« 2009年5月 | トップページ | 2009年7月 »

2009年6月

2009年6月24日 (水)

精進料理とケーキ

家庭菜園で作った取れたて野菜をいただきました。
あんまり新鮮で美味しそうなのでその日のうちに貪るように食べてしまいました。happy02
その感動を翌日写真に撮りました。もう少し新鮮さが伝わるような写真が撮りたかったんですけど…

Img_4617

 お野菜で思い出しました。
少し前、友人のお誘いで精進料理の講演会へ行ってきました。

マドンナも実践していたというマクロビやスローフードがもてはやされていますが
そんなこと誰も言ってない時代からずーっと日本にあった精進料理
本物の精進料理ってどんなものだろう…と興味津々で出かけました。

講演会は 鎌倉 不識庵の藤井まり先生のお料理とトークが楽しめるという贅沢なものでした。お誘いを受けてから初めて知ったのですが藤井先生はご主人の禅寺の和尚藤井宗哲さんとともに日本のみならず世界に精進料理「の心と技を伝えておられる方で精進料理の著作もたくさんありました。

 場所は田舎の古民家レストランで藤井先生のファンやマクロビを実践していらっしゃるような方々が集まっていらっしゃいました。普段思いっきり動物性の食品や安易な手抜き料理でお茶を濁している私はあんまりついていけないかも…と思ったのですが

そんな不安は先生の笑顔とお料理の美味しさで吹き飛んでしまいました。
関東流の精進料理…お味もしっかりしているのに素材の味がほんとに活かされていて、砂糖も動物性のお出汁も使わずここまで美味しいものができるとは正直驚きでした。
お話しも楽しくて身体に良いものを摂って心も身体も健康に…というような内容で
いろんなエピソードを交えて食の大切さを教えて下さいました。

Img_4656
               ↑記念に購入した2冊
        左は御節など季節のおもてなし料理など
        右は英語版。英語の日本料理の本が珍しかったし
        器がコンラン風のモダンな器でカフェのような写真がお洒落でした。
        食は心なり…サインに添えて下さった言葉です

お料理の最後のほうで先生が夫々のテーブルにまわっていらして
お料理の感想や質問など聞かれてました。
私たちのテーブルでも丁寧にひとりひとりにお声かけして下さったので
思い切って私はチーズのようなお味のお豆腐について
『精進料理とは思えないこってりとした味わいでとても美味しかったです。』とお話しすると
『あ~…あれはここのお店のオリジナルなんですよ』と
何でよりによって先生のお料理じゃないものに言及したんだろうshock
皆が笑ってくれて一件落着でしたが穴があったら入りたい位でした。

さてお腹いっぱいでお店を後にした私たち
お野菜ばかりだとすぐお腹が減るんですね
少し寄り道をした後ガッツリケーキをいただいて
せっかくの清らかなになったお腹がモトノモクアミcoldsweats01

でも食は心なり…という言葉
忘れないで素材の美味しさを引き出せるようなお料理…努力目標です。
美味しい食材を届けてくれた方、お料理の大切さを教えてくれるお料理上手な友人たち
お陰さまでなんか今年は前進しそうです。

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2009年6月18日 (木)

Boysenberry Compote

今年のボイセンベリーもついに終盤となりました。
写真ではラズベリーのような赤に見えますが実際はこの中で一番暗い色より黒っぽい色です。
本当の色を美しく再現するには技がいるのでこの色でいかせて下さい。

さて初収穫から3週間ちょっとの収穫で今年は3kg位取れました。
1㎏ごとにボイセンベリージャムならぬボイセンベリーのコンポートを2回作りました。
Img_4416
なぜジャムじゃないかは去年の記事に書きました。
一度目に作ったのは近所の方にお裾分け
二度目のはプライベート・オープンの時のお菓子に添えました。
今年のレシピは少し変えました。
今年は上のお鍋に丁度1㎏入ることから
ボイセンベリー 1㎏
砂糖       600g
水        600cc 
コアントロー  60~100cc 
Img_4435

作り方は去年と同じですが
実を引き上げてから煮詰めるのが面倒だったので最初から水の量を減らしました。

一度目これでまぁまぁだったので調子に乗ってさらにお水を減らしたところ実のふっくら感がなくなって失敗でした。(煮た時間も二度目が少し長かったのでその影響も…)

残念なことにプライベートオープンにお出しできたのは残っていた二度目の分で、ごめんなさいです。coldsweats02

左は瓶詰めの途中の画像
煮沸消毒したガラス瓶を一旦引き上げ(そのままでも良いのですが火傷しそうなのでトングで引き上げました。)そーっと実だけすくってビンの半分~三分の二位いれて更に煮詰めたシロップを足します。そして軽く蓋を閉め沸騰させて引き上げ最後にキュッと閉めます。冷えると空気が縮んでほぼ真空状態に

