« 今年の紫陽花 | トップページ | デジフォトにはまる »

2009年8月31日 (月)

紫陽花のドライフラワーと秋色アジサイ

最近秋色アジサイがブームですね。
三年前枝モノを豊富に揃えている花材屋さんで秋色紫陽花という名前を初めて聞きました。
なんとも言えないシックな枯れ色でした。
我が家が飽和状態でなければ迷わなかったのですがその時は買いませんでした。

20090828_4

それから三年やっぱり欲しくなって、いろいろ調べるうちに我が家にも秋色紫陽花と呼べるものがあることがわかりました。
秋になっても花が変色しても美しいもの…それが秋色アジサイとういうなら
今人気の西安(シーアン)だけでなく秋の山沿いで見かける名も無い紫陽花も我が家の山紫陽花も秋色アジサイです。

20090828img_5730
写真は最近の山アジサイ紅手毬(恐らく)
毎年ほとんどドライ用に切ってしまうので今年は一部を残してゆっくり秋色を観察してみます。

Img_4678

緑色の蕾が開くに従って白になります。
そして徐々にピンクに染まってきます。
このように色が変化していくものは秋色紫陽花にもドライになりやすいものが多いそうです。

Img_5267
梅雨が終ると夏の強い陽射しと乾燥で白い部分が緑に変わってきます。
この頃が水分が少なくなってドライにには調度いいみたいです。
水分の多い白い花の間に切ると、花はクシュクシュになってきれいなドライになりません。

写真は剪定した八重の紫陽花も加えた生の状態です。
ちなみにこの八重の紫陽花も含め墨田の花火などは夏の終わりには花が汚くなってしまいます。
かろうじて青のシングルの紫陽花はドライになることもありますが成功率は低いです。
生の間にゆっくりと花びらの水分がぬけた時はうまくいくようです。

20090828img_5775左の写真はドライになった今年の花(手前)と去年の花

ドライになると生の時の緑色はやや優しい色合いになります。
さらに一年たつと退色してベージュに変わります。

アジサイをドライにする方法はいろいろあると思いますが
今年の私はほったらかし流でした。

生のまま花瓶に生けていると徐々に水揚げが悪くなってカサカサになってきたので水のない花瓶に移し変えて完全に乾燥しました。

生で活けて一週間は水を替えていましたが父の介護などあって放置している間に上の一枚目の写真のようになりました。
一昨年は天井から逆さに吊ったりしましたが、仕上がりはこの方が首が曲がらなくてきれいです。全てのドライの紫陽花に良い方法かどうかはわかりません。

20090828img_5780

去年作ったドライのアレンジの中に今年のものを少し入れるとアクセントになりました。
ベージュに変色したものは衝撃を与えない限りずーっとこのままです。
プリザーブドのような綺麗な色じゃないけれど小房にちぎって同じようにアレンジメントに使えます。薔薇やスターチスのドライよりずっと長持ちです。

紫陽花にはやはりドライに良い品種とできないものがあるようです。
我が家にはたまたまドライに最適な品種があってラッキーでした。
聞けばアナベルや柏葉紫陽花もドライになるということです。
…来年は柏葉で挑戦したいと思います。

最後に紫陽花のドライで忘れてはいけないのが臭い
今年は暑い日に留守したのでむせるように篭って何日かアロマランプのお世話になりました。
紫陽花の葉には青酸系の毒物もあるという話しですし、ドライにする時は葉を早めに落とすほうがいいみたいです。

|

« 今年の紫陽花 | トップページ | デジフォトにはまる »

Shrubs(低木)」カテゴリの記事

植物で楽しむ」カテゴリの記事

コメント

秋色アジサイ、ほんとうに綺麗ですね~。
最初の写真が、普通に水差ししていたものが
放置している間に、こんなになったなんて
信じられません。

>生の間にゆっくりと花びらの水分がぬけた時はうまくいくようです。

なるほど!
アナベルも、そうでしたが
生の間にある程度ドライになった状態で切る方が
うまく色が残ってドライになるんですね。
そして、1年経つと、ベージュ色になるのですね。
味わいがありますね。

わたしも、来年はカシワバアジサイも、色が残っている間に切ってドライに挑戦してみたいと思います。

葉っぱに青酸系の毒物があるのですか?
そう言えば、ニュースでアジサイの葉を食べて亡くなった方がいらっしゃいましたね。
ドライにする時に、葉っぱを早めに落とした方がいいとは、知りませんでした。
実は、我が家のアナベル、枯れた葉っぱがちょっとじゃまだなと思っていたのです。
今からでも、切り落としてみようかしら・・・。

