« お上品な花火 | トップページ | 非情な運命…負けない花 »

2009年8月17日 (月)

非情な剪定①

ずいぶん間が開いてしまいました。

7月末から8月にかけて所属する会の写真展がありました。
作品提出が調度伯母の入院中だったので参加はできないとお伝えしていました。
でも伯母の退院後ギリギリまで待って下さるということで、急遽何年も撮り放しだったフィルムを振り返るという作業に入りました。
過去何年介護モードで放置していたことに手をつけるというのは、錆付いた機械に油をさすように私にとっては凄い力技でした。
しかも私はこの会では新参者。何を求められているのか全然わからず、ギリギリまで七転八倒の末ようやく数年前沖縄で撮影した2枚を出品させて頂くことになりました。
(写真は展示した作品と同じ首里城です。)

P10108612
終わってみれば、まがりなりにも美術館に飾れる作品と呼べるものが出来たこと
そして懐かしい先生や写真仲間たちに再会できたこと
新しい会の人たちと少し親しくなれたこと
久々の感動と喜びの連続で苦しんだ甲斐はありました。coldsweats01

またその間にも母の初盆や父の病状の悪化やいろいろ…
もともと夏は体力的に厳しいのに少し力を使いすぎました。
お庭も当然放置で植物の話題からもずいぶん遠ざかっていましたが、
8月の始めに庭師さんの夏剪定がありました。
毎年6月頃にして頂いていたのに私が忙しかったのと長雨でこんなに遅くなったのは初めてです。
長雨といつになく時間が開いたことで剪定前の庭はかつてないほど密林状態でした。

Img_5245

それをスッキリさせたくてアレコレ御願いしたのですが…
普通夏剪定は常緑樹を中心に剪定して落葉は整枝程度が定石なのに
何もかも切り過ぎてしまいました。
庭の半分を覆っていたユーカリとオリーブは半分から三分の一に
鬱蒼と茂っていた山法師と林檎もスカスカ

真夏にこんな剪定は無謀だった…
と気がついた時には大変なことになってしまいました。

プロの管理してしている農作物でさえ不作になった長雨や豪雨を
やっと凌いだ下草の植物たちを急激な灼熱地獄にさらしてしまったのです。
数日で山野草や小さな植物たちが次々に息絶えました。crying
毎年夏越しが一番の問題ではあったけど今年は目を覆いたくなるような惨状です。

ごめんなさい
ごめんなさい
庭中を日傘で覆いたい位だけれど、成す術もなく夏が終わるのを待つしかありません。
蘇る植物の力を信じて

|

« お上品な花火 | トップページ | 非情な運命…負けない花 »

写真」カテゴリの記事

園芸作業覚書」カテゴリの記事

コメント

お盆は水やりのお留守番をしたのを思い出します。
今年は、お留守番もいらないくらいだったみたいですね。
お留守番のお土産にいただいた伊予柑ゼリー
を凍らせて食べたことを、いつも2人が懐かしがって話します。

投稿: kiku | 2009年8月18日 (火) 21時10分

お久しぶりです♪
写真展に出展なんて凄いですね!
ぜひ私にもアドバイスして下さい(^O^)
山野草が絶えてしまったのは痛いですね。
私の庭はまだ、ボサボサ密林状態
そろそろ、やらなくてはと思ってはいて
なかなか進みません(^^ゞ
 

投稿: note774 | 2009年8月18日 (火) 21時19分

kikuさんへ

あ~そんなこともあったのですね
その節はお世話になりました。
お水遣り今では自分でも面倒になる位植物が増えてしまって頼むなんてできないです。
今年は初盆が早かったのでお盆には出かけませんでした。突然庭でバーベキューしたりしましたが近くならお誘いしたかったです。

投稿: tearose | 2009年8月18日 (火) 23時29分

ここ数日・・・夏!といった日差しの強い日が続いていますねぇ。
剪定ってそういう意味だったんですねぇ~
消えた植物、復活したらいいですねぇ?

