2016年5月11日 (水)

オープンガーデン15周年

今年のオープンガーデンはくるくる変わる天気予報に悩まされらしたが、
どうにか最後の方まで雨に降られることなく終えることができました。

ご来場下さった方々
ボランティアで参加して下さった方々に
厚くお礼申し上げます。

_mg_0242_2

2002年からオープンガーデンに正式に参加させて頂いておりますので
考えてみると今年は15周年でした。coldsweats01
直前まで参加を迷うほど工事などが遅れておりましたので
何も特別なことはしなかったのですが少し振り返ってみます。。

_mg_0326この15年で得たものはとても大きいものでした。
何より大きいのは植物を通じて多くの人に出会えたこと
オープンガーデンの仲間やゲスト
ゲストから転じてボランティアをしてくれるようになった方々
毎年来て下さる常連さん
ブログを通じて知り合えた植物仲間‥etc

オープンガーデンは年に一度だけど
日頃からとてもいいお付き合いをして頂いてる方も何人かいるし

年に一度しか会えない方も長い間に旧友のような気持ちでお迎えできるようになりました。
なかなかゆっくりお話もできないけれど
また来年…と言って帰られる方が増えてきたことは本当に幸せです。

_mg_0321今年のオープンガーデンで特別だったのはお裾分けの苗がたくさんあったことです。

私の家でできたものが4ケース、ご近所のFさんが3ケースも持って来て下さりいつもの苗置き棚には収まり切れず後から後から補充しました。

常連さんも多いし正直半分位残るかと思ったのにほぼなくなりました。

写真は一番人気のツユクサ トラデスカンティア コンコードグレ―プ
またブログ効果か地味なビルベルギア・ヌタンスも意外と人気でした。
どちらも良く増えますので逃した方も次のチャンスまで名前覚えていて下さいねwink

_mg_0341_2

まだまだ課題はたくさんありますが20周年向けて
ゆる~く頑張って行こうと思います。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2016年5月 3日 (火)

ツユクサ他 お裾分け苗のご紹介

今年は気候のせいか花の咲き方が変です。
いつもならとっくに終わっているはずのモッコウバラがまだ咲いているのに
お気に入りのブルー・フォー・ユーはもうこんなに咲いています。

_mg_0183

今日から暫くお天気も良くないようですので少し心配です。

さて本題の苗ですが、当日十分な説明はできないと思うし、比較的地味な花が多いので数が多い苗についてはここに特徴など載せておきますねhappy01

_mg_0054_2西洋ツユクサ 
トラディスカンティア コンコ-ドグレープ

学名:Tradescantia (Andersoniana Group) 'Concord Grape'
分類:ツユクサ科トラデスカンティア属
耐寒性多年草

草丈:約45cm
開花期:6-9月
耐寒性:強

西洋ツユクサは秋口まで良く咲いて花の少ない時期にも重宝ですが夏ごろになると徒長して日陰の我が家では倒れるので支柱が必要になります。

ところがこの品種は一回り小さく、徒長もしにくいので支柱もいらずコンパクトにまとまります。コボレダネで良く増えとても丈夫です。
我が家では玄関左のコンテナに大株があります。

