« 石鎚スカイライン | トップページ | 夏の球根① »

2008年9月 1日 (月)

フラワー・アレンジメント

Kさんのお誘いでアレンジメントの教室 マルシェ・ドゥ・フルール の花展を覗いてきました。新しい感覚のアレンジメントがたくさんあって勉強になりました。

広松克子先生の許可を頂いていくつか作品の画像をアップさせていただきました。

Img_10293

優しい色のダリアをポイントにアレンジされた広松先生の作品

花と蔓の流れの中に旺盛な夏の植物のエネルギーを感じます。
あっちこっちに散らしたミニかぼちゃ?が御愛嬌 なんともいえません

Img_10271

こちらも先生の作品
白熱灯のスポット照明が当たっていたので本来の色がなかなか出なくて残念です。

絡めているクレマチスはの可愛らしいこと!! 篭口でしょうか…ずっと前から欲しいのに、この可憐なクレマチスを引き立てる場所が見つからなくて躊躇していました。この作品は華やかなカーネーションやガーベラと合わせてもこのクレマチスの可愛さが損なわれないことを教えてくれました。来年の楽しみが増えました。

Img_10183

最後は坂井聡子さんの作品

ギボウシや百合など夏の植物の間に色付き始めたコムラサキが秋の訪れを感じさせます。抑えた色合いがなんともシックです。ナチュラルガーデンの雰囲気もあってずっと眺めてても飽きない作品でした。

気がつくと縦位置の写真ばかりで横位置のものも織り交ぜれば良かったかな?

このほかにも素敵な作品がたくさんありました。真夏の花展だけに新鮮さを保つのには大変なご苦労だと思います。私がお邪魔した時にも広松先生が自らテキパキとメンテナンスをされていました。一生懸命作った作品のメンテナンスを先生がして下さるなんて出品された生徒さんは幸せだなぁ…と思いました。

マルシェ・ドゥ・フルールの皆さん 広松先生 そして誘って下さったKさん

素敵な一日をありがとうございました。

|

« 石鎚スカイライン | トップページ | 夏の球根① »

植物で楽しむ」カテゴリの記事

コメント

 アレンジメントすてきですね。
管理が大変だと思いますが、この時期にも
花展の催しがあってるんですね。
私も坂井さんの色好きだなー。
アレンジメントって、見た目より種類も本数もたくさん使ってあるんですよね。
朝晩秋めいてきて、これからお庭に出やすくなります。また色々ご紹介下さい。

投稿: ミント | 2008年9月 1日 (月) 11時09分

ミントさんへ
楽しんで頂けましたか?
フラワーアレンジメントで学んだことはお庭での配色や配置を考えるヒントになっています。
アレンジメントに限らずセンスのいい作品を見ることはインスピレーションが湧いて楽しいですね。
私もそろそろ夏の疲れた庭の再生に着手しなくては…と思っています。

投稿: tearose | 2008年9月 1日 (月) 22時43分

はじめましてhappy01
初秋の香り漂うオブジェの様で見事なフラワーアレンジメントです。
ずうっと暫く眺めていたくなる完成度!
さすがtearoseさんの先生の作品ですね。

投稿: Angela | 2008年9月 2日 (火) 13時26分

Angelaさん
はじめましてwink
Angelaさんもアレンジメントされますか?
私はただただこんな作品の構想が湧くのが不思議でたまらない一ファンです。
ここの先生はご自身も生徒さんも何度も受賞されているフラワーデザイナーさんです。凄いですね。
私はなにをやっても中途半端なので才能を開花させるまで努力できる才能を育てているところです。間に合うんでしょうか…
なんせ ゆる~く楽にやってますからbleah
自己流ですが時々アレンジもアップできたらな~と思っています。
これからも宜しくお願いします。

投稿: tearose | 2008年9月 2日 (火) 20時03分

3番目の作品、
暑い日にす〜〜っと涼しい風が吹いたような
季節が秋にバトンタッチしていく風景のような
さわやかな作品ですね。大好きだなぁ。
上の2作品は、植物ってどんな合わせ方をしても何一つ潰しあわないという見本ですよね。
こんな風に個性をつぶさずにオーケストラにしてしまえるのは、やっぱりコンダクターの力でしょうけど。
夏の間、荒れ放題の庭もさることながら、
我が身も我が家もまったくの荒れ野。とほほ。

投稿: こーこ | 2008年9月 3日 (水) 09時10分

こーこさんへ

>夏の間、荒れ放題の庭もさることながら、
我が身も我が家もまったくの荒れ野。とほほ

とほほ 我が家も同じです。
庭での美しい画像が調達できないので
この辺で奮起しなければ…と思いつつ
疲れがたまって金縛り
その上のだめの再放送にはまりそう

山積みの全部を見ないで
焦らずひとつずつ…と行きたいところです。
Take it eazy

投稿: tearose | 2008年9月 3日 (水) 11時10分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/172033/23387632

この記事へのトラックバック一覧です: フラワー・アレンジメント:

« 石鎚スカイライン | トップページ | 夏の球根① »