投稿: みー | 2009年8月31日 (月) 23時48分

ドライは毎年作っていましたが、うまく行くのはこの山紫陽花だけでした。
もっと良いやり方があるのかも…と今になって調べてみると品種によるところが大きいみたいですね。

今まで柏葉紫陽花は切るほど大きくなかったので私も来年からの挑戦です。
柏葉紫陽花は頭が重いので吊り下げたほうがいいのかも知れません。
両方試してみます。
みーさんも来年ドライを作られたら見せて下さいね。

葉っぱはいつ落としてもいいですよ
葉っぱのドライはあんまり観賞価値ないですからcoldsweats01
私は生のアレンジとして楽しんでいたので残したのですが留守する前には切っとけば良かったと思いました。

投稿: tearose | 2009年9月 2日 (水) 11時21分

紫陽花のドライフラワーって、淡くシャビーな感じが
何とも言えず優しい雰囲気を作りだしますよね。
我が家の紫陽花は、今年もかみ切り虫かなんかに切られまくって、また花が付きませんでした。(;_;)
ドライに挑戦できる日は、夢のまた夢のような気が・・
まあ、どっちみちお花を眺めている余裕さえないこの数ヶ月でありましたが。
それでも、虫食いだらけになっても咲いたクチナシの花の香りがただよってきて、一瞬、心がふわ〜〜と軽くなったりします。
植物、ありがとう、ですね。

投稿: こーこ | 2009年9月 4日 (金) 23時55分

秋色アジサイという言葉があるんですか~。
山の庭に植えたエンドレスサマーというアジサイが
しばらくの間にまるでドライフラワーのような色に変化していました。
‘サマー’と名が付いているのを秋色と呼ぶのもおもしろいけど
これもそういうアジサイのひとつだったのですね。
このあとどうなっていくのか、ゆっくり楽しめそうです。

投稿: YOKO | 2009年9月 5日 (土) 22時39分

こんばんは。
それぞれの紫陽花が、淡い色調の画像で美しいですね。
平野部では、綺麗な秋色紫陽花にするのが
とても難しいですね。
私の家でも、今年は途中まで、まぁまぁ綺麗だったのですが、
「もう少し」と思っているうちに、
枯れてきてしまいました。
毎年、そんなことを繰り返しているような。
でも、そうそう、アナベルだけは問題なく、放っておいても綺麗なグリーンのまま、カサカサになってくれます。
鉢植えのシーアンも、色が悪くなってしまいました(涙)。

投稿: Juno | 2009年9月 7日 (月) 00時05分

こーこさんへ

カミキリ君がいるのですか?
それはなかなか手ごわいですね。
花が付かないのは残念ですが紫陽花は結構強いです。そのうち虫もおっつかない位大きくなるかも知れませんよ。
クチナシは我が家でも無傷な花を見たことないけど本当に素敵な香り癒されますね~

私は植物に癒されて本当にありがとうですが
できれば私もこーこさんちのような赤ちゃんや動物に癒されたいです。
それが私には叶わぬ夢のまた夢なんですcoldsweats01
実は私も大家族+犬・猫の家で育ちました。
いつもこーこさんのブログ読んで我が家に帰ったような気持ちになってしまいます。

投稿: tearose | 2009年9月 7日 (月) 00時31分

YOKOさんへ

エンドレスサマー素敵な花ですね。
秋色になるとは知りませんでした。
これからどんな変化が見られるのか楽しみですね。
青で秋色になるものはどんな品種か知らなかったので私も嬉しいです。
山は街より花色ももっと綺麗なのかも知れませんねlovely

投稿: tearose | 2009年9月 7日 (月) 00時51分

junoさんへ

紫陽花のエントリーにjunoさんのコメント頂けて幸せです。

>平野部では、綺麗な秋色紫陽花にするのが
とても難しいですね。

そうなんですね。
なんとなくそんな気がしていましたが
junoさんに言われると納得です。
秋色を売りにしているシーアンもなんですか?残念です。

ご旅行前の忙しい時に貴重な情報ありがとうございました。
またフランスから帰られたらご報告楽しみに待っております。


投稿: tearose | 2009年9月 7日 (月) 01時01分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/172033/31144273

この記事へのトラックバック一覧です: 紫陽花のドライフラワーと秋色アジサイ:

« 今年の紫陽花 | トップページ | デジフォトにはまる »