« 風にふかれて | トップページ | 白蟻にご用心 »

2009年5月30日 (土)

秋まで楽しめる熱帯の蔓植物①

今年は初めてオープンガーデンの時にはもう花がついていたブーゲンビリア
10年位上前、園芸店の改装時に半分枯れて投売り状態だったスタンダード仕立ての株を救出
まさかこんなに派手に咲くとは…
色があんまり派手なのでもっと淡い色も横に植えてみたけれど
先にグングン成長していたこの色に負けてしまいました。

Img_4177 
ブーゲンビリア
オシロイバナ科イカダカズラ属 
:Bougainvillea
花は春と秋。一定の温度のある温室では年中咲いています。
真夏は休みますが我が家では4月下旬から12月下旬まで本当に長いです。
とてもたくさんの品種がありますが我が家のはどれかわかりません。

熱帯の植物なので最初は冬の傷みが酷くなかなかうまく咲かせることができませんでした。
駐車場の内側に誘引するようになってから冬もあまり傷まず生育がよくなりました。
隅っこに植えているのでほとんど水遣りもしていないのに良く咲きます。
今になって調べると乾燥気味のほうが花付きがいい 夏の強い光にはやや弱い など
半分温室状態の駐車場はぴったりの環境でした。

Img_4199
赤い部分は包葉で白く見えるのが花です。
花が終わる時美しい色を残したまま包葉ごと落ちます。
香りはないのが残念ですが美しいポプリのようです。
このような散り方をする花は花後も花柄積みの必要がないのでローメンテナンスで高いところまで誘引しても楽です。
ただし棘がもの凄いので誘引の際は注意が必要です。
Img_43263_2
植物学者 牧野博士の植物園の温室で初めてこの花を見上げた時の感動は忘れられません。
もっと淡い色合いだったと思いますが記憶では10メートル位の温室の天井にあっちからこっちから透明感のある花がのびのびと伸び上がって絡み合いアラベスク模様のステンドグラスのようでした。
落ちた色とりどりの花を夢中で拾いました
Img_4206_2
大人になったら高い天井の温室を作ってこの花の下で暮らしたい…
そのころ妄想した光景の百分の一位ですが
やっと花越しに空を見上げることができています。
後五十年位生きたらあの頃の妄想が叶うかもしれませんcoldsweats01
その頃までにゆっくりと好きな品種を選定しておきましょうか…

************************************************
プライベート・オープンについて

水曜日の午後のプライベート・オープンについて
やはり6月10日にします。
お天気が悪ければ11日の木曜に順延します。
時間は午後1時過ぎから…ということで宜しく御願いします。

今年は肌寒い日が続いたせいか春の花から夏の花へのスイッチがうまく行きません。
普段ならとっくに疲れているビオラも都忘れも未だに蕾があったりするけれど
流石にもう観賞価値はなくなって来ました。
一方で夏の花たちはこの寒さに縮こまって笑顔を見せてくれません。
風の被害やその他諸々 初回のようにコンディションは良くないですが
まぁ ゆるい庭でオープンガーデン後の話題をごゆるりと

|

« 風にふかれて | トップページ | 白蟻にご用心 »

Vines(つる植物)」カテゴリの記事

オープンガーデン」カテゴリの記事

コメント

ブーゲンビリア、かわいいですよねぇ。
花畑園芸公園の温室も見事だったような?
もう、もうずい分行ってないけど~。
あれを見て、我が家も買ったけどあまりのトゲに捨てさられてしまいました…
こんなふうに処分された植物達がどれほどあったか。ごめんね。これからはよく吟味して買うことにします~。ホント?
高台の庭、すみません~小山の中腹の家です
(笑)
一階は隣と裏の家に囲まれてます(-_-;)
二階からの景色は自慢できます(笑)
長住の街を眼下に見下ろし油山、背振が
バッチリです。台風の時は恐いですよ~。

オープンガーデン、楽しみにしてます。
今度はゆっくりお話できるといいですね~

投稿: まゆみんママ | 2009年5月31日 (日) 11時48分

やはりパワーのある色は勢力も強いのですね。一瞬、南の島へワープしたよう。

投稿: kiku | 2009年5月31日 (日) 19時29分

ブーゲンビりア~棘が有るとは知りませんでした~それにしても立派なスタンダードですね~腕の太さもありそうです。今から秋まで咲き続けてくれるなんてお得な花ですね~

投稿: KOU | 2009年6月 1日 (月) 03時37分

こんばんは
駐車場のブーゲンビリア見事でしたね^^
去年のOGではハニーサックルのイメージしかなかったのは、
OGでは今年はじめて咲いたからだったんですね

さそっく、10日お休み取りました
プライベート・オープン、楽しみにしています
どうか雨が降りませんようにconfident

投稿: OGC | 2009年6月 1日 (月) 22時11分

まゆみんママさんへ

>長住の街を眼下に見下ろし油山、背振がバッチリ

いいですね我が家はビルと電線に切り取られた空だけです。庭は借景も重要な要素ですからまゆみんママさんちは樹木がポイントなのかも知れませんね~

ブーゲンビリアは棘と暴れが酷くて私も何度捨てようと思ったことか…
でも貧乏性で捨てられなくて、どう付き合ってわからない植物が場所や仕立て方で突然いい役者になるってことを時々経験しました。
これもそのひとつ
そうそう西洋人参木もそうでした。
お会いできたらその話しましょうか…
入梅が微妙です。

投稿: tearose | 2009年6月 1日 (月) 22時15分

kikuさんへ

そう私らしくない南の島色で戸惑っています。
今年は誘引が良かったのか凄いことになって通りがかりの人もびっくり
近所の方も情熱の色ねぇ~…って褒められてるのか呆れているのかゼラニュームと合わせて派手な花色全開です。
こういう自分らしくない色って心理的に何か影響あるんでしょうか…

投稿: tearose | 2009年6月 1日 (月) 22時24分

KOUさんへ

そうなんですよ。半端じゃない棘なんですよ。
もうほとんど凶器です。
長いものは2cm近いかもしれません。
たぶん自然状態ではこの棘をピッケルのように使って木や岩にによじ登るんだと思います。近くのホテルに10m以上這い上がって素晴らしい景観のところがあります。

投稿: tearose | 2009年6月 1日 (月) 22時33分

OGCさんへ

え~っsign03
お休み取ったんですかsign02
こ…これはOGCさんのために土砂降りでもオープンしなくちゃいけませんねcoldsweats01
なんだかんだで花が間に合ってないし…
植物談義メインで楽しまれて下さいsnail

投稿: tearose | 2009年6月 1日 (月) 22時38分

立派なブーゲンビリアですね~。
真夏は休むとは意外ですが、4月下旬から12月下旬まで咲くなんて、すごいロングランナーなのですね。
棘があるとは、知りませんでした。
地中海の方では、このブーゲンビレアがたくさん植えられているようですね。
真っ青な空と白い壁に、ブーゲンビリアのピンクが印象的な風景です。

投稿: みー | 2009年6月 3日 (水) 23時05分

みーさんへ

軽い気持ちで買ったのに意外と長いおつきあいになりました。
棘とか色とか、お付き合い長いと好きになったり嫌いになったり…coldsweats01
今年は狂ったように咲いて我が家の景観や印象を左右するような存在感になってきました。
また付き合い方考えなくちゃと反省中です。

投稿: tearose | 2009年6月 3日 (水) 23時41分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/172033/25048591

この記事へのトラックバック一覧です: 秋まで楽しめる熱帯の蔓植物①:

« 風にふかれて | トップページ | 白蟻にご用心 »