« 笑顔の力 | トップページ | 夏のミニ山野草ガーデン »

2009年5月16日 (土)

ドクター・W・ヴァン・フリート(ニュー・ドーン)

前の記事でフェンスに絡んでいた薔薇をご紹介します。
たぶんドクター・W・ヴァン・フリート(Dr.W.Van.Fleet)
何十年も前から義母の家にあったものを挿し木したもので名前はわかりませんでした。
オープンガーデンに来られた薔薇に詳しい方からニュー・ドーンに似ているというお話を何度も聞いて、ニュー・ドーンの咲いている薔薇園などで確認したところ全くそっくりでした。
でもニュードーンは返り咲きすると言うのに我が家のは一期咲き
ニュードーンと呼んでいいものかどうか自信がありませんでした。

最近になってニュー・ドーンは一期咲きのドクター・W・ヴァン・フリートの枝変わりだということを知りました。
ニュー・ドーンは返り咲きする多くのクライマーの交配親らしいので、このドクター・W・ヴァン・フリートは返り咲きクライマーのご先祖様ということでしょうか。
Img_41132
      一番好きな開きかけた形

あまり他に見ないシルバーピンクは花色といい形といい私好みなのに
毎年盛大にうどん粉病にみまわれて半分も咲かないうちに切り落とす破目に陥っていました。
お向かいの蔓薔薇もうどん粉病に弱い品種らしく、隣り合わせで盛大なうどん粉祭り…
この環境では諦めるしかないかなぁ…と毎年思っていました。

Img_41161
      開き切る前の丸い形も可愛い

でも代わりのクライマーとなると他の植物たちと色・形ともに、これ以上合うものがありません。よく考えると最初からの住人なのでお庭の中の薔薇や植物もこれに合わせていました。
となると、うどん粉病対策頑張るしかないと思って去年からお向かいの協力も得ていろいろ試しています。今年はまだうどん粉病が出ない春先からマメに旦那様が消毒してくれたせいでしょうか、我が家もお向かいもいい花がたくさん咲きました。
今までで一番だったかもしれません。
これは記念に残しておかなくては…とたくさん写真を撮りました。

Img_40371

ニュー・ドーンが発見されたのが1926年と言う記述がありますからこのフリート先生はひょっとしたら百年位前からある由緒正しい品種なのかも…と調べて見ると
今日1910年と書いている記事を見つけました。
1910年生まれが本当なら来年は生誕百年!!
ドクター・W・ヴァン・フリート お名前がわかって、急に親近感が湧いてきました。
フリート先生来年は生誕百年のお祝いいたしましょうねwink

************************************************

プライベート・オープンについて

公式のオープンガーデンとは別に、今年も午後数時間だけのプライベート・オープンをするつもりです。
一部問い合わせて下さった方には5月20日頃と申し上げていましたが
伯母の転院が5月21日になりましたので20日は難しくなりました。
予定されていた方には申し訳ありませんが延期いたします。
Img_00781
      去年6月5日の画像         

春の花も薔薇の一番花も終わりかかっているので
いっそ紫陽花が咲く6月がいいかもしれません。
水曜日の午後を考えています。
5月27日・6月3日・6月10日何れかになると思います。

花と伯母の兼ね合いでいい時に…ということで
決まった時は前週の土曜日にブログ上で発表したいと思います。
こんなゆる~い感じならできそうです。

|

« 笑顔の力 | トップページ | 夏のミニ山野草ガーデン »

Roses」カテゴリの記事

オープンガーデン」カテゴリの記事

コメント

こんにちは~
歴史や由緒が垣間見えると~何ともまた愛着が湧きますね~happy01
古くから有ったバラをまた挿し木でお持ちになったと言うことは自根苗ですから接木株と違って長寿が約束されてます。

投稿: KOU | 2009年5月17日 (日) 07時52分

おはようございます。
tearoseさんは挿し木がお上手ですね。
それも大きく育って…。
これも愛情ですね。
OG以来、またバラ熱が出てきて
しまいました…
ホントにもう置くところ
ないんです(T_T)

プライベートオープン楽しみに
してます。今度は紫陽花熱かも…
くすんだ赤の紫陽花にちょっと
心ひかれてます…。

投稿: まゆみんママ | 2009年5月17日 (日) 09時59分

こんにちは
UPされた画像を見て、先日オジャマした
オープンガーデンを思い出しています

tearoseさんの素敵なお庭の造り方の基本は
あの優しいバラ、ドクター・W・ヴァン・フリートだったんですね
でも、我が家の庭の基を考えても、何も思い浮かびません・・・
まとまりがないわけです
“妄想”を教えていただき、少しは考えるようになったんだけど、
もう一度庭作り考えなくっちゃwobbly

プライベートオープン、お休みが取れてオジャマできればいいなぁと思っています

投稿: OGC | 2009年5月17日 (日) 16時25分

こんにちは^^
先日はコメントをありがとうございました。

伺って最初に「!」でした。
と申しますのも、我が家で咲き始めたニュードーン、
知人から挿し木したものを分けて頂いたのですが、
名前が分からず、でも私はニュードーンと確信していました。
でも、一期咲きです・・・。
ニュードーンが返り咲きすることも、今の今まで知りませんでした!

