« 海の中道 シンフォニーガーデン | トップページ | 夏の花木② »

2008年9月28日 (日)

夏の花木①

急に涼しくなりました。冷房からやっと開放されて人間らしい生活ができるようになって嬉しいの何のcrying

更新さぼっていたらこのまま夏の花を紹介しそびれてしまいそうなので今日からやります。毎年元気に花を付ける花木も夏の救世主

ムクゲ
アオイ科フヨウ属ムクゲ 木槿、槿、Hibiscus syriacus

Img_0517 7月頃から10月頃まで咲き続ける花木です。丈夫で生育旺盛 強剪定にも耐えるのでスタンダード仕立ても可能です。

我が家では紫と白のムクゲを二本絡ませて二色咲きのスタンダードを作って楽しんだ時期もありました。
でも地植えだとどんどん大きくなって春先に形良く仕立てても花の終わる頃にはとんでもない暴れようです。それに品種によってアブラムシがつきやすく地植えのスタンダードは7年位で放棄しました。

今残っているこのムクゲは鉢植えにしてありますが色も好みだし虫もこない。二段階スタンダード仕立てもどき に仕立てています。

Img_1047

これもムクゲの一種だと思うのですが直径が3~4cmの小さな花です。画像よりもう少しピンクがかった色です。

両方とも名前がわからないのですが、種類が多くて難しいです。

家は狭いので窮屈な育て方しか出来ませんが、広い場所で列植された白いムクゲが風に揺れるのを見たときはなんとロマンチックな夏の情景なんだろうと感動しました。

 

ランタナ
クマズラ科シチヘンゲ属ランタナ 
ランタナ Lantana camara と コバノランタナ Lantana montevidensis

2501 ランタナは常緑小低木ですが冬の寒さに弱く戸外では冬場は葉を落とします。性質は丈夫でこれもまた強剪定に耐えます。

ランタナには木立性のランタナと下垂性のコバノランタナの二種類があります。
コバノランタナといえば単色の薄紫の花が一般的でしたが最近は黄色や白なども出回っていて苗ではどちらかわかりません。買う時によく確かめないと間違って植えると大変困ったことになります。

左の写真は薄紫のコバノランタナ。こういう落差のある壁面では見事な景観を作るのですね。我が家は高さ60cmほどの花壇にこのランタナ植えていますが生育が旺盛なので年に2~3度は強剪定をしています。
Img_0511
他に名前どおり七変化する上のランタナそして木立性の白があります。花期も長くお花も可愛いし緑の実も可愛いし言うことなし…と言いたいところですが、コバノランタナの剪定の時の臭いだけはいただけません。
植えっぱなしでいい上の写真のような場所で伸び伸び育てたいものです。

10月4日追記

二番目の小さいムクゲは タカサゴフヨウという花だとブログをご覧になった方に教わりました。ありがたいですね。
であれば…ということで調べました。

タカサゴフヨウ(高砂芙蓉・別名ヤノネボンテンカ〔矢の根梵天花〕)
アオイ科ヤノネボンテン属 Pavonia hastata

四季咲きで温度さえあれば咲きます。性質は強健こぼれ種でも良く増えるとのこと…私はまだ4~5年のお付き合いですが一度根を張ると容易には抜けないそうです。…増やしたくない時は要注意ですね。

|

« 海の中道 シンフォニーガーデン | トップページ | 夏の花木② »

Shrubs(低木)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/172033/22840082

この記事へのトラックバック一覧です: 夏の花木①:

« 海の中道 シンフォニーガーデン | トップページ | 夏の花木② »