« Cozy流 癒しの庭のレシピ*予告編 | トップページ | Cozy流 癒しの庭のレシピ② »

2008年5月29日 (木)

Cozy流 癒しの庭のレシピ①

 大雨でしたがお庭に被害はありませんでしたか? 今回我が家は珍しく早めに支柱したり刈り込んだりしていたので取りあえずセーフでした。それでもこの雨でアジサイがまた一回り大きくなってもう限界coldsweats01 花が多いので切る事もためらわれ どうしても邪魔な部分だけ切り花で楽しむことにしました。

 さてお約束の Cozy流 癒しの庭のレシピ 今日から始めます。今日は先ず材料から

癒しの庭の材料

① 妄想力

② テーブルセット

③ 記録(記憶)

④ カメラ

⑤ 樹木

⑥ 低木

⑦ 多年草(宿根草)

⑧ 一年草

⑨ 土

⑩ 庭作りの道具

Photo_2

     ↑大改造2ヵ月目の写真 今では隠れた石積みも当時は丸出しでDIYそのもの

材料の説明をしていきます。先ずは①~④まで

 ① 妄想力

 ② テーブルセット

 先ずお庭の一番落ち着く場所にテーブルセットを置きます。(なければダイニングの椅子でも結構です)ここから貴方の庭を度々見て(できればお茶でもしながら)妄想に励んで下さい。椅子は時々動かしたり方向を変えたりしながら落ち着く向きや距離を感じてみて下さい。もし庭で過ごす感覚がないならお家の一番庭を見たい場所からどうぞ

 何もないところからのスタートでも どうにかしたい庭からのスタートでも一番大事なのは妄想力だと思います。想像と言わず敢えて妄想とういうのは庭のデザインをあれこれ考えるというより、貴方がその庭で誰と何をしているかを思い巡らせてほしいから

    一人で読書?それとも 恋人とのお茶? 家族や友人とガーデンパーティ?お昼寝?それとも 果物やお野菜の収穫?

 私は欲張りだから全部 happy02 我が家に来て下さった方はおわかりでしょうが、あんな狭い土地に最終的には全部盛り込んでしまいました。…恐るべし 疲れを知らぬ妄想力

 だけど一番最初はそんなに欲張っていたわけではありません。 狭いので庭らしい庭ははなから諦めていました。シンプルに家族との食事ができればという願望だけで、今よりずっと大きなデッキにもっと大きなテーブルがあっただけ。でもテーブルができたら木陰がほしいよね⇒木が育つんなら花もできるかも…そんな風に少しずつ妄想が広がって今に至っています。

 妄想といえば20年以上前イギリスにはオープンガーデンというチャリティがあると聞いた時、いつか日本にもできたらなぁ…とガーデン巡りをする妄想をしていました。子供の頃からお庭やエントランスの素敵なお宅を見かけるとどうしても覗いて見たいのにチャイムを押す勇気がなくて、しばらくハリコミしたこともあったっけ…遠い目

 脱線し過ぎました。何をしたいかどんな庭か(花一杯かそれとも木の多い落ち着いた庭か)イメージを少しずつ作り上げます。妄想は何度塗り替えても無駄になるのは少しの時間だけですし

その妄想を現実化するために必要なのが

 ③ 記録 と ④ カメラ です。

 妄想は消えやすいので思いついたことをメモして置きます。雑でもいいので出来るだけ絵で残すといいと思います。お時間があれば色も付けて置くとより鮮明にイメージが頭に焼き付けられます。そして絵だと後から思いついたり得た情報をどんどん書き込めるからです。(これはビジネスでも使われるマインド・マップの手法に近いです。)

例えば理想の庭が薔薇にクレマチスにデルフィニュームだとしましょう。文字で書くとピンクの薔薇の右横に青のデルフィニューム後ろのラチスに白のクレマチスこれでもイメージはできるでしょう。でも実際庭を見ながら絵に書くと奥行きがあるから一期咲きの薔薇の奥にはカシワバアジサイでも植えようかなどと言うアイデアが後からいくらでも盛り込めるわけです。

