« ウツギ | トップページ | オープンガーデンに向けて① »

2009年4月26日 (日)

オープンガーデンに向けて②

…とここまではまだ余裕のあった四月初めに書いていた記事です。

しかし 4月20日に伯母が転倒
21日には骨折が判明 救急車で都心の救急病院に搬送されました。

認知症があると一般病室には入れてもらえません。個室も空きがありません。
今は観察室という手術後の患者さんを一時的に入れる場所にいます。
次々と術後の患者さんが運ばれて呻いているので伯母が元気なうちは静かにさせること安静にすることに神経を使いました。

Img_3620

病院へ運ばれた日は立ち上がろうとするのを静止するのに丸一日費やしました。
翌日は発熱して少しおとなしくなってくれましたが癌の骨転移ではないか精査するのに一日
そして翌日はさらに元気が無く…
とうとう今日は物を飲み込む力も無くなって食事も根気良く頑張っても無理でした。
薬の影響か意識も時々あるのかないのか…
そして先生の予定では4月30日に人工股関節にする手術…ということなのですが
それまでもつのかわからないほどの衰弱ぶりです。
それなのに蚊の泣くような声に耳を傾けると『伯母ちゃんは幸せだね。姪に良くしてもらって…』と言ってくれます。
私は何にも楽にしてあげられない自分に憤りを感じました。
他の患者さんの呻き声と機械の音だけが響く窓も無い無機質な空間でベッドに寝かされただ弱っていく伯母を見ていると何もしなくていいから家に連れて帰って緑の中で静かに寝かせてあげたいという衝動に駆られます。

手術を延期してもらうか
もう手術は一旦中止か 
ここにいるか もっときちんと会話のできるような場所を探すか
何もかも混沌とした一週間でした。

そんな中 私の所属しているところのオープンガーデンがスタートしました。
新聞やその他我が家のオープンの情報も掲載されたようです。
今更中止とはいえず予定の5月10日私はどんなオープンガーデンをしてるのでしょうか…

|

« ウツギ | トップページ | オープンガーデンに向けて① »

オープンガーデン」カテゴリの記事

日々のできごと」カテゴリの記事

コメント

こんにちは~
たいへんです~
おつかれさまです~coldsweats02

投稿: KOU | 2009年4月26日 (日) 04時55分

こんにちは
昨日もOGC3人で伯母様の具合が悪くなられたのではと心配しておりました。
大変でしたね。 御心労お察し致します。
ご無理をなさらずに、tearoseさんも体調を崩されませぬように。

投稿: OGC | 2009年4月26日 (日) 10時32分

オープンガーデンが目前に迫っての
伯母様の看病。tearoseさんのお体は大丈夫
ですか?
無理をされないで下さいね。
伯母様の一言、嬉しい反面、
何もしてあげられないもどかしさを感じて
られるのでは…。
そんな事ないですよ。
お花見に連れて行ってあげたり
看病も充分されてますよ。
ICUでの看病って付き添いの方が
気がめいってしまいますものね。
時々、息抜きしてくださいね。

投稿: まゆみんママ | 2009年4月26日 (日) 11時41分

うちもお姑さんが明後日手術。明日の確認、同意書には、なぜか私ひとり。病人がいるって、こんなに大変なこととは、、、今更ながらにtearoseさんの苦労が、まだまだ介護端くれです。tearoseさんご本人の体調が心配です。

投稿: kiku | 2009年4月26日 (日) 20時58分

バタバタして、ご無沙汰していましたが、伯母様大変なことだったのですね。
いろんなことが重なり、どんなにかご心労のことと思います。
お話をお聞きするだけで、胸が詰まりそうです。
伯母様、なんとか体力が回復されるといいのですが・・・。
そんな大変な中、オープンガーデンが開催されるのですね。
大丈夫でしょうか?
どうぞ、無理をなさらず、tearoseさんご自身もお体に気を付けてくださいね。

投稿: みー | 2009年4月27日 (月) 01時40分

KOUさんへ

薔薇のお手入れお忙しい中来て下さってありがとうございます。
確かに疲れますけど
逃げないで頑張ります~

投稿: tearose | 2009年4月27日 (月) 22時46分

OGCさんへ

予想的中でしたか…
気にかけていただいて恐縮です。
楽しく華やいだ季節にこんなことブログに載せるべきかどうか迷ったのですが、どんな状況でも息をするのと同じように無理せず植物たちと付き合える庭を目指しているのでひとつの過程として見て頂けたらと思いました。
お気遣いありがとうございます。

