日は去年オープンガーデン見た後で反省したことなどを元に
書いて眠らせていた記事を載せます。
長文ですが良かったらどうぞ

clock前フリ 興味ない方は飛ばして下さい

毎年オープンガーデンの季節はうきうきします。
20年位前イギリスのオープンガーデンの話を聞いた時には
他の方が一年手間をかけたお庭を見ることができる…
夢のようなお話だと思いました。

何が何でもいつか行かなくちゃ…と思ったものです。

いつかいつか…と思っている頃
私たちのオープンガーデンの主催者Mさんは
自宅からオープンを始められて少しずつその輪を広げていらっしゃいました。
Mさんのお庭の近くに住んでいるKさんからそのオープンガーデンを教えていただいた時は、驚いて飛んで行きました
幸運なことにその2回目から私はオープンガーデンを見せていただいています。

その頃感じたことは去年書きました。

今ではこのグループに参加しているお宅は35軒もになりました。
オープンガーデンの認知度も上がってゲストも
ご自宅をオープンされる方も増えて来ました。
オープンガーデンで出会ったり、誘い合って一緒に周ったり
お庭好き植物好きのネットワークも広がって来たのをひしひしと感じます。
主催者のMさんの提唱される家庭の庭から街の景観を美しく
という趣旨にも沿って楽しいなぁと感じます。

周る方も公開される方も年々ヒートアップしてきて
立派なお庭は観光地のような賑わいを見せるようになりました。
バスをチャーターして大勢でオープンガーデン巡りをするという
ツアーを企画する人さえ現れました。
(全くグループと関係ない人です。)

我が家も始めた頃と違ってそうとうな数の方が見えます。
が数年前と違って人の数が増えるのと反比例に滞在時間が短くなっています。
昔はもっと深い楽しみがあったのになぁ…と感じます。

確かにお客さまが増えている今では
他のメンバーのところに伺っていても前ほど長居はできなくなりました。


clockオープンガーデンのフルコース

それでフルコースのオープンガーデンの楽しみ方を妄想してみました。
毎回オープンガーデンが終わった後に猛烈に反省している私が
今年は少しでも後悔を残さないために…

bar先ず日程表をもとにプランを立てます
昔は一日に7件も周ったこともありましたが、
それでは本当の味わいがなくなるので控えめに

そうして歩きやすい踵の無い靴と帽子を選んで出かけます。
自然石を通路に埋めていたり、芝生をひいてあるお宅では足を取られます。

目的地に着いたら駐車場の情報を探します。
住宅街によってはなかなか車が止めにくいところもありますので
そういうところは混み合う11時から3時を避けるようプランを立てます。

Img_4231b
restaurantさてお庭に入る前に周囲と目的のお庭の外観を見ます。
エントランスはお家の方が結構工夫をされているところです。
お玄関へのアプローチだけでなく隣家との境とかフェンスの高さとか生垣とか
こういう所は生活の場である家と
ショーやお店のモデルガーデンとは大きく違うところです。
フェンスの高さや素材によって日照条件など変わります。
その条件でどんな植物が生育条件に合うのかとても参考になるところです。
Mさん主催のオープンガーデンでは街の景観として開いた庭
という基準がありますので、どんなに素敵な庭でも塀に囲まれて外から見えないようなお庭はありません。
それなのに外観をじっくり見ないで庭に入ってしまって
家に帰ってから後悔することは毎年ありました。
自分で庭造りをする人にとっては一番参考になる所なのにcoldsweats02

wineそれからおもむろにエントランスから庭にいたる道の両側の植物を楽しみながら入ります。
お庭に入ったら外観から見た感じと中のギャップを楽しみます。

restaurantそして大きな樹木の位置
低木の位置 フォーカルポイントとなっている植物など庭の構成を鑑賞します。

花好きな私は庭に入るや否やついつい足元の草花に目が行って
上を眺める余裕も無く何の木があったのかさえ見てないこともあります。
庭の構成の大事なものは樹木や小路・高低差だと頭ではわかっているのに
帰ってから思い出せない悔しさを何度も味わっています。
あそこの銅葉の木はなんだったかな…とか
常緑は何本あっただろうかとか…

restaurantそれからオーナーさんとお話しできる状況なら
お庭との関わり方や気にいっている場所
DIYされた部分など伺います

それぞれのオーナーさんの庭造りの考え方を知ることで
植物のセレクト 手入れの仕方など参考になるのはもちろん
お人柄などもわかって楽しいひとときです。
 例えば我が家であれば目立たないこんな所がお気に入りだったりcoldsweats01

2010_03_311

cakeそして最後のデザートに気なる植物やアイテムのチェック
と行きたいところなのですが
どうも何度も行き慣れたお宅になると
最後のデザートだけになってしまう傾向があって一番の反省点です。

植物好きにとっては珍しい植物だったり
自分の好きな品種に目を奪われるのは無理からぬことですが
植物選びは園芸店や植物園でも可能なことだし
ガーデニングショーやフラワーショーに出かれば
(ランなら蘭展 薔薇なら薔薇展に行ったほうが)
もっと有益な情報があるかも知れません。
だからオープンガーデンでしか得られない経験を見落とすのは勿体無いです

cafe今年でオープンガーデン巡るようになって12年になります。
最近はオープンするだけでやっとでしたが
今年は余裕があれば前菜からデザートまでフルコースで拝見したいものです。

|

« ハイノキ・薫乃 | トップページ | オープンガーデン2010その1 »

オープンガーデン」カテゴリの記事

コメント

ご無沙汰してしまいました。
なかなかコメントが出来なくて申し訳ありません。

テンプレート、素敵に模様替えされましたね。
写真も、とても綺麗です。

今年も、オープンガーデンの季節になったのですね。
今年は、温度が上がるのが遅くて
お庭も、計画どおり進んでいないかもしれませんが
温度が上がって来ると、一気に植物たちも
目覚めてくれるのではないでしょうか?