 カメラは植物園や街で見かけた好きな植物や植物の取り合わせを記憶に留めるためと、御自分の庭を客観的に見るためです。携帯のデジカメで十分なので思いついたら撮って下さい。できればプリントアウトして記録と一緒に見られるようにするとベストです。

 カメラ(写真)の効用の続きは明日…

|

« Cozy流 癒しの庭のレシピ*予告編 | トップページ | Cozy流 癒しの庭のレシピ② »

Cozy流 癒しの庭のレシピ」カテゴリの記事

コメント

Cozyさんのお庭の大ファンです。
レシピすごくわかりいいです。
毎日楽しみが増えました。

もっと狭い庭なんですが
Cozy`sガーデンめざしま~す。


投稿: まゆみんママ | 2008年5月29日 (木) 12時50分

まゆみんママさん ありがとうございます。
夜型なんで夜中に一気に原稿書いて途中で切り分けて順次upするようにしてしまいました。実際見ると長かったですね(^-^;
 
読み辛いところもあろうかと思いますが宜しかったらお付き合い下さい。

投稿: tearose | 2008年5月29日 (木) 20時25分

ずいぶん前の記事ですが、やっと植栽に目覚めてきたわたしには今が旬です!
すごくワクワクしてきました♪

妄想からすべては始まるんですよね^^
ここに辿り着いたのもそうなんですから。
いまプリンターが必要だなと思っています。
どんどん膨らんでいきそうです(o^^o)


投稿: glow | 2015年1月31日 (土) 11時11分

glowさんへ

こんな記事も読んで下さっていたのですね(^-^;)
>やっと植栽に目覚めてきたわたし
いいですね~
私もこの記事を書いた頃は日々庭をどうするかで頭が一杯でした。

改めて読んで見ると偉そうなこと書いていますね(;・∀・)
この頃はオープンガーデンに来て下さる方に庭造りについて尋ねられる事が多く
glowさんのようにこれからお庭造りされたい…という方も何人かいらっしゃいましたので、その方たちのお顔を思い浮かべながら書いたものです。

最近は植物が増えすぎて引き算のガーデニングになっていて
マンネリになっていることもありましたが
glowさんのお陰で初心を思い出しました。
いろいろお庭もくたびれているのでそろそろ改装も視野にいれ
春からまた新しい妄想に励みたいと思いました。

ゼラの方へもコメントありがとうございます。
鹿児島でいらっしゃるのですね
ご縁が深い土地なので親しみを覚えます。
ゼラは少し株がしっかりするまで霜や雪にあてないほうがいいと思うので
鉢で大きくして地植えされたら如何でしょうか
我が家では地植えにしたものにマルチングはしていません
グランドカバーがありますので(グレコマやラミウムなど)
ただ寒さに弱い品種もあります。
黒っぽいゼラは何度植えても大きくなってくれません。(;_:)

時計草や葡萄 種からなんて凄いですね
蔓はしっかり管理しないと暴れるので上手におつきあい下さい。

今日ランチした和食のお店で和の焼き物に小さなゼラが一本生けてありました。
まだ蕾で葉っぱを鑑賞する生け方でしたが茶花として見ても素敵でした。
派手な洋花のイメージが全くなくて新鮮でした。
何をイメージするか…とっても勉強になりました。

投稿: tearose | 2015年1月31日 (土) 17時07分

とても分かりやすくて共感します!
tearoseさんにとっての過去に、わたしの未来が見えています♡
面白い時差ですね^^

投稿: glow | 2015年1月31日 (土) 21時28分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/172033/21209455

この記事へのトラックバック一覧です: Cozy流 癒しの庭のレシピ①:

« Cozy流 癒しの庭のレシピ*予告編 | トップページ | Cozy流 癒しの庭のレシピ② »