« Boysenberry Compote | トップページ | ギボウシ鑑賞会 »

2009年6月24日 (水)

精進料理とケーキ

家庭菜園で作った取れたて野菜をいただきました。
あんまり新鮮で美味しそうなのでその日のうちに貪るように食べてしまいました。happy02
その感動を翌日写真に撮りました。もう少し新鮮さが伝わるような写真が撮りたかったんですけど…

Img_4617

 お野菜で思い出しました。
少し前、友人のお誘いで精進料理の講演会へ行ってきました。

マドンナも実践していたというマクロビやスローフードがもてはやされていますが
そんなこと誰も言ってない時代からずーっと日本にあった精進料理
本物の精進料理ってどんなものだろう…と興味津々で出かけました。

講演会は 鎌倉 不識庵の藤井まり先生のお料理とトークが楽しめるという贅沢なものでした。お誘いを受けてから初めて知ったのですが藤井先生はご主人の禅寺の和尚藤井宗哲さんとともに日本のみならず世界に精進料理「の心と技を伝えておられる方で精進料理の著作もたくさんありました。

 場所は田舎の古民家レストランで藤井先生のファンやマクロビを実践していらっしゃるような方々が集まっていらっしゃいました。普段思いっきり動物性の食品や安易な手抜き料理でお茶を濁している私はあんまりついていけないかも…と思ったのですが

そんな不安は先生の笑顔とお料理の美味しさで吹き飛んでしまいました。
関東流の精進料理…お味もしっかりしているのに素材の味がほんとに活かされていて、砂糖も動物性のお出汁も使わずここまで美味しいものができるとは正直驚きでした。
お話しも楽しくて身体に良いものを摂って心も身体も健康に…というような内容で
いろんなエピソードを交えて食の大切さを教えて下さいました。

Img_4656
               ↑記念に購入した2冊
        左は御節など季節のおもてなし料理など
        右は英語版。英語の日本料理の本が珍しかったし
        器がコンラン風のモダンな器でカフェのような写真がお洒落でした。
        食は心なり…サインに添えて下さった言葉です

お料理の最後のほうで先生が夫々のテーブルにまわっていらして
お料理の感想や質問など聞かれてました。
私たちのテーブルでも丁寧にひとりひとりにお声かけして下さったので
思い切って私はチーズのようなお味のお豆腐について
『精進料理とは思えないこってりとした味わいでとても美味しかったです。』とお話しすると
『あ~…あれはここのお店のオリジナルなんですよ』と
何でよりによって先生のお料理じゃないものに言及したんだろうshock
皆が笑ってくれて一件落着でしたが穴があったら入りたい位でした。

さてお腹いっぱいでお店を後にした私たち
お野菜ばかりだとすぐお腹が減るんですね
少し寄り道をした後ガッツリケーキをいただいて
せっかくの清らかなになったお腹がモトノモクアミcoldsweats01

でも食は心なり…という言葉
忘れないで素材の美味しさを引き出せるようなお料理…努力目標です。
美味しい食材を届けてくれた方、お料理の大切さを教えてくれるお料理上手な友人たち
お陰さまでなんか今年は前進しそうです。

|

« Boysenberry Compote | トップページ | ギボウシ鑑賞会 »

おでかけ」カテゴリの記事

コメント

お野菜もtearoseさんにかかれば
素敵に変身ですね。
精進料理に目覚めて、ベジタリアン(笑)に
なったりして♪

でも、精進料理の後にケーキというのはよくわかりますo(*^▽^*)o~♪あはっ

投稿: ともっち | 2009年6月25日 (木) 08時43分

取れたてのお野菜って、お花に負けず劣らず美しいものですね。
私も飲食の仕事がら、マクロビからエスニックまで色々と試食させてもらいすぎて、お家ごはんは全くの手抜きばかり。(^_^;)
こういう精進料理にふれることで、何か日々の食生活を見直すいいチャンスになりますね。
食は心なり・・・思いっきり反省です。

投稿: こーこ | 2009年6月25日 (木) 20時45分

どんなもの言わぬ「もの」でも
野菜をつくる人の愛情…
また、それを撮影する人の愛情…
それがあふれるいとおしさとなって
伝わってくるんですね~。
tearoseさんの魔法。
精進料理…長崎と京都の隠元和尚のゆかりのお寺の精進料理は最高でした。
それもそのはず、隠元和尚は、いんげん豆からきてますものね…(笑)。

投稿: suzuran | 2009年6月26日 (金) 09時10分

ともっちさんへ

ベジタリアン?
それはナイナイcoldsweats02
最近はお野菜のケーキもあるみたいですが
ともっちさんなら召し上がったことがありそうですね

投稿: tearose | 2009年6月26日 (金) 20時22分

こーこさんへ

お野菜でアートのような写真が撮れるようになってみたいです。
アートに向き合うには今は頭が忙しすぎる
いつかいつか…です。

こーこさんいろいろお仕事で試食できるなんて羨ましいです。でもご馳走も毎日だとお茶漬けとか素朴なものが良かったりするかもですね。
私は長らく手をかけ愛情をかけ…という料理を作らなかったので本当に刺激になりました。

投稿: tearose | 2009年6月26日 (金) 20時32分

suzuranさんへ

野菜は作った方の愛情をもの凄い感じました。
でもそれを美味しくお料理する愛情じゃなくて撮る愛情…って言うのが私らしいですね。coldsweats01
お料理の写真も載せたいのですが我が家ではお料理は瞬く間に消えてしまって写真どころじゃないんですよ~

いんげんって和尚さんの名前だったのですか?
お勉強になります。

投稿: tearose | 2009年6月26日 (金) 20時42分

最近は、家庭菜園ブームですが、やはり家で作った採れたての野菜は新鮮でおいしいでしょうね。
本格的な精進料理は、食べたことがありませんが
お勉強になりましたね。
わたしも一度体験してみたいです。

食は心・・・いつも、やっつけ仕事ばかりしているわたし、穴があったら入りたいです(ーー;)

投稿: みー | 2009年6月26日 (金) 22時29分

みーさんへ

家庭菜園ブームだったのですね。
そういえば周囲にも多い気がします。
最近は珍しい種をネットで取り寄せて
店頭では見かけないようなお野菜作る人も増えてきたようですね…
そのうちグルメは有機肥料作りから…
というような時代が来るかもしれませんね。

精進料理に限らず、たまにありふれた材料でも人手間かけて
美味しくできてるお料理に出会うとカツが入ります。
長続きしないのが困ったことですが…coldsweats01

投稿: tearose | 2009年6月27日 (土) 21時27分

精進料理にも関東風があるんですね
初めて知りました
本格的な精進料理食べてみたいですdelicious

画像のお野菜おいしそうですね
どんなお料理が出来上がったのでしょうか

投稿: OGC | 2009年6月27日 (土) 21時33分

OGCさんへ

>精進料理にも関東風があるんですね
見識の高いOGCさんにそう言われると
なんか不安になってしまいますcoldsweats01
精進料理と思って食べていたのが今までは京懐石みたいなお味だったけど、それとはちょっと違っていたので関東風と呼ばせて頂きました。

お野菜があまりにも瑞々しくて甘かったので
素材そのものの味を楽しむ料理です。
つまりその…全然一手間かけてないってことでcoldsweats01

投稿: tearose | 2009年6月27日 (土) 22時24分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/172033/30093119

この記事へのトラックバック一覧です: 精進料理とケーキ:

« Boysenberry Compote | トップページ | ギボウシ鑑賞会 »