« 2009年2月 | トップページ | 2009年4月 »

2009年3月

2009年3月28日 (土)

お花見のハプニング

息子が東京へ行ってしまうのでお別れ会を兼ねてお花見をしました。
高齢の伯母を連れての外出はいろんなリスクがあるのでほんの数時間のこととはいえ
数日前から場所の確認や確保・荷物や伯母の誘導の手順など下準備に結構手間がかかります。
それだけに当日のお天気が気がかりでしたが少し風はあるものの晴天に恵ました。
まだ少し早いかと思っていたけどこの数日の暖かさで急に花も開きほぼ見頃でした。

Img_3345_3 伯母と二人で車を降り私の予約した場所に辿り着くとで既に女性が三人お弁当を開いていました。たぶんこの場所が予約制だということをご存知なかったのでしょう。

申し訳ないけど床に座れない伯母のために事情を話してシェアしていただくしかないと思いつつ
伯母の歩行器をその場所に入れようとしたとたん
10cmほどの段差に歩行器の車輪が引っ掛かり倒れました。
伯母の体を支えようと手を差し出したのですがお弁当で片手がふさがっていたので無理でした。
一瞬の出来事なのにスローモーションのように伯母が地面に転がっていく様を見たような気がします。

頭の中が真っ白になって一瞬私も固まっていたのだと思います。
気付くと先ほどの三人をはじめ十人近くの人に囲まれていました。
伯母は何が起こったかわからない様子でしたがとりあえず怪我はなさそうです。
やっと抱き起こそうとしていると、二十代の男性がさっと起こしてくれました。
そして立ち上がった後も歩行器の方向に向けない伯母を抱いて摑まらせてくれました。
伯母の無事を確認すると次々に『良かったね』の声がかかりました。
安堵と人の温かさに胸が熱くなりました。

Img_3355

息子たちが到着した頃には伯母もすっかり落ち着いて
先着の女性たちと談笑していました。

その後伯母はお腹いっぱいお弁当を食べて眠くなったみたいなのであんまりゆっくりできませんでした。
けれど来年はこのメンバーでお花見をすることはできないと思うので、
花のトンネルの下を帰る二人の背中を見ながら、貴重な時間を無事過ごせたことを感謝しました。

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2009年3月20日 (金)

啓蟄~春分へ

啓蟄とはWikipediaによれば3月6日頃から春分の頃までをさすのだそうです。
都会の小さな庭でも虫が活躍するようになりました。
ビオラのお顔を台無しにするナメクジ
落ち葉に下に隠れてる団子虫
そして温かいせいか蟻まで活発です。

とはいえ今年はやけに蜂が多い。
そう気付いたのは2週間位前…
何故か螺旋階段の下あたりにだんだん多くなってきました。
こんな街中でまさかとは思うけど巣があったら怖いし旦那様に調べてもらうことにしました。
先ずはデッキの上の踏み台から…
いきなり大当たり!!

Img_3149

驚きました。直径20cm以上もあろうかという巣が踏み台の中央にshock
毎日この上を何度も踏んでいたのかと思うとぞっとします。
だけど容易に覗ける場所だったのは幸いです。
もしデッキの下だったらプロにお任せするしかありませんから…
そういえば十年以上も前、家の屋根裏に巨大なスズメバチの巣が見つかったからと転居通知をくれた友人がいました。聞いた時は蜂の巣で引っ越すなんて信じられない話だと思ったけど毎日通る場所のすぐ下でこんなに大きなものが見つかるとスズメバチの脅威は推して知るべし…です。

さて、この巣をどうするか…
不用意に殺虫剤を撒いて文字通り蜂の巣をつついた状態になるのはごめんです。

flair大きなビニールを被せて殺虫剤を注入することにしました。
幸い大型のふとん圧縮袋にぎりぎり入りました。
そして決行…蜂さんごめんね。

Img_3153

写真は我が家の(o|o)ウルトラマンcoldsweats01
養蜂系ファッションがキマッてるでしょう?
実は蚊が大嫌いで夏の水遣りはいつもこのスタイル
街の中ではあまりに目立つので控えめにとお願いしてるのですが譲りません。
でも今日ばかりは私もこのスタイルが頼もしく感じました。