また日蔭にも耐えるので植物の隙間に植えたり何かと重宝です。


オキザリスクラシペス
シロバナイモカタバミ Oxalis crassipes

_mg_0055

学名:Oxalis articulata cv. Alba.
英名:White wood sorrel分類:カタバミ科カタバミ属

球根で増えるオキザリスです。
良く増えるのであるところにはあるのですがなかなか売っていません。

これは常緑なのでグランドカバーに使えます。
殆ど病気にもならず、花も葉も小さめで可愛いです。
以前書いた記事があるのでご興味あれば上のリンクからどうぞ

ヨウラクツツアナナス(瓔珞筒アナナス)
ビルベルギア・ヌタンス Billbergia nutans
F0035506_0113921

パイナップル科 Bromeliaceae

分類:ツツアナナス属 パイナップル科

英名:friendship plant, queen's-tears

ブラジル南部からウルグアイ、パラグアイ、アルゼンチン北部に分布する。着生植物。

我が家はでは頂いたのを地植えしています。やはりなかなか売ってない花のようです。先日の寒波でも何とか大丈夫だったので耐寒性はそこそこあるようです。

早春にピンクの苞が出て来てその後咲く花よりもインパクトあります。
花もとっても変わっていてレアものが好きな人にはいいかもです。

写真は何回か撮ってたのに見つからず上の写真はともっちさんのをお借りしました。

カロライナジャスミン

1img_3412

おなじみ我が家の標準木(福岡の桜の開花とほぼ同時期に開花)
詳しくは以前の記事を見て下さい。
真夏の鉄の階段の暑さにも耐える丈夫な子です。
常緑なのでフェンスを覆うにはピッタリです。

 

| | コメント (9) | トラックバック (0)

2016年4月29日 (金)

近況とデッキの建て替え

ほぼ一年近くブログサボっていたので近況と庭の変化などを書いておきます。

数年前から悩まされている原因不明のアレルギー
アトピーや喘息など外に長くいると悪化するのですっかりインドアな生活になっています。
普段は庭仕事も最小限で写真を撮る余裕もなくブログもなかなかでした。

_mg_0052

それでもいろんな治療法を試しながら少し改善に向かいつつありますが
一日庭仕事すると翌日目が開けられないほどの腫れにみまわれることもまだあります。
そんな状況でも生き残ってくれた植物を今年はデッキの建て替えと寒波でさらに失いました。
なのでオープンガーデン参加の決断をするまで今年は少し時間がかかりました。

でも覚悟を決めるとアレルギーにも負けず、ここまでこれたこと我ながらビックリです。coldsweats01

さてウッドデッキの話です。

1my_garden2004_5_015
新築の時は輸入住宅なのでアメリカの防腐剤入りのレッドシダ―のデッキでした。
当時はデッキが広ければ子供たちも安心して遊べると大きなデッキで
広いだけに質感にこだわって木目を殺さないようおさえめのステインを毎年塗っていました。
そのうち介護が大変になりメンテの間隔が空き、とうとう10年位で腐りが出て来ました。
でもレッドシダ―で11年ももったのは頑張ったほうだと思います。

13_002_22005年サイプレスでデッキを建てる業者を探し建て替え
それに伴いフェンスの一部もサイプレスのゴシックフェンスにDIYで交換し
石積みもしたり庭の大幅なリニューアルをました。

サイプレスは一応ハードウッドで香りも良く長持ちすることを期待して選びました。
そして10年
一度も塗り替えしなかったのも悪いのですが、まさか10年でダメになるとは…
やはりどうしても鉢植えを置いてしまう習慣も災いしてるのでしょうね
ちなみに施工会社は20年位は大丈夫と言っていた気がするのですが保証は10年
残念ながら保証が終わったところで建て替えになりました。
こういう悪条件でノーメンテで10年もったのですからサイプレスも頑張ったほうかも知れません。

1_5 ところで建て替えの時、私は密かにハードウッドの耐久性能テストを始めました。
それがこのガーデンシンクです。

写真でおわかりでしょうか?
実はいろんな比重のハードウッドをあえて使ってみています。

バックボードは滑らかなイタウバ
足は重くて堅いウリン 
ドア面材はサイプレスというように

結果サイプレスも垂直面ではほぼ問題なし、イタウバ ウリンも変化なしの良好でした。

ですがサイプレスはステップの柱下など水平面のダメージは大きく10年もちませんでした。

01128d5e915b557aab7ba4a4afb49c993f0

そして今年はさらなるローメンテと耐久性に期待して、最も堅い部類のハードウッド
ウリンを使っての建て変え

実は今はやりの新建材も考えたのですが我が家のデッキのデザインではやはり無垢材でないと…という結論に至りローメンテにこだわってウリンになりました。

大工さんも耐久性にこだわり根太にもウリンを惜しげもなく使ってくれました。(泣)