今日久々に草取りをしました。
今は、種のカタログを毎日眺めています(笑)
苗を買った方が、かえって安上がりかも?と思いながら・・・(;^_^A

投稿: ともっち | 2009年8月18日 (火) 23時32分

note774さんへ

写真展といっても仲間内のことですから(;^_^A
でも写真やっていると今まで気にもとめなかったことが見えてきて楽しいです。
秋はまた美しいものが一杯
noteさんも愛機が退院されたらガンガン撮って見せて下さいね。

山野草復活するといいのですが…
たぶん今年の秋冬は大幅に手を入れないと楽しい春が迎えられそうにありません。
でも今年は秋も早そうだからボサボサの手入れはゆっくりしたほうが良いかもしれません。

投稿: tearose | 2009年8月18日 (火) 23時39分

ともっちさんへ

今年の秋冬はやりがいありそうですね
来春は我が家よりお宅のほうが楽しみです。
ともっちガーデンの初舞台幕が上がるのを首を長くして待っています。
良い種良い苗見つけたら教えて下さいね
そうだ!夏の間に土作りも頑張っていますか?
私は全てこれからです。

投稿: tearose | 2009年8月18日 (火) 23時45分

こんにちは~
お庭も植物たちの微妙なバランスの上に成り立ってるのですね~変化の後に再生を祈って…m(__)m

投稿: KOU | 2009年8月19日 (水) 15時12分

こんばんは。
首里城のお花、すごいですね!
南国のお花の生命力を感じます、
何という名前でしょうか。
石の壁からも沖縄らしさが伝わってくるお写真です^^

木陰があるからこそ、育っている植物もあるのですね。
また復活してくれますように。

投稿: Juno | 2009年8月19日 (水) 18時40分

こんばんは
写真展に出展されたんですね
まだ写真展開催されているんですか?
まだ開催されているんなら、ぜひ見て頂きたいです^^

夏の剪定、難しいんですね・・・

投稿: OGC | 2009年8月19日 (水) 22時29分

tearoseさんこんばんは。
ここに来てすごい残暑ですよね。どうぞご無理のないように・・
こんな気候では植物も大変でしょうけど
tearoseさんも本当によくがんばってらっしゃいますね。
草花たちがそのお気持ちに応えて
秋には少しでも回復してくれるといいですね。^^

投稿: YOKO | 2009年8月20日 (木) 23時34分

KOUさんへ

>お庭も植物たちの微妙なバランスの上に成り立ってる

おっしゃる通りですね
植物・動物みんな絶妙なバランスを保っていること思い知らされています。

投稿: tearose | 2009年8月21日 (金) 22時40分

Junoさんへ

ありがとうございます。
首里城のお花…私もどこかで見かけて名前を覚えようとしたのですがいつのまにか消えました。この花は沖縄ではたくさん見ました。
赤と塀のコントラストが好きだったので撮り始めたらこの花の中に白と黒の猫が戯れ始めて夢中でシャッター押したのですが下手カメラマンの手にはおえませんでした。coldsweats01
まだまだjunoさんのようにはいきません。

投稿: tearose | 2009年8月21日 (金) 22時49分

OGCさんへ

ありがとうございます。
残念ながら終わってしまいました。
写真展ってマニアックですからね
私は未だによくわからないんですcoldsweats01
でも今回参加させていただいた写真展は個性的で面白かったです。
ご興味がおありでしたら次の機会にお知らせ致します。

投稿: tearose | 2009年8月21日 (金) 22時57分

YOKOさんへ

本当に暑いですね。
お気遣いありがとうございます。
私も植物も秋待ちです。
YOKOさんのお庭のようにもっと自然で逞しい庭にしたいのですが狭いところに密植しているので、厳しいところです。

ところでもしやこの赤い花の名をご存知でしたら教えて下さいね。

投稿: tearose | 2009年8月21日 (金) 23時07分

もしかして、ハナチョウジでしょうか。
いや、私も知らないんですよ。
「沖縄」「赤い花」で検索してみました。^^;

写真展のことに触れていませんでしたが
オープンガーデンだけでなく、撮影もお仲間と刺激し合ってがんばってらっしゃるのですね。
花火のお写真がすばらしいのでびっくりしていたんですよ~。

投稿: YOKO | 2009年8月22日 (土) 00時17分

YOKOさんへ

うわぁ!!調べてくださったのですね
ありがとうございます。
そうです。
ハナチョウジ
私もその花だと思ったのです。
全然自分で調べる余裕無くてYOKOさんにふってしまいました。
流石です。頼りになります。
こう暑いとジャカランタみたいにこの辺でも育ちそうですね。

写真お褒めいただいて恐縮です。
ファインダー覗いている間だけは集中できるのでストレス解消ですcoldsweats01

投稿: tearose | 2009年8月22日 (土) 01時03分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/172033/30987489

この記事へのトラックバック一覧です: 非情な剪定①:

« お上品な花火 | トップページ | 非情な運命…負けない花 »