« 長寿のつるバラ カクテルがピンチ! | トップページ | 小さなガーデナー »

2009年2月12日 (木)

ガーデンシンクの製作(不確実な記憶)

以前の記事でガーデンシンクの作り方をそのうち…
などどと書いたものだからガーデンシンクで検索してアクセスしてくれている方が結構いらっしゃるみたいです。このままだと狼少年になってしまいそうなので早くUPしたいと思っていたのに作る過程の写真が探せず完成時期さえはっきりしなくて困っていました。

Sink_2 …と思っていたら設計図が出てきました。2005年の今頃の完成だったようです。人に見せるつもりでもないので汚い図面です。
とはいえ今更清書するほどのものではないので目をつぶってだします。物好きな方は後でクリックしてください。coldsweats01

作りたいと思わない方にはどーでもいい話ですが、一応我が家のガーデンシンクのデザインの要点を上げますと…

 ①デッキの片隅にできたスペースの有効活用

 ②当時研究中だった木材のサンプルとして、三種の木の試用
もの凄く丈夫と言われていた輸入もののレッドシダーの家具やデッキが10年位で次々腐ったため、腐らないと言われるハードウッドの耐久性や特性を知りたくて。
  
 ③普通の水栓の他に散水用のホース専用の水栓が欲しかった。
   (水栓については以前の記事に詳しく書いています。)

 ④引き出しをつけてキッチン小物も収納できるようにしてもらった。
       (当時は週末ごとにダッチオーブンで燻製なんか作りながら庭仕事するのが夢でした。←あまり庭に出る時間もなくなるなんて想像もしなかった)

 ⑤廃物の有効利用 
    
水栓は家の洗面所のお下がり・天板はキッチンのメラミンカウンターの端材

Img_0002 Img_0001

材料(素材・道具)

 木材 ウリン(堅くてめちゃ重い一番強そうなの4*4(インチ)で柱を
       イタウバ(面がスムースでささくれが少ない)で外装
       サイプレス(シロアリに強く比較的細工がしやすく軽くて安価)で内部の構造
 水栓金具・シンク(市販のステンレスの安価なシンクの一部)
 天板・引き出し用レール・ 分岐栓・取手・丁番
 ステンレスコースレッド・透明のコーキング・丸鋸・糸鋸・電動ドライバー
 

3_031

完成前の写真が一枚だけ見つかったのでこれを見ながらざっくり思い出した範囲で作り方を説明します。(細かいとこ知りたい方は上の汚い設計図を見てください。)

これはこの場所にシンクの構造材を設置した直後の写真と思われます。
ハードウッドは非常に重いし、デッキ工事の際に排水パイプ(塩ビのグレー)や水栓を立ち上げていたため最低限の枠だけ作って、内部は設置後に仕上げました。

構造は簡単です。
①ウリンの4*4の柱を4本立てて机の脚のような構造を作り天板を支える枠部分四方向と足元の三方向から補強する。(バックボード一段目とサイドボードは枠を兼ねています。)

②バックボードを作って固定する
(曲線は原寸の型紙を作り隙間部分を除いて木に型をとり糸鋸で切ります。)

③天板を乗せるために枠の内側に更に補強枠を作ります。

④あらかじめ水栓金具を取り付けた天板を乗せます。
   天板の周囲をコーキングします。

ここからは現在の画像見ながら思い出した範囲で

Img_2930

⑤引き出しを固定するための構造を作りレールを取り付ける

⑥引き出しの製作

⑦扉の製作 取っ手の取り付け

⑧扉を取り付けて完成

週末毎の作業でしたので何週間かかったでしょうか…
何かお手本があったわけでもないのによく完成したなぁ…と自分でも感激しました。
大変だったけど少しずつ完成するのが楽しくて週末が来るのが待ち遠しかったです。
あの頃あんなに元気だったんだ…となんだか遠いことのように思い出している自分に気づくと、なんか情けない。
ん~。少しくらい無理してもやっぱやりたい事やっている時が一番元気でいられる気がします。

完成後の初めてのオープンガーデンでは花を凌ぐ人気でいつもは裏方担当の旦那様も引っ張り出されて質問攻め。
全く素人が引いた図面で旦那様と完成させたシンクを建築家の方に『参考にしたいので写真撮らせて』と言われた時は嬉しいやら恥ずかしいやら(←プチ自慢)
『幸せな奥さんね~。こんなことできるご主人が居て』などとまるで私はお茶の用意でもしてるうちに完成したかのように何度も言われ少し残念だったけど、寒い中一緒に何週も無理難題をクリアしながら頑張ってくれた旦那さまには感謝感謝でありました。

4年経ちましたが現在もハードウッドはびくともしません。
しかし残念ながら廃物利用の天板はコーキングが割れてふやけてしまいました。
雨ざらしの場所ですから結局は本物の御影石を石屋さんに切ってもらって、取り替えました。 引き出しには横殴りの雨が降ると水が入ることがわかったのでスノコ状の面材の内側から古いテーブルマットを貼りました。
最初はブルーに塗る予定だったのですが木の特性を見るために三年位風雨にさらしました。面材のイタウバはあまり変色もなくひび割れもなく保護のため塗る必要は全く感じません。しかし艶はないので(研磨すれば出るかもしれませんがラフなままで)クリアの塗装をちょっとしてみました。

当時ブログをするなんて夢にも思わなかったので写真もなくて
〝ガーデンシンク〟で辿り着いた方には物足りない内容ですが一回で終了です。coldsweats01

後日談ですが
このシンクが完成してからは、私の『ヤレバ何とかなる』という傾向が強くなったのはいうまでもありません。そして旦那様の忍耐力もbleah

|

« 長寿のつるバラ カクテルがピンチ! | トップページ | 小さなガーデナー »