続きを読む "啓蟄~春分へ"

| | コメント (9) | トラックバック (0)

2009年3月13日 (金)

福岡で桜の開花宣言

春の嵐が吹き荒れる今日 全国のトップを切って福岡の気象台の桜が開花したそうです。
ニュースに寄れば1953年の統計開始以降、最も早い開花だそうです。
例年より13日早いということですが温暖化を示すいろんなニュースにだんだん慣れっこになってきました。

そんな中ETC優遇で高速道路料金が大幅減額されるというニュースや
トヨタが低価格ハイブリッド車の開発の発表と同時に全車種にハイブリッド車を用意すると発表しました。
景気に配慮するかエコに配慮するか悩むところです。

Img_3058

これは先週末の8日撮影した桜です。ソメイヨシノはどうかはわかりませんがほぼ満開でした。
周囲に花がまだ咲いていないせいでしょうか、この木に何百という蜂が群がっていました。
静かな陽だまりの中低い蜂の羽音がだけが鳴り続けていて印象的でした。

Img_3101

我が家も無駄使いを自粛しているつもりですが可愛い花には勝てません。coldsweats01
この可愛い笑顔に魅せられてまたお持ち帰りです。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2009年3月 6日 (金)

 雑草と戦う?

我が家のベランダで育てた雑草です。
庭は夏に放置というのが定番化しそうな我が家ですが、去年は秋冬も放置になってしまってクリスマスローズなど大事な植物は痩せ細って蕾も上がらない鉢もある位なのに
どーです。この元気さは!!

Img_2990

…とか胸をはるとヒンシュクをかいそうですが、
もともと地味な花が好きなので 雑草、実はそんなに嫌いじゃないんです。
雑草などという草はない。どの花にもちゃんと名前がある
…とどこかの山野草の研究家が言ったとか言わないとか
そんなことはどうでもいいのですが可愛いかもしれない花を見ないうちに取るなんてモッタイナイ
それにオオイヌフグリは雑草だけど近隣種のベロニカオックスフォードは園芸種…ってなんか変ですよ~
名前には大~きなイメージの隔たりがあっても花はどっちも可愛いし。
珍しいとか目立つとか人間の都合で決めた線引きを自分で決めなおしてもいいじゃない(ゴーマン?coldsweats01
私は庭で見慣れぬ草を見たらまず様子を見ます。花が咲くまではオーディションです。
たまに花が咲くまでに木になり始める植物もあるのでそういうのは遠慮していただいてますが,このプランターも今年はまだ何を植えるという予定もなかったので放置でした。

Img_3006 Img_3011

   ↑オーデションでめでたく場所を勝ち取ったムラサキケマン 
    憧れのコリダリス・チャイナブルーと比べたら確かに地味な花色ですけどね

雑草だって結構可愛い花が咲くじゃないですか。
上のプランターでもホトケノザとかない国に持って言って貴重な山野草です。
って言ったら喜ばれるんじゃ…それはないかcoldsweats01

まぁ 我が家は狭いからこんなのんびりしたこと言ってられるのかもしれませんね。
広大な庭をお持ちの方でお困りの方も多いと思います。
そんな方にご紹介したいのがこれ

Img_30001_2

山菜掘りです。イギリス人のポール・スミザーさんの番組で紹介されていたのでご存知の方もいらっしゃるかと思いますが、凄く便利です。これを使い始めると他の雑草取りの道具は使う気がしません。

レンガの目地だろうと根っこの強いものであろうと平気だし、根が回ってはずせない鉢を切り出したり 株分けする時に切ったり、スコップで歯が立たない位堅い土を掘ったりと大活躍です。
目盛りもあるので何センチ掘ったかわかって球根植えにも重宝します。

どうも日本に古くからある道具だったようですがイギリスで注目されファーマーズ・ウィーダーと呼ばれて輸出しているらしいです。イギリスの高級なガーデングッズを売ってる東京のお店で似たようなナイフを買われた友人の話ではイギリス製にはノコギリ歯がついてないらしいです。
私のは近くのホームセンターでやっと見つけた安物ですが2年使ってもさびてないしいい仕事してくれてます。

| | コメント (9) | トラックバック (0)

« 2009年2月 | トップページ | 2009年4月 »