« 小さなガーデナー | トップページ |  雑草と戦う? »

2009年2月28日 (土)

恩おくり

昨年はとてもハードな一年だったのに不思議といい出会いがたくさんありました。
よく考えるとそのほとんどは植物やオープンガーデンを続けていたことによる出会いでした。

昨年のオープンガーデンで江戸文学の研究をされている方から素敵な言葉を教わりました。
恩送りという言葉です。
恩返しは恩のある人に直接恩を返すこと
恩送りはいただいた親切を感謝の気持ちをこめて他の誰かに渡すこと
そういうお話でした。

恩返しは心がけているつもりでいてもどうしても返せない恩もある
そんな時なんとなく申し訳なく心の負担になることもあったのですが
この言葉を教えていただいてからは恩が返せないと感じることでも
いつかどなたか他に私の手を必要とする方がいればその時に返そうと思えるようになりました。

Img_2973_2

先週は失望することや心配なことでストレス一杯でした。
そんな中,前に植物のことで少しだけお手伝いした方がお食事に招待して下さいました。
お友達がされているおうちカフェならぬおうちレストラン?
写真はお玄関横に飾っていらした素敵なプリムラを入れた寄せ植えです。

Img_29781

お家の中はもっと素敵でインテリアもイギリスの古いホテルのような趣で
とても一般のお宅とは思えないような素晴らしいお宅でした。
驚きのインテリアの画像をアップしたいところですが一般のお宅なのでお料理だけ…
ゴージャスなお宅で普段お会いできないような素敵な方たちと
こんな楽しい美味しい時間を過ごせるなんて身に余るしあわせ

そしてそのおしゃべりの中でミモザのリースのは花がドライになって少し色が変わってもきれいだと伺いました。
一度そのドライのリースが見てみたいと言うと

Img_2984

翌日その方が私のためにお庭のミモザを切って作って下さいました。
まったくまじりっけなしのミモザだけのリース
こんな厚みでミモザだけでリースを編むなんて
なんて贅沢!!
それを私にいただけるなんて困っちゃうくらい嬉しい

このサプライズですっかり元気になってしまいました。
もうどちらの方にも恩は当分返せそうにありません。
ただただ感謝の気持ちを忘れないで恩送りできたらと思います。

|

« 小さなガーデナー | トップページ |  雑草と戦う? »

日々のできごと」カテゴリの記事

コメント

恩おくり…、素敵な言葉、素敵な意味、
ですね。
それに少し気が楽になります。

tearoseさんはいい出会いがたくさん
あっていいですね。
ブログで見ているだけでも
刺激になります。

ミモザのリース、あこがれです。
去年、プルプレアの苗木をかいました。
一枝だけ、蕾がついています。
早く、リースが作れたらいいなぁ。

投稿: まゆみんママ | 2009年2月28日 (土) 11時13分

まゆみんママさんへ

いい出会いの中にもちろん貴女も…
温かいコメントに励まされながらブログをなんとか続けております。
まゆみんママさんにも恩が返せそうにないから誰かに送っておきますね~
ん?…ってこれはないですよね(;^_^A

ブルブレアの苗木に初めて花 いとおしいですね
ブルブレアの新芽のあの色が大好きで、よそで見かける度にいいなぁ…と立ち止まってしまいます。
前に3年も育てたギンヨウを予定の高さになったのでスタンダードに刈り込んだら枯らせてしまった苦い経験があります…幼木の間は暴れてもあまり強剪定はしないほうがいいみたいですよ~
そ~っと可愛がってあげて下さい


投稿: tearose | 2009年3月 1日 (日) 00時41分

ミモザのリース、とても素敵。
ご近所だった頃あったミモザが思い出されます。春一番を感じさせるイエローですね。
tearoseさんの体調が心配ですが、ミモザに元気をもらえましたね!

投稿: kiku | 2009年3月 1日 (日) 22時56分

kikuさんへ

ありがとうございます。
皆さんに励まされて
とっても癒されました。

黄色って私はあんまり好きな色ではないのですが、ミモザの色だけは特別です。
花も葉も繊細で素敵ですよね。
こういう黄色には何か効果があるのですか?
一度kikuさんに聞いてみたいです。

投稿: tearose | 2009年3月 2日 (月) 19時20分

恩送り、良い言葉ですね。
確かに親の恩も、親には返せずに
次の時代を担う子供たちに返しているようなものですものね。
ペイフォワード(Pay Forward)という映画がありましたが、(この映画の結末は悲しすぎたので好きじゃないですが)、人間は一生かけて、恩を返していくものかもしれませんね。
ところで、なんとステキなおうちレストランなんでしょう!
こんなゴージャスなお持てなしって、私には未経験の領域です。
ミモザのリースも夢のようで、ため息がでるばかり。
素晴らしい出会いに乾杯~!

投稿: こーこ | 2009年3月 3日 (火) 07時59分

こんにちは
tearoseさんのお庭だけでなくブログにも
癒されています。 お人柄でしょうか。

「恩おくり」 いい言葉ですね。
心にひびきます。 私もこれまでまわりの方に支えられ生きてきましたが、返せなかった恩がたくさんあります。心のどこかにひっかかっていました。でも、この言葉を知りホッとしました。返せなかった恩をこれから出会う方に恩を渡していきたいと思います。
これからもいろいろなこと教えてください。

それから沈丁花、機会があれば一枝お譲り
ください。 楽しみにしています

投稿: OGC | 2009年3月 3日 (火) 12時18分

こーこさんへ

お忙しい中コメントありがとうございます。

>確かに親の恩も、親には返せずに
次の時代を担う子供たちに返しているようなものですものね。

本当にそうですね。受けた恩を全部返すなんて不可能ですから周りにできることを…ということなのでしょうね
親になり親を見送って初めてわかる恩もあるのかもしれませんね。

おうちレストランは私も先週までは未経験の領域でした(^。^;)
植物をいじったり見たりしているだけでも癒されるのに植物はたくさんの喜びの種を飛ばしてくれます。

投稿: tearose | 2009年3月 4日 (水) 00時09分

OGCさんへ

嬉しいお言葉ありがたくいただいておきます。confident

>まわりの方に支えられ生きてきましたが、返せなかった恩がたくさんあります。

こういう感覚を持てる方こそ精神的には豊かで素敵な人生を送っているのだなぁと感じます。私こそ教えていただくことがたくさんあるような気がします。

沈丁花 おまかせ下さいcoldsweats01
ただし手に持っていることも忘れるくらいですから、お会いした時必ずもう一度リクエストしてくださいね。


投稿: tearose | 2009年3月 4日 (水) 00時29分

こんにちは~
先日は拙ブログまで来て下さってありがとう~
『恩おくり』
聞き慣れない言葉に目を留めて~ここに来るたびに開いて読み返す~そうこうするうちに言葉とその思いが心のどこかにす~っと収まって何か自分の中で生きた言葉となってようやく落ち着いたようです~confident
この言葉はこれからKOUの中でも命を持っていつかどこかでshine煌きを見せる事もあるかも知れないですね~

投稿: KOU | 2009年4月 3日 (金) 11時57分

KOUさんへ

何度もお読みいただいたなんて恐縮です。

恩送りと言う言葉
初めて聞いた時は感動しました。
言葉って不思議ですね
新しい言葉を知ることで
今までと感じ方が違って視野が広がるような気がしました。

KOUさんとの出会いもとてもいい刺激をいただいて視野が広がりました。

投稿: tearose | 2009年4月 3日 (金) 18時14分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/172033/28399667

この記事へのトラックバック一覧です: 恩おくり:

« 小さなガーデナー | トップページ |  雑草と戦う? »