投稿: tearose | 2009年4月27日 (月) 22時58分

まゆみんママさんへ

いつも温かいコメントありがとうございます。
伯母の反応がないので何をどう頑張っていいのかわからないのですが、できることをやって行こうと思っています。
不器用な性格でひとつのことしか見えなくなる方なんですが、オープンガーデンのおかげでかえって気分が分散されて良かったのかもしれません。
長丁場になりそうなので介護の合間見て息抜きもしようと思っています。

投稿: tearose | 2009年4月27日 (月) 23時04分

Kikuさんへ

kikuさんも大変なんですね。明日ですか…
お義母さまの手術無事終わることお祈りしています。私も普段飲まないサプリなんかとって一応心がけてはいるのですが、お互い無理は避けられないので倒れないようご自愛下さいね。

投稿: tearose | 2009年4月27日 (月) 23時13分

みーさんへ

ご心配おかけしてすみません。
オープンガーデン…実は伯母は去年も4月15日に直腸癌の手術で予後も悪くて本当に大変で無理だと思ったのですが、一応ギリギリまでするつもりでいたことで前向きのアイデアやエネルギーが出て何とか乗り切ることができました。
オープンガーデンも体力的には疲れるけれど心はとてもリフレッシュしました。

介護はいつ終わるともしれないし毎日できる範囲で頑張っているので今年は自分の為にもオープンするつもりでいるほうがいいのかも…と感じています。

投稿: tearose | 2009年4月27日 (月) 23時34分

前回のエントリー、伯母さまのお体に異変でも・・と心配しておりました。
大変な中でのオープンガーデンでしょうけど、
きっと訪れる方にとっても、tearoseさんにとっても
収穫の多い、ステキな時間になると思います。
わたしも、お近くだったらぜひぜひお庭拝見したいですもの。

tearoseさんが書かれているとおり、終わりの見えない介護生活には、何より自分が一番リフレッシュできる時間を持つことですよね。
体の疲れは休めば取れるけど、介護はどちらかというと心の疲れ。日々弱っていく人を看ているのは、どんなに元気な人だって消耗していくはずです。
だから、わたしも出来るだけ美しいものを見る、健康な人に会ってたわいもないおしゃべりをする、そんな事がとても心を明るい方へ持って行けるようです。
思うように手を掛けられない時でも、tearoseさんのお庭の植物たちはきっと優しく答えてくれると思います。
今のままでも私にとっては、十二分にあこがれのお庭ですもん。
(終わったら、ゆっくりお休みもとってね。)
遠くから、エールを送っていま〜〜す!

投稿: こーこ | 2009年4月28日 (火) 22時38分

こーこさんへ

温かいエール確かに受け取りました!!
こんなにもわかっていただける方の存在を心強く思ったことはありません。
ブログっていいですね。
お会いしたこともない遠く離れた方々とこうして共感しあえるなんて本当に思いがけないことです。

>だから、わたしも出来るだけ美しいものを見る、健康な人に会ってたわいもないおしゃべりをする、そんな事がとても心を明るい方へ持って行けるようです。

ホント ホント やった人にしかわからないことですよねぇ!
オープンガーデン始めた頃は義母の介護のピークでどんなに頑張っても良くならない現実に自分が生きる気力さえ無くなりそうでした。恐る恐るオープンしてみて私の育てた植物が他の人を喜ばせることができることに気付きおおいに力をもらいました。その頃はストイックな介護生活だったので自分が楽しむことに罪悪感を感じていましたが、オープンガーデン続ける間に楽しむことが精神的な負担を軽くしていい結果を生むということがやっとわかってきました。

私のオープンガーデンのグループに86歳だかの大先輩がいます。お一人で奥様の介護されながらで大変だとは思うのですが、やはりオープンガーデンを続けることが心の支えになっているとおっしゃていました。私たちのグループの目標です。

投稿: tearose | 2009年4月29日 (水) 00時24分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/172033/29297627

この記事へのトラックバック一覧です: オープンガーデンに向けて②:

« ウツギ | トップページ | オープンガーデンに向けて① »