« 2009年11月 | トップページ | 2010年1月 »

2009年12月

2009年12月27日 (日)

温かいクリスマス

今年はクリスマスイヴはお家でクリスマス・ディナーの後
縫い物をして地味に過ごしました。
これが夜更かしして縫った伯母へのプレゼント
最近はベビィーウェア用のスナップベルトとかもあって
不恰好だけどふわふわぬくぬくのスカートです。
Img_81531
実はこの巻きスカート
フリースの毛布でできているのですよ。
面白いいきさつがあって…

伯母は片麻痺になってから着替えが大変なのか冬用の下着を着せて貰えなくなりました。
冷えるのでいろいろ膝掛けを持っていってるけど食べ物を度々こぼすから、ウールは洗濯が大変…と友人Mさんにこぼすと『私が買って来てあげる』と言うのです。

お任せでは申し訳ないのでMさんとショッピングモールに出かけました。
私が膝かけをサスペンダーで吊って下半身全体を包んであげたいと言うと『サスペンダーより縫ってスカートにしたらいいよ』とMさん
私はミシンもないからいうと『私がひとつ縫うから手縫いで頑張ろう!!』と言って寝具売り場でフリースの毛布買って店員さんにその場で半分に切ってもらいました。

も~後に引けません。
夕方、大急ぎで戻ってクリスマスディナーを終わらせてから夜なべ仕事
毎年お料理やケーキはそれなりに頑張ってたけど今年は子供もいないし
夫々にプレゼント贈ったら終わり…と思っていた私


手作りのプレゼントなんて久しぶりだなぁ~
よく考えてみると身動きできない伯母の背中にサスペンダーの金具が当ると痛かったかも知れない
それに、今の伯母ために私がしてあげられることって少ないのに
貴重なチャンスを失うところでした。
ちくちく一人で針仕事しているといろんな事を考えました。
ようやく出来たのはクリスマスの日の午後でした。
花束と不恰好な手縫いのスカートを持って行くと
伯母の口から本当に久々に『ありがとう』の言葉が聞けました。

Img_780315p2_2
今年は子供もいなくなって淋しいクリスマスだと思っていましたが
Mさんに大きな温かい心を頂いて本当に嬉しいクリスマスになりました。
Mさんはご自身にもいろいろ大変なことを抱えていらっしゃる年末なのにこんなことができるなんて凄いと思いました。

伯母の施設から帰りにMさんの家から作りかけスカートも引取って来ました。
Mさんから頂いた温かい心のプレゼント復習です。

後先になりましたが
我が家には23日に力持ちのサンタさんが来てくれました。

Img_8137_2 冷蔵庫です。3年位前故障した時も修理したのにやっと、 お気に入りの機種が見つかったのとエコポイントの後押しもあって15年ぶりの買い替えです。

15年働いてくれた冷蔵庫も
キレイにして送り出しました。
Img_8140_3

Img_8142 何故ここまで我慢したかというと
二階リビングなので大型冷蔵庫の搬入は大変なんです。

階段の途中の照明取り外したり
ドアを外したり
その度に家も傷みます。

でも我慢した甲斐がありました。
新しい冷蔵庫はとっても便利
Img_8222_4
野菜室が冷蔵室に内蔵されていて一目で野菜がわかるので使い残しなし
一番取り易い高さにあるので、かがむのが大変な私には嬉しいデザインです。!
それに冷蔵室が大きいということはドアポケットの収納力も抜群で、
今まで困っていたビールや調味料などもラクラク収納です。

前の冷蔵庫とほぼ同じ大きさなのに容量も100ℓも増えて
年末には頼もしい味方になってくれそうです。

| | コメント (12) | トラックバック (0)

2009年12月23日 (水)

ベゴニアガーデン

しばらく間があきましたが今日はそのぶん
ふんだんにベゴニア・ガーデンの画像をお楽しみ下さい。coldsweats01

友人に聞いてからずっと行ってみたかった唐津のポンポコ村ベゴニア・ガーデンです。なぜポンポコ村なのか良くわかりませんが植物好きな大人の楽しめる場所でした。

Img_8123b_2 

以前木立性ベゴニアベゴニアタブレットについて記事を書きましたがこのポンポコ村へ来て新しいことをお聞きすると、そうとうアバウトな記事だったと反省しました。
植物の気持ちより自分が楽したい気持ち優先だったようで、ぐうだらガーデナーとしては知識を得たからといって本質は変わらないわけですが…