Img_4440_2

ラベルを貼って完成
あらま!!… 今画像見るとヨナベ仕事のラベルの安っぽい色
しかも、わざわざ凹んだ蓋のビンがしゃしゃり出ていてcoldsweats02

でも もうほとんどないので撮り直し不可能
反省はまた来年に活かすことにします。

そうそう最近のマイブームはマスカルポーネとの組み合わせ
パンやクラッカーに塗ったマスカルポーネの上に載せると
簡単で結構いけます。delicious

| | コメント (14) | トラックバック (0)

2009年6月12日 (金)

幸せな日

お陰様でプライベートオープンとても充実して終えました。
支えてくれる旦那様や差し入れやお手伝いをして下さる友人たち
皆さんの気持ちで幸せな時間を多くの人と共有できました。
ありがとうございました。sign03

公式のオープンから丁度1ヶ月
バラが休んでいる間は地味で静かな植物にスポットが当ります。
公式のオープンの時主役だったアイスバーグに取って代わったのは

Img_4496一本だけ残した赤い茎のスイスチャード

草丈60cm位と書かれているのに、何を思ったかグイグイ元気に伸び上がり3メートルにも達しそうhappy02
この伸びる勢いが嬉しくて、マトリカリアやサルビアを脇役に添えて主役に大抜擢。

ところが朝の見回りでなんともなかった植物が数時間しないうちに

一日目は雨と風で主役のスイス・チャードがぽっきり

二日目は急激なカンカン照りで庭全体が乾燥してぐったり

両日とも一人で応急処置におおわらわのオープンでした。

そんな厳しいお天気だったにもかかわらず来て頂いた方ありがとうございました。
公式のオープンのお祭りのような賑わいも楽しいのですが
プライベート・オープンは来て下さる方も迎える方も、ゆったり、のんびりできて本当に寛ぎの時間を楽しむことができました。

何度も足を運んで下さったリピーターの方々とゆっくりお話できたことで、私の中ではやっとひとくぎりついた感じです。

Img_4527

さて、リピーターさんではないのですが最後に招き入れたお客様はお散歩中の姉妹
車椅子のお姉様にブットレアの香りを楽しませてあげようとされていらっしゃいました。聞けば妹さんは大手術されたお姉様のお見舞いに遠くの島から来られたらしいのですが、島では海を借景に広大な敷地で果樹やお花をいっぱい育てていらっしゃるそうです。
妹さんがお庭を見ていらっしゃる間お姉様は通りで待つおつもりだったようですが伯母の車椅子で練習していたのでどうにか駐車場までは入っていただいて、ブーゲンビレアの下で植物や島の話題で盛り上がりました。島へも是非と誘って下さいました。
ここを通りかかって幸せだったと言って下さる睦まじい姉妹
その笑顔が私を幸せにしてくれました。
私も足に問題があるのでいつかは車椅子になるかも知れない
車椅子でも楽しめる庭造り…漠然とした思いを身近に感じました。

植物がいろんな人との出会いや幸せをわけてくれる…それを実感した幸せな一日
支えてくださる人々、喜んで下さった方々 みんなに感謝感謝です。

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2009年6月 9日 (火)

入梅です…

プライベート・オープンのお知らせです。
公式のオープンとは別にブログ見て下さってる方だけのプライベート・オープン
とても楽しみにしていたのに

明日6月10日のお天気が凄いことになりそうなので
6月11日ということにします。

…と思いましたがお知らせがすっかり遅くなって
今更予定が変えられないと言う方のため10日も開けます。
木曜日に余力を残したいので10日水曜日は午後2時位から5時位まで
木曜日も2時位からにさせていただきます。

Img_4448

今日は一日近所の方と楽しみながら
アレンジメントしたり花柄摘みしたり

少々の雨なら決行のつもりで雨の備えも一応しました。
お庭のりんごもやっと出番が来て喜んでいるのに…

Img_4478_2

伯母の病院から帰ってバタバタ天気予報チェックすると
よりによって明日の午後だけ強雨…
どんだけ行いが悪いのやらcrying

雨の午後をまったりお茶でもしながらおしゃべりしましょうか…

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2009年6月 6日 (土)

My Style

先日バラのお勉強会に行って来ました。
バラがたくさんあるわけでもないしこれから増やそうと思っているわけでもないのに…

私の選ぶバラは強いものばかりなので黒点病になろうがチュウレジバチの幼虫が鈴なりだろうが耐えて生き延びてきました。
ローメンテナンスでゆるく長く庭とつきあうのが目標なのでそれでいいと思っていました。