と言うことで、我が家のバラも、
「ドクター・W・ヴァン・フリート」説、浮上!です。

昨年の画像、よろしかったらご覧ください。↓
http://juno777.exblog.jp/8012671/

投稿: Juno | 2009年5月17日 (日) 16時38分

こんばんは

ドクター・W・ヴァン・フリートって、私は初めて聞く名前ですが、
有名なニュー・ドーンがこのバラの枝変わりなんですか、綺麗に咲きましたね♪
一緒に合わせているクレマチスも素敵です。

投稿: note774 | 2009年5月17日 (日) 23時20分

最近、土が恋しい私です。うらやましいなあ~。仕方がないです、仕事もしてるし、できる範囲で楽しみます。。。

投稿: kiku | 2009年5月18日 (月) 00時10分

今日、福岡大学のキャンパスでイングリッシュ・ガーデンを見てきました。
このお庭は最近出来たばかりだそうですが、綺麗な色とりどりのバラの花が咲いていました。
先日tearoseさんのお庭のバラを見て感動し、バラの花にご縁が出来たようです。

バラの品種は全く解りませんが、綺麗な花には棘があるといわれるくらいですから、バラは花の女王様なのかもしれませんね!

伯母様の転院先も決まったようで一安心ですね。介護でお疲れでしょうが、叔母様が一番頼りにしているのはtearoseさんのようですから頑張ってくださいね。
次回のプライベート・オープンの成功をお祈りいたします。

投稿: sinobueakira | 2009年5月18日 (月) 00時43分

KOUさんへ

本当に名前がわかっただけで愛着が湧くなんてゲンキンなものです。

>自根苗ですから接木株と違って長寿が約束されてます。

そうなんですか?初めて知りました。本当に丈夫で大きくなりすぎるので毎年強剪定です。

投稿: tearose | 2009年5月18日 (月) 23時29分

まゆみんママさんへ

バラをたくさんお持ちですか?
よそで素敵なバラを見ると思わずそそられてしまいますね~
毎年ナンダカンダと買ってから自分に言い訳をしてしまいます。
このままバラ増やすとゆる~く楽にとはいかなくなりそうで怖いです。

紫陽花はメンテナンス楽だからいいですねぇ
昨日も秋色紫陽花に手が伸びそうでしたが、
その前に山野草をいろいろ買ってしまったので思いとどまりました。

投稿: tearose | 2009年5月18日 (月) 23時40分

OGCさんへ

>庭の造り方の基本はあの優しいバラ、ドクター・W・ヴァン・フリートだったんですね

いやぁcoldsweats01計画的に造ったわけではないんですけど…
好きな色味だったし蔓バラはフェンスで大きな面積を占めるので、気付いたらその色彩の強弱で組み合わせができていた…みたいです。

OGCさんの周りにも好きな色が集まっていますよ~wink


投稿: tearose | 2009年5月18日 (月) 23時50分

junoさんへ

来ていただいてありがとうございます。
junoさんもニュー・ドーンもどきのバラをお持ちだったのですね。しかも挿し木で!!
嬉しいご縁です。

挿し木が付くと楽しいですが、名前がわかることがこんなに嬉しいとは思いませんでした。しかもいろいろな交配種の親になっていた木だったとは…

junoさんのバラ見せていただきました。
アーチに仕立てていらっしゃるのですね。
確かに色といい形といいそっくりです。
そしてこの元気な子をあんなにきれいな形にまとめるのは凄いと思いました。
ニュー・ドーンかどうかは一期か返り咲きかどうかだけなのだそうですからドクター・W・ヴァン・フリート同盟に入っていただけますかcoldsweats01

投稿: tearose | 2009年5月19日 (火) 00時12分

note774さんへ

私もブログのお陰で調べているうちにやっと知った名前なんですよ~。
面白いですね。ブログやる前は名前なんて気にしてなかったのに…
バラにクレマチス…なんか私らしくなくて照れますがnoteさんに褒められると嬉しいです。catface

投稿: tearose | 2009年5月19日 (火) 00時20分

kikuさんへ

>できる範囲で

私もそこを超えないように気にしています。
土いじり…この響きいいですねぇ
別にしなくてもいいけど何となしに好きだからいじってる…みたいな力の抜けようがナチュラル

土いじり カムバック・プリーズsmile

投稿: tearose | 2009年5月19日 (火) 00時30分

とっても美しいバラですね。
うっとりします。
お義母様のお庭のものを挿し木されたものとは、tearoseさん、グリーンフィンガーですね。
バラのうどん粉病は、ほんとうに困りものですが、見事に克服されてたわわな開花ですね。
名前も判明して、愛着もひとしおだと思います。
来年、生誕百年とは、おめでたいことですね。