DIY」カテゴリの記事

コメント

すごい! ガーデンシンク、手作りだったんですね。う~ん。図面を見ても、
ため息しかでてきません。
バケツやホース等見せたくないものも
収納できるしなんと言っても 
おしゃれ!!
ご主人に感謝ですね。

投稿: まゆみんママ | 2009年2月13日 (金) 10時58分

素敵なガーデンシンクですね~♪

私も、レンガ造りのキッチンと
窯を造るのが、夢なんですが・・
まだ夢のままです(^^ゞ

投稿: note774 | 2009年2月14日 (土) 08時56分

まゆみんママさんへ

図面汚くてタメイキでしょうσ(^◇^;)
なんか考え始めると汚くそこいらじゅうに
書き散らすガリレオタイプです。
頭は単細胞で難しいこと考えられないですが

収納は便利しています。
我が家は狭くてバックヤードというか
ものが置ける場所がないので

でもいつも散らかっているのは、性格ですけど…
せっかく苦労して作ってもらったのだから
少しは整理整頓しないといけないですね

投稿: tearose | 2009年2月14日 (土) 23時40分

note774さんへ

レンガのキッチンと釜
素敵でしょうね
ピザとか焼くのかな~
バラの多いnoteさんのお庭に似合いそうです。

夢はきっと叶います。
私も庭のある家に住めるとは思っていなかったですが、妄想だけは消えなかった…だからちっちゃいですけど、私の手に余らない大きさの庭が出来たのかなぁ…なんて思っています。

投稿: tearose | 2009年2月14日 (土) 23時49分

いえいえ、図面汚くてため息。だなんて、
とんでもない!
あ~、主人に作ってほしいけど
とても無理のため息ですよ!
ず~と業者の方の作品と思って
ましたよ。
いろいろとコツコツされる
tearosuさんに脱帽です。
春には絶対にオープンガーデン
して下さいね。
今から楽しみにしてます。

投稿: まゆみんママ | 2009年2月15日 (日) 14時22分

まゆみんママさんへ

ごめんなさ~い
気を遣わせてしまったかな?

私 何でも自分でやってみたくて、大工さんでも左官さんでも物を作っている人を見るとすぐ弟子入りしたくなる困った性分です。
だから業者さんに頼んでも、ずっと現場に貼り付いて、いつでも弟子になれるよう修行してしまうんですよ。(たぶん大迷惑)
でも何か始めると周りが見えなくなって家族に迷惑かけてばかりです。
旦那様はそれが嫌で手伝ってくれているようなもんですが、始めると無理難題の山を登山のように結構楽しんでいるようです。

投稿: tearose | 2009年2月15日 (日) 22時59分

tearoseさんの今回の記事がUPされてから、
OGCのメンバーで初めてオープンガーデンに
伺ったのは何年前かしらと言う話になりました。3回伺ったので3年前でした。
初めて伺ったときの感動今も覚えています。
あんなに素敵なお庭がご主人様と手作りと
お聞きし、帰りの車の中ではカルチャーショックとため息でした。
今、またガーデンシンクが図面ひきから始まっての手作りだと知り、何回見てもPCの前で、またため息です。  スゴイです!!

投稿: OGC | 2009年2月16日 (月) 10時24分

OGCさんへ

オープンガーデン三年も連続で来て下さったのですねぇ゜.+:。(*´v`*)゜.+:。
ありがとうございます。本当に嬉しいし、もったいないことです。

三年前…たぶんその頃がピークだったかも…
ここ三年は日本経済と同じく我が家の庭は右肩下がり。
毎年オープンを迷った挙句なんだかんだと主催者の方に励まされ何とかオープンしてきました。正直今年も迷っています。

植物やお庭が好きなことは変わりないのですが、だんだん一人でできないことが多くなって進歩がなくて、見ていただく価値があるのかなぁ…などと考えると足を運んで頂くのが申し訳なくなるのです。

でも植物の好きな人どうしのお祭りに参加している位の感覚なら許容範囲なのかと慰めてみたり…

OGCさんやまゆみんママさんそしてお友達のような素敵なゲストには本当に励まされています。 感謝感謝

投稿: tearose | 2009年2月16日 (月) 23時57分

こんにちは~
去年お邪魔したとき、夢の様にステキなガーデンシンクだなぁと
思ったのですが、これが手作りだったなんでビックリです。
風雨にさらされてだんだんお庭に馴染んでくる素材というのも魅力ですね。

あぁ、頭の中にこんな図面がザ~~ッと浮かぶなんてスゴイ!
『ヤレバ何とかなる』なんて、tearoseさんも超ポジティブ派ですね~!
頼もしい!!

投稿: Mary | 2009年2月18日 (水) 17時39分

Maryさんへ

こんにちは
コメントありがとうございます。

>図面がザ~~ッと浮かぶなんてスゴイ!

だとスゴイですね~coldsweats01
ホーメセンターが結構好きなんでいろいろ見ては考えますが、思ったことを形にするのは試行錯誤の繰り返しです。
形にならないこともありますが、不器用なのでどんなことでも修正には慣れてしまいました。

投稿: tearose | 2009年2月19日 (木) 21時55分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/172033/27815449

この記事へのトラックバック一覧です: ガーデンシンクの製作(不確実な記憶):

« 長寿のつるバラ カクテルがピンチ! | トップページ | 小さなガーデナー »