オープンガーデンめぐりをされるようになって
もう10年も経たれるのですね。
楽しみ方、とても参考になります。
わたしは、毎年は行けていませんが
今年は、行けるかな?
わたしの住んでいる街では、オープンガーデンがないので
いつも、他のところに遠征に行っているのですよ(^^;)
今年は、tearoseさんの楽しみ方を参考にさせていただきますね。
ありがとうございます。

赤いバラのおうちも、外国みたいでとても素敵ですが
石組みの写真、いいですね~。
こんな雰囲気、大好きです。

投稿: みー | 2010年4月26日 (月) 00時21分

愈々オープンガーデンの日が近づいてきましたね!
早いもので、昨年始めてお邪魔して一年が経過しました。
先日は螺旋階段のカロライナジャスミンを目当てに立ち寄らせていただきましたが、
お庭の中を見るのを楽しみにしています。
5月9日は何時ごろからオープンですか?
今年もオープンガーデンが楽しめることに感謝です!

投稿: sinobueakira | 2010年4月26日 (月) 00時59分

見るポイントを逃さずに!と思っていても
実際行ってみると同じような見方しか出来なさそうな
感じですが、これを読んで再確認していきたいと思います。

投稿: ともっち | 2010年4月26日 (月) 13時04分

みーさんへ

ご多忙なのに訪問して下さってありがとうございます。
みーさんの近くではオープンガーデンやっていなかったのですね
ブログを拝見しているとガーデンフィールズや有名な園芸店などお近くにあって、みーさんを始めレベルの高い植物愛好家が周囲にたくさんいらっしゃるようなので不思議な気がします。
福岡も植木の生産地が近く、環境は恵まれているほうだとは思いますが、やはり取り纏めて下さる主催者Mさんのご尽力のお陰で発展してきたのだと思います。
こうして毎年シーズンを迎える度感謝感謝です。

オープンガーデンを見ることにかけては
自分がオープンするようになって益々貪欲になってきました。
フルコースは欲張りすぎかもしれませんね

みーさんが石組みの写真を気に入って下さって嬉しいhappy01
ここの植物は全部勝手に増えた物です。
ウルサクなりすぎると少し間引く程度で
ここだけは本物のナチュラル
植物の気分任せです。

投稿: tearose | 2010年4月26日 (月) 21時50分

shinobueakiraさんへ

一年が経つのは早いようで
shinobueさんとのおつきあいがまだ1年とは思えません
ブログを通してお付き合いが深くなったせいでしょうかcoldsweats01

shinobueさんのように今年も見たいと思って下さる方がいらっしゃることにとても励まされます。
私のほうこそ感謝です。

投稿: tearose | 2010年4月26日 (月) 22時00分

ともっちさんへ

いえいえ、ともっちさんは去年とは確実に見方が変わっていると思いますよ~
ともっちさんの植物のデーターベースは恐ろしいスピードで増えていますから…
庭造りに没頭すればするほど
オープンガーデンは情報の宝庫だと感じます。
でもそれを生かし切れなかったのでこういう理想を書いてみましたが
実際は難しいです~coldsweats01

投稿: tearose | 2010年4月26日 (月) 22時09分

毎年、ついつい草花にばかり目がいって帰って溜息ばかり=3
でも、今年は「オープンガーデンのフルコース」を頭に入れてオジャマさせていただければ、
少しは我が家の庭も変わるかもしれません。
いつもブログでお勉強させていただいています。

今年もオジャマさせていただきますのでよろしくお願いいたしますconfident

投稿: OGC | 2010年4月27日 (火) 22時38分

OGCさんへ

フルコースは理想だけど私もまだまだ妄想の域です。
私も草花ばかり目が行くのは同じですね~
でも見方を変えるとオープンガーデンは
何度も美味しいんです。
特に庭造りを自分でしようと思っている人には

OGCさんも今までオープンガーデンを多く見てこられて
いろんな経験をされたと思いますが
今年は何かひとつテーマを持って見ていくと面白いかもしれませんねwink

投稿: tearose | 2010年4月28日 (水) 12時21分

こんにちは~!
ご無沙汰しています~

いよいよオープンガーデンですね!
本当に今年は開花が遅くて
困っています・・

こちらにも妖精を要請します!なんちゃって!

なかなか伺うことができませんが、
今年もお互いにお客様に楽しんで
もらいましょうね^^

投稿: 飛燕紫舞 | 2010年5月 3日 (月) 08時23分

飛燕紫舞さんへ

お久しぶりです。
オープンガーデンはいかがでしたか
飛燕紫舞さんのお庭はリニューアルされて
薔薇たちも気持ち良い春を迎えたことでしょう
私は準備がまだまだ(;^_^A
明日が仕上げです。

投稿: tearose | 2010年5月 4日 (火) 21時54分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/172033/29420734

この記事へのトラックバック一覧です: オープンガーデン2010:

« ハイノキ・薫乃 | トップページ | オープンガーデン2010その1 »