101882004ebd0749eee86a5391273e8aca0

テーブル周りを広げるために少し引っこめて階段は掘り込みに
こうして完成するとサイプレスの時よりずっしりと重量感と堅牢さが伝わってきます。
クリア塗装ですがマホガニーのようなダークブラウンは小さな我が家の庭では少し重すぎますね。早く退色してグレーぽくなってくれないかと思っています。

デッキの解体に伴ってデッキ前の花壇などは全面的に改修しました。
元気のなかったバラたちも全部一度掘って植え替え
石積みもやり直し デッキ前はスッキリしました。
久しぶりにフェンスの塗り替えもしたし2月3月はDIYに励みました。

それに伴いいつになく多くの株分けをしました。
今年はお持ち帰り用の苗が多そうです。

次回は主だった苗の紹介させて頂きます。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

オープンガーデン2016福岡

1_4

福岡のオープンガーデンの情報は毎年
リビング福岡のホームページ に詳しく載せて頂いてます。
オープンガーデンで検索して下さる方が多いので期間中はこのページを固定しリンクさせて頂いてます。
我が家のオープンは5月8日(日曜日)です。

|

2016年4月24日 (日)

オープンガーデンに向けて

モッコウ薔薇が満開です。
いろんな大変なことがあったのに健気に咲いてくれている
そんな姿を見ると励まされます。

1_mg_0029_2
私達のオープンガーデンの会の仲間にも
熊本や大牟田など熊本に近い方もいらっしゃいますが
どうにか予定通り33件揃ってオープンガーデンのお知らせができることに感謝です。

早い方は4月29日から公開されます。

_mg_0040

私もブログが休眠中で心配の声も頂いておりましたが、どうにか参加させて頂くことができそうです。

今年も母の日5月8日(日曜日)を予定しております。
宜しければいらして下さい。

今年はデッキの建て替え工事が予定より大幅に遅れ、完成したのは2月後半でした。仮植えの間たくさん植物を傷めた挙句 1月後半の大寒波!
ゼラニュームや多肉系が全滅でした。
他にもバラもなんだかブラインドが多い気がするし…

0115a03549e40cb8de3b5117d1c2a84adc1

中でも20年もの長い間 我が家の顔であった西側の大株のゼラニュームが
とうとう力尽きてしまったのは悲しいことでした。

一時はオープンは無理かとも思ったけど
継続こそ庭を救う力になると思い直して頑張りました。

そんなわけで今年はデッキ前の石積みと西側の花壇を一からリセット
まだやり直してから一カ月ちょっとなので花がどの位咲くか不安もありますが
庭全体がかなりスッキリして気持ちのいい空間になってきています。

_mg_0019
代役は鉢植えだった小さな薔薇たちが務めております。
まだまだ役不足ですがこれから頑張って貰いますので宜しくお願いします。


ところでオープンガーデンの会の時に主催者さんからこんな言葉をお聞きしました。

天候が悪かったり時間が割けない事情があったり
いろんなことがあるのが家庭の庭だから
いい時も悪い時も庭とどう関わっているのかをお見せすることが
ショーガーデンにはない意味がある…

そうですよね
いつも完璧なコンディションをと気負うとオープンガーデンは辛いものになりますが、植物の好きな人同士出会って喜びや苦労を分かち合える場になればと思えば、ゆるい私も頑張れます。

植物だって人間だって弱る時もあります。
それでも植物と暮らす私の生活…
ローメンテでも出来る植物との共存を見て頂ければと思います。

_mg_0064

また今年は是非熊本方面の方のオープンガーデンに行きたいと思っています。
植物の力できっと元気になられていることを信じて

| | コメント (6) | トラックバック (0)

«南阿蘇に思いを寄せて