伯母様、転院先も決まられたようで、良かったですね。
プライベート・オープンも、お楽しみだと思います。
わたしも、近かったらなぁ・・・。
去年の写真、とっても素敵ですね。
外国みたいです。

投稿: みー | 2009年5月19日 (火) 00時39分

shinobueakiraさんへ

>バラは花の女王

本当にそうですね
美しさも気位も特別…て気がします。
バラは育てるというより、女王さまにお仕えするように扱わなければならない…というイメージが苦手だったのですが
女王様にも気さくな方もおられるようで
今では気付かぬうちにお側でお仕えさせていただいています。

伯母も相手に合わせるという点では同じかも…でも合せ方がわかるとそれなりにこたえてくれるので嬉しいです。 

投稿: tearose | 2009年5月19日 (火) 00時41分

おひさしぶりにお邪魔します。

土いじり いいひびきですね。
ほかほかの土と、にこ草のかおり…。
きょう、陽だまりの中で、玄関においた、ばらの鉢のなかに顔を突っ込んで、虫たいじをしていたら、親指姫になった感触でした。
プライベートオープン、たのしみにしてます。もしよかったら、あすは、こちらもプライベートオープン一時です。おひるねがてらに、もしもぽっかりお時間があいたら…。
でも、伯母様、優先でおねがいします。伯母様、きっと薔薇の香りがするような…★

投稿: suzuran | 2009年5月19日 (火) 03時49分

ブログ楽しんで、拝見しています。     以前いただいたマッキントシュ、     アイスバーグが素敵に咲いてくれました。 久留米のYさんのオープンG、後を追った様 に午後伺いました。お会いできず残念。  今後のブログも楽しみです。では、又。    

投稿: カフェ緑陰 | 2009年5月19日 (火) 19時49分

みーさんへ

>挿し木されたものとは、tearoseさん、グリーンフィンガーですね。

時々そんな風に言って下さる方もいらっしゃるのですが、私のお師匠さんのMさんにビオラでさえ挿し木できると伺って、剪定クズを何でも挿し木しています。たまたま付けばラッキーhappy02…位の感じで
ルートンとか一応持ってるけどほぼ使わず…このフリート先生は強靭な生命力でほぼ成功するみたいです。
お顔は優しいのに細マッチョ…かも~

それから写真お褒め頂いて恐縮です。
去年は紫陽花がよくてクレマチスがちょっと
今年はその反対みたいです。
なかなか両方がいい時がなくて…


投稿: tearose | 2009年5月19日 (火) 20時47分

suzuranさんへ

プライベートオープン遅れて失礼しました。
予備知識が貧困なので香りだけいただきましたcoldsweats01
お陰さまで久々に早く病院へ行けたので
リハビリの先生に今後の対処をいろいろ教わり、とても有意義な一日でした。

にこ草…素敵な呼び名ですね
羊歯のことでしょうか…
suzuranさんにはいつも素敵な言葉を頂きます。


投稿: tearose | 2009年5月19日 (火) 20時57分

カフェ緑陰さんへ

今年はお伺いできなくて残念でした。
でも友人たちがお宅へ伺って感動していましたよhappy01
紹介させていただいた私も納得です。

いつか たっぷりオープンガーデン巡りができるようになりたいです。

投稿: tearose | 2009年5月19日 (火) 21時03分

はじめまして。
ドクター・ヴァン・フリートに引かれてやってきました。
うちにも同じようなバラがあります。
やはりラベル無しでもらってきたもので
名前がわかりませんでしたが
どうやらニュードーンらしい・・・と思っていました。
でも、うちのバラも春しか咲きません。
剪定や肥料の加減かと思っていましたが
もしかしたらドクター・ヴァン・フリートなのかもしれないですね。
春しか咲かないのは残念ですが
このバラ、丈夫だし、花はたくさんつくし
香りもよくって気に入っているんですよね。

また、寄らせていただきますね。

投稿: サザエ | 2009年5月28日 (木) 23時46分

サザエさんへ

はじめまして
バラをたくさんぉ育てのようですね
挿し木でもらった…という方に一期しか咲かないとおっしゃる方多いみたいです。
ニュードーンはもともと枝代わりみたいなので、一期しか咲かないとしたら先祖返りしたかドクター・W・ヴァン・フリートだったのかもしれませんね。
いづれにせよ魅力的なバラですので私も長くつきあいたいと思っております。
サザエさんの集めているバラ 私好みのものが多いみたいです。
これからも宜しく御願いします。

投稿: tearose | 2009年5月29日 (金) 11時47分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/172033/29625651

この記事へのトラックバック一覧です: ドクター・W・ヴァン・フリート(ニュー・ドーン):

« 笑顔の力 | トップページ | 夏のミニ山野草ガーデン »