KOUさんを始めバラのお世話に心血注いでおられるブロガーさんたちのご苦労を肌身に感じるようになると自分のところへ来てくれたバラたちが弱々しくて不憫になってきました。それで私でもできることは何なのか少しお勉強しようと思っていたところだったのでいい機会になりました。

P1020199

カメラを忘れてもの凄く残念でしたが、会場は素敵なローズガーデンで前に拝見したのとは違う品種が咲いていました。
増やすつもりはないといいながらいちいちメモしている自分がいました。
そしてバラ以上に目が眩んでしまうものが…lovely
アストランティア・マヨールです。
(下の写真は古い画像ですが鳥の巣をイメージした初夏のアレンジメント)
何度植えても夏の暑さで枯らしてしまうので憧れの花でした。
あんまり物欲しげな顔をしていたのでしょうか…オーナーさんが譲って下さいました。
申し訳ないです。魅力に負けましたhappy02

2002_2 

また帰りに他のメンバーの方のお庭を拝見しました。
ナチュラルで今時のお洒落感たっぷりのお庭
新しい品種のバラやクレマチス
それに目新しい草花に幻惑されましたlovely
我が家は飽和状態なので我慢している植物も!!

急に代わり映えしない自分のお庭が色褪せてしまいました。
いいなぁ…成長期のお庭は…
一瞬今の植物取っ払って新しいバラやクレマチスで私の庭を覆ってみる妄想

…それはないよね
ありふれた植物でもひとつひとつが個性を発揮できるよう
長年付き合ってきたんだもん

植物も私も居心地のいい寛ぎの庭
それが My style ,My cozy garden
魅力的なお庭に出会うと自分スタイルが崩れそうになります。

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2009年6月 2日 (火)

白蟻にご用心

4月から何度もお電話頂いていた白蟻の消毒やっと週末に終わりました。
白蟻業者さんからの受け売りなんですが
白蟻の好きな木と嫌いな木があるそうなんです。
Img_2938_6 

Img_2940_2
Img_29411 デッキをリニューアルをするとき,その辺考えて白蟻に特に強いと言われているサイプレスを使いました。

そして鉢をデッキに直接置かないようにパーゴラの柱を利用して作った鉢置きプランターを造りました。でもずーっと鉢を置きっぱなしだったため腐っていました。

白蟻ではないそうなのでパテ埋めして樹脂の足のついたタイル敷きました。

話がそれましたが
嫌いな木についてはデッキを造り直す時に調べましたが、好きな木のことは知りませんでした。
業者さんによれば白蟻の好きな木は、松・梅・桜・ソテツなどがあるそうです。
松林などのある海岸近くで廃屋などあると一帯が被害地域になるそうです。

怖~い!!そう思ったところで被害家屋の写真を見せられる…
ハイ!!ハイ!! 是非御願いします。…といいたくなるのですが
ちょっと待ったpaper…白蟻の消毒は業者さんによって相当なお値段の差があるようです。
以前…主人の実家の所有する空き家が白蟻の被害で床がぶかぶかになったことがあります。調べてもらうと大きな白蟻の巣が庭にあったそうです。業者さんに見積もりを依頼したところ10万円以上の差がありました。
長いこと消毒されていないなら見積り取ったほうがいいみたいです。
我が家は家を建てた時の業者さんで変わっていないのですがcoldsweats01

今回バルコニーに向けて蟻道があり二階を蟻がウロウロしていたので気にしていたのですが,白蟻ではなく黒蟻でした。
一応退治してもらったのですが,黒蟻は白蟻の天敵だというお話で、白蟻の巣ができても黒蟻が来れば黒蟻が乗っ取ってしまうそうです。

ところで今日近所のお庭にお邪魔すると
庭に穴が掘ってあって枯れた木が積み上げられていました。
キャンプファイヤーでもするの?と尋ねると
枯れた木を捨てる場所がないから埋める…とのことcoldsweats02
大事なこといい忘れましたが、庭の木を切ったら根っこまで掘り上げたほうがいいんですって、枯れ木は白蟻の大好物だそうです。

Img_4402

白蟻の消毒。伯母の病院…慌しく過ぎ去る休日の夕暮れ
思いついて夕食のお肉をダッチオーブンごとオーブンに放り込んで近くの海へ
ほんの1時間ちょっとだったけどきれいな空を見ました。
帰るとオーブンの中でお肉がもの凄く柔かくできていました。
たった1時間でもその気になればリフレッシュできる…
美しいものが見える・歩ける・そして美味しく食べられる…ふつうの事に感謝

| | コメント (6) | トラックバック (0)

« 2009年5月 | トップページ | 2009年7月 »