« 夏の球根① | トップページ | お水遣り省力化作戦 »

2008年9月13日 (土)

夏の球根②

前回に続き夏に活躍してくれるローメンテナンスの球根を…

リコリス
ヒガンバナ科ヒガンバナ属 Lycoris

リコリスはヒガンバナやキツネノカミソリなどと同じヒガンバナ科の植物です。
春に葉っぱだけ出て、夏前には葉が黄色くなり休眠します。そして夏~秋に花茎だけが立ち上がり花をつけます。畦道に咲くヒガンバナと同じようにお水や肥料などほぼメンテナンスフリーなのに大変種類も多いし華やかな花が咲き、植えっぱなしでもよく増えます。前回 紹介した二つより花期は短いのですが、多少の日陰にも耐えるので木の下などに植えておくと楽しいです。

Img_1041_2 今 家にあるのは
リコリス・スプレンゲリー
Lycoris sprengeri
です。

調度今花が終わった所です。
この花の幻想的な色には、まいっています。ピンクで咲いて、散る間際には写真のように深いブルーが現れます。年によりますが今年は濃いブルーが出ました。

Img_1038_6 他に夏水仙リコリス・スクワミゲラ Lycoris squamiger)も植えていました。こちらは大変大型でゴージャスなのですが、我が家には大きすぎてお引越し。今は広々したお庭を華やかに飾っているそうです。 

リコリスにはアルカロイド系の毒があるそうです。それなのに漢方薬やお菓子にリコリスが使われてるようなので不思議に思っていました。調べてみるとそのリコリスは全く別物で まめ科 カンゾウ属 甘草〔カンゾウ〕とのことでカタカナでは同じリコリスでも Licorice 英語では発音も違いそうですね。

他に画像はありませんが同じヒガンバナ科のレインリリー(ハブランサス)とかゼフィランサス(タマスダレ)も放任…っていうか植えた覚えもないし花のない時期なんて忘れているのにメチャ元気。ヒガンバナ科は花期は長くないけど忘れていい位丈夫なのでいろいろ植えておくとちょっとお得な気分になれそう

 

ダリア

キク科ダリア属 Dalia

寒色系のピンクが多い夏の庭の中で温かいアプリコットの花を咲かせているのは名無しのダリア。ダリアは種類が多くてちょっと調べようがありません。

Img_0327_3 こちらは全く手間要らずというわけには行きませんが、毎年晩春から晩秋まで花期が長いです。真夏には少しくたびれるので7月下旬には切り戻して液肥などあげれば秋にも良い花を見せてくれます

我が家の花はオレンジ色で咲いて次第にアプリコットに、そして秋になって少し気温が下がると青みがかったピンクがほんのりのってくる…なんともいえないアンティークな彩り…気温や季節で微妙な花色の変化を見せてくれるお洒落さんです。

寒い地域では霜の降る前に掘り上げるそうですが、我が家ではずっとこの鉢で5年以上はおさまってくれています。

Img_0245_4   

その他にダリアはコンパクトタイプで花径が3㎝程度のブロンズメロディ・イタニティを持っています。今年は植え替えて場所を移したせいか元気がないので切り戻したばかりです。
これも葉っぱも花も素敵な色なので寄せ植えなどにもお勧めの品種です。

|

« 夏の球根① | トップページ | お水遣り省力化作戦 »

Bulbs(球根植物)」カテゴリの記事

コメント

こんばんは
八月下旬から仕事が忙しくなってしまい
ブログも放置状態・・(汗)
大分ご無沙汰になってしまいました(^^ゞ
ローメンテナンスの夏の球根ですか、とても参考になります。
リコリス・スプレンゲリーもダリアも良い色ですね!
また遊びに来ます。

投稿: note774 | 2008年9月16日 (火) 01時23分

note774さんへ
こんなに暑い中お仕事ご苦労様です。
note774さんの更新を楽しみにしているひとりですが、どうぞ無理はなさらないで下さいね。夏の疲れが出やすいころですから…

私も夏はガーデニングもご無沙汰
ブログの更新もやっとこさ…でしたが少しずつ復帰しようと思っています。
最近は時間と体力をあんまりガーデニングにさけないのでローメンテナンスがテーマです。本当は手間暇かかるバラとか憧れなのですが緑に囲まれた快適な空間が維持できればそれで幸せという感じです。
また秋本番にはnote774さんの素敵なバラを見せてくださいね。

投稿: tearose | 2008年9月19日 (金) 00時27分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/172033/23643303

この記事へのトラックバック一覧です: 夏の球根②:

« 夏の球根① | トップページ | お水遣り省力化作戦 »