« カロライナジャスミンとツルニチニチソウ(ビンカ) | トップページ | ウツギ »

2009年4月16日 (木)

アザレアとツツジの剪定

もう終わりですが我が家のアザレアです。この前から頂き物ばかりで恐縮ですが車のショールームで春のキャンペーンで頂いたものです。いただいた時はまぁ~るい樹形にピンク一色の派手な花がびっしり付いて正直好きではありませんでした。 Img_3382

ところがあんまり歓迎されていないとわかったのでしょうか…
色が変わってきました。ピンクに白の絞りが入ってきました。
樹形も私好みに変えてすっきりさせたのでとてもいい感じになってきました。

Img_3405

最近では白花も咲くようになってきて一本の木で咲き分けです。
毎年だんだん白花が増えて来た気もします。
このまま真っ白になってしまうのでしょうか?
それではは面白くないんですけど、私がかけた魔法ではないので止める呪文がわかりませ~んcoldsweats01

アザレア(西洋ツツジ)
ツツジ科ツツジ属 Rhododendron Bergian Azalea Hybrids

ツツジ・サツキをはじめやシャクナゲやブルーベリーも同じツツジ科だそうです。
常緑の木で酸性土壌に育つものが多いみたいです。ツツジとサツキそしてアザレアの区別が良くわからなかったのですがツツジがヨーロッパに渡って花びらが多く派手になったのがアザレア、花期が遅く小型で5月ごろから咲き始めるものそして光沢のある葉っぱを持つものをサツキと呼ぶそうです。

夏にグンバイムシがついて葉が白くなります。防ぐには定期的農薬を散布しなければならないそうですが私はあんまりしていません。

ツツジ類の剪定

剪定の適期は花後の1~2週間
新しい枝の先に花が付くので時期を逃すと花がつきません。
古い庭園ではツツジ類を丸く刈り込んで玉造りをしているのを良く見かけますが思い切って刈り込まないと同じ大きさではいられません。年々大きくなって直径4メートルほどの丸さになってお困りになっているお宅もありましたがこの時期に刈り込めばかなり強剪定でも大丈夫だということです。

良く手入れの行き届いた日本庭園では玉造りは効果的だと思うのですが自然な感じが好きな私はできるだけ自然樹形を意識して剪定をしています。
我が家のアザレアは低く自然な感じに抑えたいので太くなった枝は根元から切ります。
太い枝を切るとたくさんの小枝が出てきますがそれも秋には間引いてうるさくないようにしています。椿なども同じように放っておくとすぐうるさくなるので花後すぐ枝を整理しています。

Img_3608 ご近所の古いお庭で玉造りを解除されたツツジ

元は大きな玉造りだったそうです。
すっきりとして周囲のハーブガーデンにも馴染んでお見事!!

コツはやはり太い枝を躊躇無く落とすことだそうです。

|

« カロライナジャスミンとツルニチニチソウ(ビンカ) | トップページ | ウツギ »

Shrubs(低木)」カテゴリの記事

コメント

ツツジに聞こえたのでしょうね。
やさしい色になりましたね。
私もよく花が咲かなかったりしたら
もう捨てるよ!っていいます。
そしたらlちょっとでも
花がつくんですよ。不思議!
偶然だという人も家に一人いますが…(笑)

やはり剪定ですね。
ちいさな庭に欲張りな数。
はさみ使い、磨きをかけなくては。

投稿: まゆみんママ | 2009年4月16日 (木) 11時02分

植物には気持が通じるのです~
すてきなアザレア。

投稿: kiku | 2009年4月16日 (木) 17時14分

アザレア、ピンクと白の絞りが綺麗ですね。
これ、最初はピンクの単色だったのですか?
色が変わって来たとは、不思議不思議!
そんなことがあるのですね。
ご近所さんの玉造りを解放されたツツジも伸びやかでいいですね。