Img_8062b ガーデンに入ってすぐのところにこんなゴージャスなキャスケードがたくさんありました。
冬でも一定の温度と日照があれば咲き続けるそうです。

伺うと夜も遅くまで電気をつけ
水代わりに自動潅水で薄い液肥をやっているそうです。

なるほど!!

私は冬場は肥料などいらないのではという考えで室内の植物に肥料をあげたことがなかったけれど、暖房の効いた部屋では肥料があればこんなに咲くのですね。

今年とりこんだ植物には試してみようと思いました。

Img_8077b_2

 ベゴニアの花には雌花と雄花があるそうですが、この写真のように一株の中に雌花と雄花両方が咲くのだそうです。
この花は花の形が全然違うのでわかりやすいのですが、ベゴニア・センパフローレンスのような地味な花でも良く見るとちゃんとあるようです。

Img_8086_2 

Img_8083b 他にも葉っぱ好きの私にはたまらなく面白い葉っぱがたくさん

この葉っぱは確かウズシオという名前だったかな

クルクル~ミラクルhappy02

そう言えばこの葉に限らずベゴニアの葉は左右非対称なのだそうです。

花も葉も見るものが多くて
それほど大きな温室というわけでもないのに時間が全然足りませんでした。
Img_8087

そしてこのベゴニア・ガーデンの素晴らしさはベゴニアだけではありませんでした。
それは鉢のレイアウトのうまさ
よく見るとほとんど鉢が寄せ植えではなく単稙で
色や形の合うものを寄せています。
こんなに夥しい鉢があるのにお花屋さんのようにならずセンスよくまとめられていました。

Img_8117

こんなお茶目なレイアウトもありました。
一応記念写真も撮ってみましたが…
中学生位なら似合うかとdespair

温室なので年中同じような花が咲いてるのかと思いましたが
温室にも季節があるようで季節季節で違う花が見られるそうです。
今度は違う季節にゆっくり行きたいと思いました。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2009年12月15日 (火)

秋の終り?

やっと冷え込んできましたね
先日撮った我が家の離れから見える紅葉
Img_7446_5   
がこんなだったらいいだろうなhappy02
…と思いながら我が家に楓はまだありません。

それでも狭い我が家の木々が紅葉するのを待っていました。
日当りが悪いから紅葉が遅いのか今年は待てど暮せど紅葉らしい紅葉になりません。
そうこうするうち山ボウシの木は葉っぱを落とし
やっと紅葉し始めた木も部分的にしか紅葉せず散り始めました。

Img_7924 
メギも色とりどり

Img_7905

コバノズイナもこんなかんじ

Img_7904_3
我が家で毎年一番確実に紅葉してくれるニシキギもこの有様


ふーっ
今年の夏は変
とか秋は変とか
ここ数年言い続けているような気がしますが
今年の秋(冬)はことのほか変
12月になっても蚊柱らしきものを何度か庭で見ました。
Img_79261 カシワバ紫陽花なんか紅葉してから緑の葉っぱが出て来ているし

Img_7920
椿のエクストラバガンザの芽は本当なら三月に咲くはずなのにもう蕾が大きくなり始めています。

山紫陽花も小さい花が咲いてしまいました。

Img_7911 アザレアもちらほら咲いています。
来年の春
みんなどんなお顔で過ごすのでしょう
こんな異変は我が家だけでしょうか?

