« 憧れの茶花 | トップページ | 霧島で治療? »

2009年9月25日 (金)

秋まで楽しめる熱帯の蔓植物②

非情な剪定でお話ししたとおり今年は庭の宿根草たちには過酷な夏になりました。10年以上も咲いていた丈夫なユリオプスデージーでさえ瀕死の状態です。

そんな中でも旺盛に成長しているのは蔓植物たち
我が家は角地にあってさらにお隣が駐車場なので三方向フェンスで蔓植物が覆っています。そしてパーゴラ・駐車場・小さい庭に多くの蔓植物がひしめいています。
今咲いている蔓植物を紹介してみます。

先ずは西側駐車場周りから

Img_62751

ルリマツリ(ブルンバーゴ)
イソマツ科プルンバーゴ属 Plumbago.auriculata

Img_63071
Img_63111_3
夏に元気で6月頃から11月頃まで繰り返しよく咲く花です。
青~白まで涼しい色どりです。

九州では地植えで大丈夫ですが、冬や春の寒さによって咲き始めの頃の花付きにバラツキがあります。
でも日当りと花がら摘みに気をつければ秋には驚くほど花を付けます。
我が家は左の花を2m位のオベリスクに絡めて長く育てていましたが直径も2mになって場所を塞ぎになったので晩秋に植え替えしたら枯らしましました。
やはり熱帯の花の植え替えは寒くならないうちに終わらせたほうが良いみたいですね。
その後もっと青い上の品種を見つけたのでまた買いました。
それも大きくなりすぎて移植したばかりです。日当りが悪い場所なので来年が心配です。

ピンクノウゼンカズラ
pink trumpet vine
ノウゼンカズラ科ポドラネア属
Podranea ricasoliana

Img_62991

Img_63101_2

昔はノウゼンカズラと言えばオレンジ系の色で寒色系の多い我が家には馴染まないと思っていましたが、このピンクに出会っていろんな色や形があることを知りました。
ご近所にはもっと白いピンクの花が咲いています。

可愛い花に似合わず逞しい花です。茎は藤のように太くなるそうでうっかりフェンスに絡ませてしまって困っています。

しかも何も考えずプランターに植えたから大変
今は根詰まりで根じめに植えた植物が育たないわ水切れを起こすわで毎年対策に追われています。本来ならすっぽり抜いて地植えにしたいのですが、太い茎がフェンスに絡まって植え替えできるようなレベルではありません。花が終わったら今年も大仕事するか見てみぬふりするか悩むことでしょう
小さな鉢植えで買うとついつい気を許してしまいそうですがこれから植える方はどうぞお気をつけて

|

« 憧れの茶花 | トップページ | 霧島で治療? »

Vines(つる植物)」カテゴリの記事

コメント

のうぜんかずらは、プランターに植えてあるのに、あんなに大きくなったということでしょうか?
すごいですねぇ~
※※※
今度はまたお庭が変身しそうなので、楽しみにしています。

投稿: ともっち | 2009年9月26日 (土) 01時59分

一年中、四季を彩る花に囲まれる素晴らしいお庭は流石ですね!
手入れも大変でしょうが、tearoseさんは楽しみながら手入れされているようですから苦にはなっていないように感じますね。
花は愛情を注ぎいで手入れをしてあげると、人間を裏切りませんね。
花も綺麗ですが、鬘や蔦の曲線やしなり具合も自然そのものを感じさせてくれて良いですね。

投稿: sinobueakira | 2009年9月27日 (日) 12時32分

ルリマツリは濃いブルーもあるんですね。 初めて見ました。 
我が家のルリマツリはスタンダード仕立て風にしようと思ったのですが、
暴れて上手くいきませんでした。   難しいですねweep


投稿: OGC | 2009年9月28日 (月) 11時00分

ともっちさんへ

そうなんです。
ノウゼンカズラもの凄い勢いですね
結局今度のカイゼンはあのノウゼンカズラに余儀なくされたものです。
成功するといいのですが…coldsweats01

投稿: tearose | 2009年9月28日 (月) 18時24分

shinobueakiraさんへ

いやぁ…
あんまり手を入れていないのに褒めていただいて恐縮です。coldsweats01

おっしゃるように人工的な構造物であるカーポートの屋根をなんとか自然に近づけたくて蔓植物を誘引しています。
貧血で上を向くのが苦手なので作業はもっぱら旦那様に依存していますが、旺盛な蔓植物で煩くならないよう構造物を覆うというのは結構根気がいります。
毎年試行錯誤の繰り返しです。

投稿: tearose | 2009年9月28日 (月) 18時33分

OGCさんへ

ルリマツリ暴れますよね~coldsweats01
スタンダードは根気が入りそうですね
花の咲くものは花をとるか形をとるか迷っているうちに形が崩れて…ということ私も多いです。
ルリマツリのような熱帯系はあんまり寒くなってから刈り込むと風邪引いたりしますから花が少し休む夏がチャンスかもしれません。

投稿: tearose | 2009年9月28日 (月) 18時46分

ピンクのノウゼンカズラ、可愛いですね〜。
うちの周辺では見たことありません。
うちにも分けて頂いたノウゼンカズラがあるけれど、ごく普通のオレンジ。
引っ越して丸2年半がたって、我が家の庭のくせがわかってきました。
夏、目の前の山の大きな木が生い茂ってしまうので、秋にはまったく陽がささず。
冬までに枯れてしまうものが多いような・・
日陰、または半日陰で育つものしか生き残れない庭なんだとやっと気づいたところ。
また始めからやり直し、、、かもしれません。

投稿: こーこ | 2009年9月28日 (月) 23時12分

こーこさんへ

庭のくせが2年でわかるなんて流石ですcoldsweats01
長い間住んでいても客観的に見てないとなかなかわからないですよ。
我が家も陽の当る場所はわずかなのにデッキがあったり大きな木を植えすぎたりでほとんど半日陰です。
木の生長とともにどんどんジャングル化してしまうので日当りがないと生きていけない植物は淘汰されてきています。
でも花が多すぎないほうが静かで
お疲れ気味の今の気持ちには合ってるような気がします。
日陰の植物も魅力的なもの多いですから相性のいいものを気長に選んだり植え替えしたり…
毎年私も楽しみながら悩んでいます。

投稿: tearose | 2009年9月28日 (月) 23時30分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/172033/31408087

この記事へのトラックバック一覧です: 秋まで楽しめる熱帯の蔓植物②:

« 憧れの茶花 | トップページ | 霧島で治療? »