投稿: みー | 2009年4月17日 (金) 00時20分

アザレアの咲き分けって得した気分ですね♪
昨日は、ちょっと遠出してヤシオツツジを
見に行ってきました。
我が家の土は粘土質なのでツツジには酷のようで
ピートやら腐葉土、鹿沼土を入れて植え付けましたが
思ったより排水が悪かったらしく
今年は植えて四年目の玄海ツツジが咲かなかったので
掘り上げて見てみると根が窒息してました(汗)
最後の写真のツツジ、玉作りも良いけど
やっぱり自然な感じの樹形って素敵ですね。

投稿: note774 | 2009年4月17日 (金) 01時00分

まゆみんママさんへ

>私もよく花が咲かなかったりしたら
もう捨てるよ!っていいます

あはは それはお花もビックリですね。
私にとって人参木もそうだったけど
植えたものの相性が悪くて抜いちゃおうかと思うものでも剪定の仕方や場所を変えることでしっくりくることもあります。
やっぱり植物も必死なのかな…
色を変えるというウルトラCは流石に私も初めてでした。


投稿: tearose | 2009年4月17日 (金) 23時27分

kikuさんへ

>植物には気持が通じるのです~
ギクッcoldsweats01
秋冬~早春とほんとに植物に気を配ってやれなくてみんな栄養失調です。
これから可愛がっても間に合わないかなぁ~

投稿: tearose | 2009年4月17日 (金) 23時30分

みーさんへ

そーなんです。
この花の一番濃いところの色の単色だったのです。肥料とかPHの関係なのでしょうか?
でも秘密がわからないほうが楽しいかも知れません。

ご近所の庭 立派な日本庭園だったのを古い木を大事にしながら奥様好みのナチュラルガーデンに変えられて凄く素敵なんですよ。

投稿: tearose | 2009年4月17日 (金) 23時39分

note774さんへ

植物は長く育てるといろんなことがあるんですねぇ1
白一色にならないで咲き分け続けてくれるといいのですが…

玄海ツツジ ツツジ類の中で唯一通販のカタログで毎年チェックしてしまう品種でした。coldsweats01 好みが似てるかもですね~
それにnoteさんちも粘土質?
我が家も元レンコン畑だったらしくそうとうです。それでもこのアザレアは元気なので玄海ツツジはより繊細でデリケートなのかもしれませんね

投稿: tearose | 2009年4月17日 (金) 23時49分

先日はありがとうございました。

tearoseさんのお人柄があらわれた素敵なブログですね。
これからちょくちょくお邪魔します。

投稿: love-koko | 2009年4月18日 (土) 11時04分

こんにちは
アザレアとツツジの違いわかりましたflair
葉っぱの光沢だったんですね
これから気をつけて見てみます

剪定って大事ですね
剪定一つで木そのものが変わりますね
ワッサワッサあるより私も自然の樹形好きです
ついつい、枝を切る時は考えてしまいますが、
“女は度胸”でバッサリですねgood

投稿: OGC | 2009年4月18日 (土) 12時38分

love-cocoさんへ

ようこそ
ゆっくりのんびりやっています。
週一の更新ではお花に間に合わないんですけど…
いろいろ宜しく御願いします。confident

投稿: tearose | 2009年4月19日 (日) 00時29分

OGCさんへ

日頃疑問に思っていることでもなかなか調べたりしないものですね。
私もブログのお陰で少しはマメになったかも…
でも書いてないとすぐ忘れそうですcoldsweats01

女は度胸 その通りgood…な~んて
私の周りには決断力抜群のハンサムウーマンが多いですよ。憧れです。

剪定はやり始めると止まらない
一番好きな作業です。

投稿: tearose | 2009年4月19日 (日) 00時47分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/172033/29079500

この記事へのトラックバック一覧です: アザレアとツツジの剪定:

« カロライナジャスミンとツルニチニチソウ(ビンカ) | トップページ | ウツギ »