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2009年12月 3日 (木)

レンガのミニ花壇造り

春はガーデニング
夏は写真撮影
秋はDIYやリフォームなど家周りのこと
そして冬は写真やガーデニングの整理と来シーズンの準備
介護や子供の進学やいろんなイベントはあっても
気が付くと毎年私は季節労働者のように一年を過ごしています。

今年の秋のお仕事は家と庭のプチ・リフォームです。
Img_45932 家が一旦終了したので先週末は左の場所にレンガ積みをしました。

実は去年の秋からここのノウゼンカヅラを植えたプランターが根詰まりしていました。
排水もできない程になって寄せ植えにしていた大株のローズゼラニウムは枯れてしまいました。
その時はプランターの側面にドリルで穴を開けて排水だけは確保したものの駐車場の入り口に大きくアーチを作ったノウゼンカヅラを外す勇気はなく根切りして新しい土を入れ様子をみました。

ひと夏越してやはりこのプランターの状況では寄せ植えもままならない状態だということがわかりました。

大株のノウゼンカヅラやカシワバ紫陽花が植え替えに耐えるか心配でしたがプランターを外して花壇を作ることにしました。

Img_7582

材料は安いレンガ 赤・黄色・茶色・ベージュ 初秋から買って少し寒くなるのを待っていました。

Img_7580 先々週末にはコーナーのパーツを作りました。
本当なら積みながら削るのが綺麗にいくと思うのですが、長時間の作業は脚に負担になるのでプレカットで仮にコーナー用の部材を作って貼り付けることにしました。

Img_7142

リフォーム業者さんに教えていただいたコンクリート用の接着剤を使ってみました。この接着剤は駐車場の輪止めブロックを接着する時も使われるそうで一度固まるとセメントより強そうです。Img_7584

土曜日の作業

フェンスに絡んだ植物のカットと片方のプランターの取り外し

床ブロックの剥し

このブロックの下も掘り起こそうとしてみたのですが砂と砂利の層がかなり厚くその下は硬い粘土なので簡単ではありません。Img_75831
プロの造園業者さんならしっかり耕すことでしょうがあっさり断念
後で後悔することになるかもしれませんが、その時はまたその時bleah

Img_7589 日曜日の作業

レンガの積み上げと土作り

午前中は紅葉を見に出かけて作業は午後からになりました。
お昼からお鍋などゆっくり食べていたら、すっかり遅くなって、焦って積んだので途中の写真はありません。coldsweats01

プレカットして作ったコーナーパーツはいい思いつきだと思ったのですが駐車場内から外に出す時順番を考えず出してしまったので、難解なパズルになってしまいました。
チャチャっと終わるはずだったのですが正解がなかなか見い出せず四苦八苦
結局夜間照明までつけて7時半までかかりました。

翌朝出来た作品を見てびっくり
当初の予定よりずっと張り出して臨時駐車場としてはどうなんでしょう…

それに形もRがきれいに出ず直角に近い感じになっています。
直角なら苦労してカットしなくて良かったのに…
う~ん…sad ま いっか夏になれば植物が隠してくれそうだしsmile

Img_7586 土のお話し

土のブレンドはお世話になってる園芸店のお勧めを参考にで次のブレンドにしました。
真砂土(10㎏) 16袋
腐葉土     10袋
牛糞       6袋
微生物系土壌改良剤(40㎏)1袋

お庭を始めた頃は新しい花壇に土を入れるとき普通の花と野菜の土や赤玉土に腐葉土や牛糞を混ぜていました。
しかし植物が軟弱で倒れやすくなかなか育たないことからガーデニングのお師匠Mさんに相談したところ土が軽すぎると風で根が動くので真砂土を使うことを薦められました。
真砂土…造成地などに大量に入れるなんの栄養もない重い土
それをガーデニングに使うなんて思いがけなかったけど真砂土を使用するようになってずいぶん良くなってきました。
それでもブレンドは適当でしたが、今回園芸店で真砂土と同量の腐葉土と牛糞を入れることを推奨されました。腐葉土と牛糞は2:1です。
それにいつも使っている微生物系土壌改良剤も入れました。
新しい花壇に植物がしっかり育ってくれるといいのですが…

余談ですが今回真砂土の値段はあってないようなものだと思いました。
石積みの花壇のために業者さんに頼んだ時は軽トラ一杯1万円
今回はホームセンターで袋入りを購入しましたが最初の店は350円
足りなくなって買い増ししたお店ではその半額でした。 

| | コメント (14) | トラックバック (0)

« 2009年11月 | トップページ | 2010年1月 »